INSIDE WEB

 

B3 1stステージ第5節 第1戦終了後の選手コメント/小林大祐/山下泰弘/青野文彦


【中倉一志=取材・構成/筒井剛史=写真】
2016-2017 B3ファーストステージ第5節 第1戦
日時:2016年10月27日(金)19:00 TIP OFF
場所:九電記念体育館/1,246名
結果:ライジングゼファーフクオカ 71-59 八王子トレインズ

◎小林大祐選手(福岡);
Q:試合を振り返って
「僕も含めて連携不足と言うか、試合中は、ふがいないというか、思い通りに行かないところもあったのですが、ベンチメンバーが、ビンゴ選手であったり、加納誠也であったり、出て来た選手がつないでくれました。その結果として、リバウンドで勝てたことが得点差につながったのかなと思っています」

Q:前節の初黒星のあと、どういうところを修正してきたのでしょうか?
「前節の敗因は、やはり、連携不足というのが一番でしたし、一番シュートが入るのはノーマークで打つことなので、相手がダブルチームに来た時にパスをして、ノーマークの選手にシュートを打たせようということでやりました。その形はスタートの時には随所に見られましたが、それを40分間継続するということが難しかったですね。でも、今日で感触は掴めたので、明日はチームで連携して、明日も勝ちたいと思います」

Q:今日は会場もすごい熱気に包まれていました。
「初めての福岡市開催ということで、選手も期待していましたし、九電記念体育館ということでアクセスも良く、多くのお客さんが入ってくれて、僕たちの力になりました。本当にありがとうございます」

Q:今日のスタッツを見ると、プレー時間が一番長く、ここまでの試合でも、オフェンス、ディフェンス両面でチームを引っ張っていると思います。どのようなことを意識してプレーされているのでしょうか? 「去年は逆に、僕はベンチから見ている選手だったので、試合に出られない悔しさや、辛さを感じていました。今シーズンは、チームの中心として、これだけ長い時間を使ってもらっているので、コートに立った時は、ベンチメンバーの代表として胸を張ってプレーできるようにと心掛けています」

Q:オフェンス、ディフェンスという点ではいかがですか?
「やはりいいディフェンスができれば、いいオフェンスができるので、まずはディフェンスという意識ですね。もちろん、オフェンスもやりますが、まずはディフェンスからという意識でやっています」

Q:明日でファーストステージの1位通過が決まります。意気込みを聞かせて下さい。
「明日勝てば、ファーストステージ1位通過を自力で勝ち取ることができるので、チーム一丸となって、今日の反省点を生かして、絶対に勝つように、みんなで心して臨みたいと思います。応援を、よろしくお願いします」

161028_03.jpg

◎山下泰弘選手(福岡);
Q:試合を振り返って
「内容はいいものではなかったと思いますが、勝負所でリバウンドとか、ルーズボールを取れたことが、勝利につながったと思います」

Q:今日、一番力を入れたポイントは、どこだったのでしょうか?
「やはりリバウンドですね。相手は、どんどん飛び込んでくるという情報があったので、チームとしてリバウンドを意識してやっていました」

Q:苦しい時間帯もありましたが、それを乗り越えるにあたって、何か工夫されたところはありますか?
「とにかくディフェンスしかないと思っていたので、しっかりチームでディフェンスして、リバウンドを頑張って、そこからオフェンスにつなげようという話をしていました」

Q:声も良く出ていたように思います。チームの雰囲気はいかがでしたか?
「ホームゲームでしたし、初の市内開催、新しいユニフォームということで、みんな気合いが入っていたと思います」

Q:ブースターの歓声も凄かったですね。
「そうですね。ブースターの方々の後押しが、勝負所で力になりました」

Q:リバウンドがポイントだったと仰っていましたが、トータルリバウンドではチーム1です。ご自身の出来としては、どのように感じていらっしゃいますか?
「試合前にリバウンドを意識していたので、結果としてチームトップになったことは良かったと思いますが、チーム全員でリバウンドをもっと取りにいきたいなというのもありますし、他の選手がボックスアウトしてくれていたので、結果として僕が取れたということだと思います」

Q:今日はターンオーバーが多くなるシーンも見受けられました。
「試合の中では、流れによっては、どうしてもターンオーバーが多くなる時間帯があると思うんですけれども、そういう時こそ、冷静に、我慢して、ディフェンスからやっていかないといけないと思っていたので、それはチーム全員に言い聞かせていました」

Q:優勝がかかる明日の試合では、どのような試合をしたいと思っていらっしゃいますか?
「明日もリバウンド勝負だと思っているので、激しくディフェンスをして、リバウンド、ルーズボールを取るというところを意識したいと思います」

Q:明日の試合に向けて、意気込みを聞かせて下さい。
「明日勝たないと、今日の勝利の意味がないと思いますので、明日勝って、1位通過でいきたいと思います」

161028_05.jpg

◎青野文彦選手(福岡);
Q:試合を振り返って
「まずは勝てたことが一番です。でも明日負けたら、今日勝った意味がなくなるので、明日勝って、ファーストステージを1位通過したいと思います」

Q:いつも以上に力の入る試合でしたが、試合前には、どんなところを強調しようとされていたのでしょうか?
「チームとしてはディフェンスが少し甘いところがあって、それでは先週の試合のように足下をすくわれてしまうので、もう一度、ディフェンスの確認と、ディフェンスからのオフェンスということでやりました。少し重い展開になりましたし、得点も伸びない部分もありましたけれど、ディフェンスで嫌な形でシュートを打たせたことや、相手はディフェンスリバウンドが得意なんですけれども、そのディフェンスリバウンドを拾われなかったというところが勝利に結びついたと思います」

Q:今日は、青野選手にとってホームゲームデビューにもなりました。
「本当は開幕から行きたかったですし、そのために、このチームに来ましたし、このチームを1部に上げるためにやって来たので、意気込んでいたんですけれども、開幕のコートに立てずにチームには迷惑をかけてしまいました。まだ少しの時間しかコートに立てませんが、それでも、少しでも貢献できるように、自分にできることをやろうという気持ちでコートに立ちました」

Q:青野選手の登場を心待ちにしているブースターも多かったと思います。コートの雰囲気はいかがでしたか?
「気持ち良かったです。久しぶりにファンの前でプレーできて、気持ち良かったです」

Q:選手としては、今日がホームデビューでしたが、その一方で、アシスタントコーチとしてチームに関わって来られたと思います。そういった点で、どのようにチームに貢献されて来たのでしょうか?
「今までの経験を、少しでもアシスタントコーチという立場で生かしながら、HCと話してチーム作りをしてきましたし、HCから相談を受けた時には、自分なりの意見を出してきました」

Q:このチームの特長と、どんなチームになりそうだという点について聞かせて下さい。
「このチームのメンバーを見て思うんですけれども、それぞれの得意にところが違う、面白い個性を持った選手たちが集まっているということです。その個性を上手く利用して勝利に結びつけていくことができれば、面白いチームになるのではないでしょうか?ただ、オフェンス寄りのチームなので、加納(督)のように、みんながもっとディフェンスをしないと厳しいチームになりますし、そこは、このチームの課題でもあります」

Q:明日はファーストステージ1位通過が決まる大事な1戦です。意気込みをお願いします。
「必ず勝って、絶対に1位で通過します。勝って、みんなで笑顔で終わりたいと思います」


Comments

Body

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10