INSIDE WEB

 

B3 第4戦終了後の選手コメント/薦田拓也/ジョシュ・ペッパーズ


【中倉一志=取材・構成・写真】

2016-2017 B3ファーストステージ第4戦
日時:2016年10月8日(土)14:01 TIP OFF
場所:飯塚第一体育館/711名
結果:ライジングゼファーフクオカ 100-59 埼玉プロンコス

◎薦田拓也選手;
Q:試合を振り返って
「チームとしてやることが、少しずつやれてきている部分があるので、しっかりと点差をつけて勝利することができたと思います」

Q:昨日に引き続いて17得点です。今日の試合ではMVPに選ばれましたが、ご自身の活躍については、どのように感じていらっしゃいますか?
「まだミスとか、もったいないプレーがあるので、そういうところの質を、もっと、もっと上げていかないと、これから勝つべくところで勝てなくなったりということがあると思うので、向上心を持ってやっていきたいと思っています」

Q:その中で、一番修正したいところ、精度を上げたいところは、どんなところでしょうか?
「3ポイントシュートですね。そこを徹底して精度を高めていきたいと思います」

Q:試合前には「成長を続けていこう」と金澤HCから話があったと思いますが、今日の試合では、どういったところに重点を置いて臨まれたのでしょうか?
「リバウンドの部分と、ディフェンスとしてやるべきプレーを、チームとして徹底すること、それをチームとして意識しながらやりました。まだ、オフェンスリバウンドを、けっこう取られている部分がありますし、点差が空いた時の戦い方というのは難しいものがありますが、そこを、もっと40分間、チームとしてしっかりと戦えるようにやらないといけないなと感じています」

Q:金澤HCは、チームの空気を変えてくれる選手だと仰っていましたが、ご自身で意識しているところはありますか?
「チームとして、攻守に渡って思うように行かずに重たいところもありますが、オフェンスについては、どうにかして自分が打開して、いいムードを持って来るということですね。そうすればチームのリズムも生まれるので、そういうところは意識しながらプレーしています」

Q:これだけ勝利するとブースターの方も嬉しいと思いますが、現在の成績については、どのように捉えていらっしゃいますか?
「福岡らしい走るバスケットをお見せできればと思いますし、まだシーズンは始まったばかりなので、これからも連勝を伸ばせるように、チーム一丸となって、頑張っていきたいと思います」

◎ジョシュ・ペッパーズ選手;
Q:開幕4連勝です。
「4連勝を飾れたことは非常に嬉しく思っています。ただ、やはり自分たちの目標は、より大きなものですから、ここで気を緩めることなく、その目標に向かって、これからも強く向かって行かなくてはいけないと思っています。ただ、4連勝というのは、喜ぶべき結果だとも思っています」

Q:ジョシュ選手の調子も、試合を重ねるごとに高まっているように感じます。
「新しいメンバーが集まって来た新しいチームなので、まだ、お互いに学ぶべき段階だと思いますし、その中で、自分のプレーがどうかと言うことよりも、チームが良くなっていくことが大切です。そのパートのひとつとしてチームに貢献できているという意味では、しっかりといい調整ができて、いいコンディションのあると感じていますが、やはり、チームとして、どのように勝ち上がっていくのか、いいチームを作っていくのかというところが重要です。そこに向かって、自分が、どのように貢献できるのかというところを意識していかなければいけないと思っています」

Q:金澤HCはチームワークを上げていくことが必要だとおっしゃっていますが、そのために必要なことは何だとお考えでしょうか?
「このチームの中では自分はベテラン選手になりますし、新加入の外国籍選手の2人は、日本が初めてでもありますから、先輩選手として、日本のバスケットボール、日本の文化が、どのような物であるのかということを彼らに伝えることも、自分の大きな仕事のひとつかなと思っています。また、一緒にプレーするのが初めての選手もいますし、これまで、対戦相手として戦ってきた選手もいますが、お互いの特長というものを、お互いに掴んでいくということも必要だと思います。リーダーの1人として、チームを引っ張っていくという役割が自分には課されているのではないかとも思っています」

Q:金澤HCとは2度目になりますから、HCが目指すバスケットボールも理解されているのではないですか?
「そうですね。日頃からコミュニケーションも重ねていますから、金澤HCのバスケットボールは1000%理解していると自分では思っていますし、自分のバスケットボールスタイルと、金澤HCのバスケットボールスタイルとは、非常にマッチしているとも感じています」

Q:次節もホームゲームです。意気込みを聞かせて下さい。
「しっかりと目の前の試合に向かっていくということが、我々には大事です。大きな目標を持って戦うシーズンではありますが、先のことと言うよりも、まず目の前の試合をしっかりと見ていかないといけないと思っていますし、そこに向かって、しっかりと準備をしていかなければいけないとも思っています」


Comments

Body

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 12