INSIDE WEB

 

【フットボールな日々】2012年型アビスパ 好発進!


文・写真/中倉一志

 積み上げてきたものをピッチの上で表現しながら現状の課題を明確にし、その課題を整理しながら次の試合に向かって新たな部分を積み上げていく。そして、その繰り返しの先にチームの成長と目標の達成がある。それが、今シーズンから始まった新しいアビスパが進んで行く道だと思います。「勝点3が取れた上に、現在の課題も明らかにすることができた」。これは開幕戦を振り返っての末吉隼也の言葉ですが、まずは上々のスタートが切れたと思っています。

 多くの方が感じているように、開幕戦の最大の収穫は前半にありました。前線から始まるプレッシャーと、それに連動する守備で狙いどころを定めてボールを奪う。そして素早い切り替えから、成岡翔を起点にして後方からキム ミンジェがオーバーラップを仕掛け、中央では坂田大輔、高橋泰が連携しながらゴールを狙い、大外からは城後寿が突っ込んでくる。これはチームが狙いとする攻撃の形で、城後が決めた2得点目は、まさに、この形から生まれたものでした。

120309_02.jpg
120309_03.jpg
 課題は後半の戦い方でした。これまで積み重ねてきたトレーニングからすると、高い位置でしっかりとボールをポゼッションし、前がかりにならず、そして引きすぎず、主導権を握った中でゲームをコントロールしながら3点目のチャンスを窺うのかアビスパのスタイル。しかし、前半に思った以上に行きすぎたために体力を消費したばかりか、前がかりの熊本の裏を狙って縦に単調な攻撃になってしまったために、ボールを落ち着かせることができなかったのが、リズムを崩した原因でした。

 試合後の記者会見では、後半に足が止まったことを問題にする質問もありましたが、ここまでの練習を見る限り、ペースダウンしたのは戦い方そのものに問題があるのではなく、自分たちが想定していた以上に飛ばしすぎてしまったことが要因。この日の課題である後半の内容は、決して重篤な課題ではないとも感じています。もちろん、楽観視はできませんが、チームとして作ってきたベースに問題はなく、試合を重ねながらチームを成熟させていく過程で、十分に修正可能ではないかと感じています。

 開幕戦は42分の1とはいえ、やはり感情の高ぶりは抑えきれず、どうしても硬さが見られたり、オーバーワーク気味になってしまうもの。気負ってしまうのはやむを得ない部分でもあります。そういう意味では、次の町田との対戦で、どのような戦い方を見せるのかが実は大事だと思っています。勝利を手にすることはもちろん、「攻守に渡って主導権を持って90分戦う」という自分たちが目指すスタイルを、どこまで表現できるのか。その点に注目したいと思っています。


【お知らせ】
福岡発スポーツ情報誌「INSIDE」第8号(3/4号)絶賛発売中。是非、お買い求めください。ご購入方法は以下でご覧になれます。
http://insideweb.blog.fc2.com/blog-entry-52.html
※バックナンバーは通信販売サイトからお買い求めください。


Comments

Body

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10