INSIDE WEB

 

【なでしこ短信】皇后杯、新潟とINAC神戸が決勝へ


試合後、サポーターにあいさつする新潟・八坂(左)と中村

金子悟=文・写真
 
 皇后杯は23日、準決勝2試合が行われ、今季3冠を狙う日テレに競り勝った新潟と、延長戦で仙台を突き放したINAC神戸が決勝に進んだ。


前半、左サイドをドリブルで突破する新潟・八坂(右)

 新潟は、動きの固い日テレに対し、左サイドの八坂のドリブル突破でチャンス作る。得点は奪えなかったものの、「前半を0−0で折り返せたのがこの試合のポイントだった」(新潟・辛島監督)ように、前半を無失点でおさえたことが、前回大会で新潟に敗れていた日テレに焦りを生んだ。


後半、競り合う新潟・中村(右)、日テレ・籾木(右から2人目)、新潟・阪口(左から2人目)

 日テレは後半、新潟の左サイドの攻撃に対応するため土光に代えて上辻を投入。しかし、日テレの対応策を尻目に、後半8分、新潟・八坂が右足で決め新潟が先制した。その後日テレは、トップにポジションを上げた阪口へボールを集め反撃を試みたものの、逆に中盤のスペースが空いてしまったことでボールを失い終始主導権を握ることができず、0−1で新潟に敗れた。


延長前半、競り合う仙台・川村(左)とINAC神戸・増矢(中央)

 INAC神戸と対戦した仙台は、15分にINAC神戸・道上に先制点を許すと21分にDF市瀬が負傷退場。このアクシデントで、ボランチの川村が1列下がり最終ラインに入る。川村が最終ラインに入ったことで仙台の守備は安定したが、これまで担っていた攻撃の指揮を執ることができず、ボールを前に運べず守勢に回る。しかし後半39分、その川村がコーナーキックから頭で決めて同点に。試合を振り出しに戻した。


前半、先制点を決めるINAC神戸・道上(中央)

 延長に入り、同点に追いついて勢いを増し攻勢を強めた仙台だったが、延長前半12分と同後半3分に、途中出場のINAC神戸・京川にゴールを奪われる。これまで守勢に回ってきたことで足が止まってしまった仙台に反撃の余力はなく、1−3でINAC神戸に敗れた。


延長後半、チーム3点目のゴールを決めて喜ぶINAC神戸・京川(右から2人目)

 前回大会と同じチーム同士の対戦となった新潟とINAC神戸の決勝は25日、千葉・フクダ電子アリーナで行われる。

課題と向き合いながら、レギュラーシーズン2連勝スタート!



12日に開幕したB3リーグレギュラーシーズンで、ライジングゼファーフクオカは福岡市民体育館で埼玉ブロンコスと対戦。連日、1800人を超える観客の声援に押されて戦うライジングゼファーは、89-73、93-77のスコアで2連勝。ファーストステージに続き、レギュラーシーズン制覇に向けて幸先の良いスタートを切った。

だが、金澤篤志HCは厳しい表情を崩さない。B3リーグでは、ひとつ抜け出した実力を持ち、開幕前から「勝って当たり前」と言われることに対し、「そう言われているだけでは勝てない。しっかりと勝つべくして勝つプレーを40分間つないでいって、そして勝つべくして勝ったと言われるチームを目指してやっていきたい」と話す金澤HCにとっては、決して納得のいく2連勝ではなかったからだ。

「最初の3分間は良かった」(金澤HC)。そう話す第1戦は、ディフェンスリバウンドを取ってからの素早いファーストブレイクから、マシューが豪快なダンクシュートを決めて試合が始まる。その後もアグレッシブなディフェンスで相手の攻撃を封じ、そのリズムをオフェンスにつなげて、あっという間に11-2。ここまでは何の問題もないはずだった。だが、チャンスを作りながらシュートを落としているうちにスローダウン。第1Qに奪った10点差を保ちながらも、どこかピリッとしない展開で試合進んで行く。

その理由を、金澤HCは次のように話す。
「無意識のうちに、自分たちが守れるという意識があったのではないかと思う。相手に対するリスペクトが足りなかった。相手もプロ。ファーストステージ最下位のチームとは言え、しっかりと100%で戦っていくという姿勢が足りなかったところで、歯車が狂った」
そして、10点リードで始まった第4Q。埼玉ブロンコスの激しい追い上げに、スコアはあっという間に69-67と2点差に。残りは4分27秒。流れは完全に埼玉の手中にあった。

しかし、やはりライジングゼファーは強かった。ジョシュ・ペッパーズの5連続ポイントと、小林大祐の3ポイントシュートで77-67と埼玉を引き離すと、さらに、77-69から再びペッパーズが10連続ポイントを挙げて87-69。これで勝負が決まった。ペッパーズは第4Qだけで20ポイント。悪い内容ながら、最後は個の力で埼玉をねじ伏せた。

そして2戦目は、戦いながら成長するライジングゼファーを象徴するような試合だった。前日の反省から、この日のテーマは、まずはディフェンスから試合に入ること、そして、前日に28ポイントを決められた上田雅也(埼玉ブロンコス)を抑えること。その狙い通りに、上田に全く仕事をさせないライジングゼファーは、激しいディフェンスでリズムを掴み、そのリズムをオフェンスにつないで着々とポイントを重ねる。前半を終えてのスコアは57-28。前日の反省を試合内容に反映させて、早々と試合を決めた。

