INSIDE WEB

 

B3 レギュラーシーズン第1節 第1戦終了後の金澤篤志HC(ライジングゼファーフクオカ)コメント

2016-2017 B3レギュラーシーズン第1節 第1戦
日時:2016年11月12日(土)18:00 TIP OFF
場所:福岡市民体育館/1,886名
結果:ライジングゼファーフクオカ 89-73 埼玉ブロンコス

◎金澤篤志HC(ライジングゼファーフクオカ);
Q:試合を振り返って
「今日はレギュラーシーズンの第一試合目ということで、本当に多くの方が会場にかけつけてくれました。本当にありがとうございます。今日は、その応援あっての勝利だったなと思っています。チームとして、ディフェンスをしっかりやって勝ち切りたいと臨んだ試合で、最初の3分は良かったと思いますが、そのあと、自分たちで少しスローダウンしてしまったことと、セカンドクウォーターではシュートが入らず、いい形は作っているのですが、そこで決め切れなかったことで、チームの勢いがとまってしまい、逆に、埼玉さんの勢いを、こちらが引き出してしまったというようなゲーム展開でした。第3クウォーターも、そうなってしまった展開を、なかなか打開できなかったのですが、選手会長の加納督大選手が、相手のスコアラーの選手に対して、本当にいいプレッシャーをかけて守ってくれたおかげで自分たちのリズムが生まれ、そこから、いいオフェンスが作れたと思います。最後はフィニィッシュのところで、ジョシュ・ペッパーズ選手が決め手くれて勝利を抱くり寄せることができましたが、数字に残らないところでは、やはり、加納選手の勝利に対する貢献度が、非常に高いものがあったと思っています。明日は、今日の反省を生かして、もっとスカッと勝てるようなゲームをやって、連勝を目指したいと思っています」

Q:前回の試合から2週間空いての試合でした。この期間で一番力を入れて調整されたのは、どの部分だったのでしょうか?
「ディフェンスですね。2対2のディフェンスのところと、ローテーションのところを重点的に確認しました」

Q:序盤は、それが機能していたと思います。歯車が狂いだしたのは、どういった要因があったのでしょうか?
「無意識的な者だとは思いますが、自分たちが守れるという意識があったのではないかと思います。相手もプロですから、そこに対するリスペクトが足りなかったと思います。相手はプロチームですから、たとえ、ファーストステージが最下位だったとはいえ、こちらも、しっかりと100%で戦っていくという姿勢が足りなかったところで、歯車が狂ったと思います」

Q:一時は2点差まで迫られましたが、最後に勝ち切れた要因は何処にあったのでしょうか?
「ひとつは、加納選手がディフェンスからリズムを作ってくれたということ。そして、ペッパーズ選手、マット選手を起点にしながら、チームがしっかりとオフェンスをコントロールしたということ。それらが、自分たちにいいテンポをもたらしてくれたと思います」

Q:埼玉とは2順目の対戦で、相手もかなり研究してきたように思いますが、その辺りについて、HCは、どのように感じられましたか?
「福岡がアップテンポなバスケットをするというところを、非常に嫌っているという印象です。ディフェンスのところでは、我々が遅く攻めなければならないような守り方をしていましたので、そういうところに重点を置いて来ているなという印象でした」


Comments

Body

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 12