INSIDE WEB

 

【なでしこ短信】INAC神戸、見せ場作れずドロー


前半、中盤で競り合う千葉・川村(左)とINAC神戸・澤

金子悟=文・写真

 プレナスなでしこリーグ・レギュラーシリーズ第17節。レギュラーシリーズ残り2試合で首位に立つINAC神戸と4位千葉の対戦は、点の取り合いとなった前回の対戦とは対照的にスコアレスドローで終わった。


前半、ボールを競り合うINAC神戸・伊藤(左)と千葉・筏井

 前半、球際の競り合いで優勢の千葉が優位に試合を進める。手数をかけずサイドに展開すると早めのクロスで神戸ゴールに迫る。だが、わずかに精度を欠きゴールには至らない。一方のINAC神戸は、局面で後手にまわり苦しむ時間帯が続いた。


後半、ドリブルで攻めるINAC神戸・川澄

 後半に入ってもペースがあがらないINAC神戸は、鮫島、川澄、高瀬を投入。後半30分過ぎから、ようやく主導権を握り攻勢に出たが決定機を作ることはできなかった。

 結局試合は互いに無得点に終わった。これで、千葉の引き分けはレギュラーシリーズで8つ目。勝ちきれない試合が続く。INAC神戸は前節の仙台戦で3失点していただけに無失点は評価できるものの攻撃面で課題が残った。23日の試合で日テレが勝利したため、首位INAC神戸と2位日テレの勝ち点差は再び1に縮まった。次節レギュラーシリーズ最終節は27日に行われる。

【なでしこ短信】日テレ、決め手欠きドロー


試合終了後、サポーターにあいさつする日テレ・岩清水(左)ら日テレの選手たち

金子悟=文・写真

 プレナスなでしこリーグ・レギュラーシリーズ第16節。勝ち点1差で首位を追う2位・日テレと、5位・浦和の対戦は、日テレが優位に試合を進めながらも決め手を欠き、スコアレスドローに終わった。


前半、浦和・池田(右)にシュートをはじかれる日テレ・阪口(左)

 前半、パスの分断を狙い激しくプレッシングをかける浦和に対し、前線への長いパスを織りまぜ好機を作る日テレ。前半終了間際には、阪口が抜け出しビッグチャンスを得るが、GK池田の好セーブにあいシュートはゴール右に外れた。


後半、日テレゴールに迫る浦和・清家(中央)

 エキサイトシリーズ上位リーグ進出条件のレギュラーシリーズ6位以内を確保したい浦和。後半に入り、清家を走らせるなどカウンターから得点を狙うも、日テレの固い守備に阻まれ決定機すら作らせてもらえず、最後まで得点の匂いはしなかった。

 結局試合はスコアレスドロー。この結果、首位・I神戸と日テレの勝ち点は3差に開いた。I神戸に2戦2勝と勝ち越している日テレだが、残り2試合となったレギュラーシリーズの優勝は厳しくなった。

【なでしこ短信】日テレが、I神戸の連勝を6で止める!


72分、決勝点となるゴールを決めて喜ぶ、日テレ・田中(左から2人目)

金子悟=文・写真

 プレナスなでしこリーグ・レギュラーシリーズ第7節。開幕から6連勝と首位をひた走るI神戸と、勝ち点4差でこれを追う2位・日テレの対戦は、FW田中美南の2ゴールで日テレがI神戸に競り勝った。


41分、同点ゴールを決めるI神戸・川澄(右)

 まず、均衡を破ったのは日テレ。39分、FW田中美南が相手GKの頭上を抜く、鮮やかなシュートを左足で決めた。しかし、その直後の41分、MF川澄がGKの股間を抜く、強烈なシュートで試合を振り出しに戻した。取られたら取り返す、両チームの攻防に、大型連休最後の休日、西が丘サッカー場に詰めかけた4,373人は大いに沸いた。


前半、ボールを競り合うI神戸・大野(左)と日テレ・岩清水

 後半に入ると、日テレの森監督は負傷を抱えていたMF阪口夢穂を最前線に投入。これが的中。72分、コーナーキックを得ると、ヘディングで阪口が競り勝ち、最後は混戦の中、こぼれ球に反応したFW田中美南が右足で押し込んだ。これが決勝点に。最後まで守備の集中を切らさず、終盤の猛攻を凌いだ日テレがI神戸に、今季初めて土をつけた。

 この日の勝利でI神戸と勝ち点差1に迫った日テレ。I神戸の独走に待ったをかける勝利だった。

【なでしこ短信】ジェフL、3戦連続完封勝利!


試合終了後、勝利しサポーターの前で喜ぶ、ジェフLイレブン

金子悟=文・写真

 プレナスなでしこリーグ・レギュラーシリーズ第6節。ジェフLがホームに湯郷ベルを迎えた一戦は、途中出場のFW鴨川のゴールで先制したジェフLが2点を奪い、2-0で完封勝利。2位日テレと勝点14で並んだ。

 これで、ジェフLは3戦連続完封勝利。今季は6戦負けなしだ。


68分、先制点を決めたジェフL・鴨川

 ジェフLの好調を支えているのは粘り強い守備。攻撃のリズムが保てない時でも「守備陣が踏ん張ってくれて、みんなが我慢強くチャンスを待っている」(ジェフL・三上尚子監督)。この日も集中力を失わずに戦い、ゴールにつなげた。


後半、相手FWをマークするジェフL・櫻本(左)

 先制点は18歳MF安齋が相手の大黒柱・宮間からボールをカットし、最後に17歳FW鴨川が右足を振り抜いて挙げたもの。成長著しい若手がクローズアップされるが「もともと、守備のチーム」(ジェフL・櫻本)。それが機能している今季は、大崩れする気配はない。I神戸や日テレなどの優勝候補に割って入り、上位争いを続けていきそうだ。

【なでしこ短信】“ドイツ組”が猛アピール!


リーグ通算150ゴールを決めて喜ぶ、I神戸・澤

金子悟=文・写真

 6月に開幕を迎える女子ワールドカップ・カナダ大会。なでしこジャパンの最終メンバー23名の発表も来月1日に迫り、今節のなでしこリーグは最後のアピールチャンスに。なでしこジャパン・佐々木則夫監督の御前試合では、4年前の優勝メンバー“ドイツ組”が健在をアピールした。

 土曜日の日テレ対新潟Lでは、日テレ・阪口が1ゴール。今季加入した上辻のコーナーキックからのクロスを頭で合わせた。これで、早くも今季3点目。


ゴールを決め、アシストした日テレ・上辻(左)と喜ぶ阪口

 翌日曜日のAS埼玉対I神戸では、I神戸・川澄、澤、髙瀬が揃い踏み。川澄が1アシスト1ゴールすると、澤は右後方からのクロスを右足のボレーで決めてリーグ通算150得点。途中出場の髙瀬も、鋭い反転からDFを振り切り、ゴールをもぎ取った。


後半、前線にパスを送るI神戸・川澄

結果が求められる場面でしっかりと結果を残しアピールに成功したドイツW杯組。やはり役者が一枚上だ。

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 01