だが、試合はいつも簡単にはいかない。後半は、ファーストステージ開幕以来の課題が顔を出す。「一気に爆発して点差を離す時があるが、そこで気持ちの緩みというものが出て、やられてはいけないところでやられてしまったり、自分たちがやらなければいけないことをやらなかったりというところがある」とは金澤HCの弁。明らかにトーンダウンしたライジングゼファーは、ディフェンスの集中力が途切れ、それがオフェンスに影響し、ほどなくゲーム全体が重くなる。第3Qのスコアは17-18と埼玉の後手を踏んだ。

さらに第4Qに入ると、明らかにチーム全体の集中力が落ちた。スコアは19-31。前半の29点差は、気が付けば16点差にまで縮められてしまった。大きく点差が開いた試合で最後まで集中を保つのは簡単なことではない。また、勝負は前半で決まっており、埼玉の第4Qの追い上げにも、チームが慌てることはなかった。だが、ライジングゼファーが目指すのは、B3で勝利することではなく、1年でB2に昇格すること。結果として勝つのではなく、勝つべくして勝つバスケットボールをすることが求められている。「40分間、しっかりと戦うということを、しっかりとやらないといけない」と金澤HCは、第1戦に続き、反省の言葉を口にする。

とはいえ、まだリーグ戦は12試合を終えたばかり。しかも、14人中、12人が新加入のチームが、簡単に出来上がるほど勝負の世界は甘くない。課題があるのは当然のことで、その中で、その実力がB3リーグの中で抜きんでていることを、前評判だけではなく結果で示していることこそ、強者の証とも言える。あとは、結果を積み重ねながら、どこまでチームとして完成度を高めていけるのか。それが、B2昇格に向けての大きなポイントになる。ライジングゼファーがどのように進化し、変化していくのか。その戦いからは目が離せない。

リーグ戦スケジュールは「ライジングゼファー公式HP」で、ご確認ください。

B3 レギュラーシーズン第1節 第2戦終了後の金澤篤志HC(ライジングゼファーフクオカ)コメント

161114_02.jpg
【中倉一志=取材・構成・写真】
◎金澤篤志HC(福岡);
Q:試合を振り返って
「本日も、たくさんのブースターのみなさまにお集まりいただき、そして、ご声援をいただきありがとうございました。今日は、ともかくディフェンスをしっかりやっていこうという形でゲームをスタートさせました。前半は、非常にいい形で、ディフェンスからオフェンス、そしてオフェンスからディフェンスという、いいテンポで自分たちがやりたいことができた内容だったと思います。ただ、点差が開いた後、後半はの立ち上がりは決していい内容ではなく、自分たちが目指すものではありませんでした。とにかく、40分間、しっかりと戦うということを、自分たちで気持ちを引き締めて、また準備をして、連勝を重ねていきたいと思います」

Q:ディフェンスから入るということをチームの基本とされていると思うのですが、具体的に、選手に対しては、どのような部分を強調されていらっしゃるのでしょうか?
「相手があることではあるのですが、まずはチームでやらなければいけないルール、それをしっかりと遂行しようと、ただそれだけですね。ただ、現状を言えば、ディフェンスの連携が乱れたところで自分たちの失点につながり、それがオフェンスにも重い空気をもたらして、自滅して行くというパターンがチームの課題でもあります。このチームは、一気に爆発して点差を離す時があるのですが、そこで気持ちの緩みというものが出て、やられてはいけないところでやられてしまったり、自分たちがやらなければいけないことをやらなかったりというところがあります。ですから、そこを徹底してもらえれば自分はいいと思っています」

Q:ディフェンス面で気になるところと言えば、やはり第4Qの31失点ということになりますか?
「第3Qのところでも徹底できていなかった部分がありました。立ち上がりはファーストブレイクで、こちらに点が入って、埼玉さんがタイムアウトを取りましたが、決して、ディフェンスが良かったわけではなく、自分たちも、第3Qは、いいバスケットができていなかったです。そして最後は、オフェンスも気が緩んで、ディフェンスもルーズになっているので、やはり、40分間、しっかりと戦うということを、しっかりとやらないといけないと思います」

Q:逆に第1、第2Qは狙い通りの守備ができていたと思います。特に、埼玉の上田選手には、前半は、ほとんど点を取らせませんでした。どのようなことを意識して抑えにいかれたのでしょうか?
「昨日は2対2のスクリーンプレーから失点を許していたので、そこのところのチームディフェンスをしっかりとやるということでした。ドリブルで長く持たれて突破して行くようなプレーが増えてくると、チームディフェンスができなくなってしまうので、そこのドリブルのところはしっかりと止めようという話はしました」

Q:初戦は1800人超、今日も1900人を超える観衆が集まってくれました。福岡の盛り上がりや、チームが地元に定着していく感触も得られていらっしゃるのではないでしょうか?
「メディアのみなさまのおかげもありますし、応援して下さるみなさまが、知人、ご友人の方を連れて来て下さったり、県協会、バスケット関係者など、たくさんの方のサポートがあって、こうしてゲームを盛り上げていただいています。また、フロントスタッフも、チームを福岡に定着させるために、いろいろと活動していて、そういった中でゲームができるというのは本当に感謝の気持ちです。そういう中で、我々チームとしては、いいプレーをして、応援して下さるみなさまのために勝利を目指すということを、本当に徹底して突き進んでいきたいなと思っています」



123456789101112131415161718192021222324252627282930 06