INSIDE WEB

 

B3 開幕戦終了後の金澤篤志HCコメント


【中倉一志=取材・構成/筒井剛史=写真】
2016-2017 B3ファーストステージ第1戦
日時:2016年9月30日(金)19:19 TIP OFF
場所:みづま総合体育館/1802名
結果:ライジングゼファーフクオカ-東京サンレ―ヴス

◎金澤篤志HC(福岡);
Q:試合を振り返って
「いよいよ、今日からシーズンが開幕となりました、まずはたくさんのブースターのみなさん、そして関係者のみなさんにご来場いただき、本当に素晴らしい雰囲気の中で開幕戦を迎えられましたことを、本当に心から感謝したいと思います。ゲームにつきましては、やはり、前半は気負いがあったと思います。攻守ともに非常に硬さが見え、チームとしてやるべきことの中で、数字に表れないミスも非常に多い立ち上がりだったと思います。後半は、少しずつ、ディフェンスから自分たちのリズムを掴んでいましたが、このチームは勝って当たり前と言われるんですが、そう言われているだけでは勝てないと思うので、しっかりと勝つべくして勝つプレーを、40分間つないでいって、そして勝つべくして勝ったと言われるチームを目指してやっていきたいと思います」

Q:今日の試合での収穫、課題、それぞれを教えて下さい。
「ブースターのみなさんと一体となって勝利を掴めたことが、一番の良かった点だと思います。プレーに関しては、菰田選手のアタックであったり、加納督選手のディフェンスであったり、そういう部分が随所に見られたところは良かったと思います。反省点としては、チームとしてやらなければいけないチームルールのところで、ミスが非常に目立ったので、数字に残るミスはもちろん、数字に残らないようなミスも、しっかりと埋めて、隙のないチームにしていきたいと思います」

Q:第2Qに逆転された後、タイムアウトを取って、その後、一気に引き離しましたが、どんな指示を出されたのでしょうか?
「それまでも、ディフェンスのところでプレッシャーをかけていたのですが、気負いがあったからなのか、一発狙ってやろうというギャンブルディフェンスになっていたので、そういったところのミスをなくして、チームルールにもとづいた、いいプレッシャーをかけようという話をしました」

Q:第3Qは一方的な展開になりましたが、ああいうバスケットが目指すバスケットということになりますか?
「ギャンブルとは違う、攻撃的なディフェンスからの速い展開、ボールを動かしながらディフェンスを破っていく、そういった展開は目指していきたいところです」

Q:今日は久留米開催でしたが、その中でも、大勢のみなさんが足を運びました。その点については、いかがでしょうか?
「足下の悪い中、本当にたくさんの方に会場に足を運んでいただきまして、本当に盛り上がった雰囲気を作っていただいたのは、チームにとっての後押しになりました。本当に感謝しています。福岡はバスケットが盛んな地域ですし、応援して下さる方からも、福岡のバスケットを、もっと盛り上げてくれという気持ちを感じるので、そうした後押しを受けながら、いいバスケットをして、感動を与え、そして愛されるチームを作って、福岡の街を盛り上げていきたいと思います」

Q:開幕は白星スタートになりました。改めて、最終的に、どの位置を目指して戦うのかを教えて下さい。
「当然、優勝して2部昇格。それしかありません」

Q:今日は、初めて会場に足を運んだ方も多かったのですが、そういった方たちに、バスケットボールの見どころを教えていただけますか?
「バスケットの会場というのは、ブースター、ファンのみなさまとコートが非常に近いので、近い場所で、プロの迫力のあるプレー、スピード感のあるプレー、そして、豪放なプレーだったり、そういったところを、是非、見てほしいと思います」


Comments

Body

123456789101112131415161718192021222324252627282930 11