INSIDE WEB

 

高いシュート意識で、日テレが岡山湯郷に大勝。

取材・文/西森彰

■対戦前の状況はイーブンだったが……

日テレ・ベレーザが岡山湯郷Belleを多摩陸上競技場に迎えた一戦。ここまで2試合を戦い、共に勝ち点4。日テレは浦和レッズレディースと引き分け、ジェフユナイテッド千葉レディースを3-1で降した。岡山湯郷はアルビレックス新潟レディースと引き分け、ベガルタ仙台レディースに2-1で競り勝った。

日テレは昨季、なでしこリーグベストイレブンに選ばれた原菜摘子が引退した。「原と阪口夢穂からの組み立てはウチのストロングポイント」(森栄次監督)が失われ、日テレは新たな形を模索している。

原のポジションに置かれたのは、同じ小兵の中里優。身長差のハンデを克服して、年代別代表でも活躍した逸材だ。森監督は「中里に原と同じことは求めない。リターンを受けるところや、ボランチの位置からゴール前にスルスルと顔を出して行って、シュートも両足で蹴れる。阪口とのアイコンタクトが出てくるようになれば、さらによくなるし、一年通してやればそこそこいいコンビネーションができる」と期待する。

この日2得点の中里優。指揮官は「これで、味をしめてくれれば」
この日2得点の中里優。指揮官は「これで、味をしめてくれれば」。

コンビを組む阪口も、中里のシュート力など彼女の長所を強調。「若い選手に気をつかってプレーされるのは嫌ですし、彼女のミスはカバーしようという気持ちでいますが、特に無理をして合わせているようなところや、やりにくさはありません」と太鼓判を押していた。

岡山湯郷もケガ人が多い。ベテラン勢の多いチームで、なでしこリーグ2年目の選手が3人も先発出場している。勝ち点も、チーム事情も似たような状況でこの試合を迎えた。


■止まらないゴールラッシュ

試合の序盤は、好調なチーム同士の対戦らしいゲームになった。ゲームを支配したのは日テレだったが、岡山湯郷も粘り強い守備で、一番警戒していたゴール正面のシュートコースは消した。「全部を防ぐことはムリだから、ブロックの外からのシュートは福元美穂に任せる。ただ1点、阪口のミドルシュートだけは警戒しようと」(宮間あや)的を絞ったベレーザ封じを試みる。

これまでベレーザが格下相手の試合で敗れる時は、あるパターンがあった。プライドにかけて崩し切ろうとするあまり、相手陣内でパスを2、3本多く使い過ぎて、ボールを引っ掛けられてそこからのカウンターで失点。追いつこうと出ていくところに、またカウンターという図式だ。それが、今季からミドルシュートの意識が高まってきた。

突破を図る長谷川唯。この日は貴重な先制点を挙げた
突破を図る長谷川唯。この日は貴重な先制点を挙げた。

「シュートの技術もそうですが、その意識が高くなっています。今までは、安全にゴール近くまで持っていこうとしていましたが、今は多少、遠目からでも入ろうと入るまいとシュートを打つっていう姿勢、意識が高まってきたんじゃないかなと思います。これまでならパスという場面でもシュートを打ったりしています」(阪口)

この積極性が、結果的に守備のリスクも減らした。攻撃がシュートで終わるので、それが枠を外れても、ゴールキックからプレーは再開する。ゆっくりと自分のポジションに戻って、相手の攻撃を待ち受けることができる。入れば儲けもの。外れてもイーブン近い条件からの再スタートだ。この試合でも、代表GK・福元の守るゴールへ、風上を利したシュートが多かった。

「前半の前半は、後ろにボールを蹴られて、間延びしてしまった。それでも、前半の途中になれば向こうもバテるんじゃないかなと思っていた。実際、そうなってから、徐々にプレスバックが利くようになった」と日テレの森監督。岡山湯郷に攻撃の起点を作らせず、シュート、ゴールキック、シュートのリズムを繰り返しながら、前半半ばには、日テレが完全なハーフコートゲームに持ち込んだ。

そして36分、この日20歳の誕生日を迎えた籾木結花が、浮き球をペナルティエリア右奥へ落とす。ここへ走り込んだ田中美南のシュートは福元にブロックされたが、このこぼれ球を拾った長谷川唯が、DFを交わしながらゴール右隅へ叩き込んだ。さらに43分にも、3列目からアタッキングポジションにスルスルと上がった中里が、長谷川のパスを受けて2点目を決める。

日テレゴールショーのトリを務めたのは阪口夢穂
日テレゴールショーのトリを務めたのは阪口夢穂

こうなると、日テレの勢いは、ハーフタイムを挟んでも変わらない。後半は、田中美、中里が得点を加えて、「試合を重ねてコンビネーションも高まってきていますし、お客さんが見ていて楽しいサッカーをしたいと思っています」という阪口が、ゴールショーのトリを務めた。最終スコアは、日テレ5-0岡山湯郷。



■美しさに加わった、力強さ

この試合のシュート数は日テレが27本、岡山湯郷が3本。試合内容もそのとおりだった。敗れた岡山湯郷・宮間は「日テレとの試合では『さすがに今のはどうやっても止められないだろう』という失点があるのですが、今日のところは、そういう組織で崩された失点はなかった。局面ごとの個の問題なので修正ができる」と振り返った。これは、日テレが美しさにこだわり過ぎる悪癖を捨てて、力強さを身につけた証左ともとれるだろう。

昨季の準得点王、田中美南もこの日スコアを積んだ
昨季の準得点王、田中美南もこの日スコアを積んだ。

試合後にシュート数の集計を聞いた日テレの森監督は「もっと入ったね、5点で止まる試合じゃなかったね」と笑顔を見せた。前述したシュートの積極性は、数字にも出ており、ここ3試合は7本、17本、27本。毎週の練習終了後に「選手たちが率先してシュート練習を行っているし、そのあたりの意識は高い」(森監督)。その成果がシュート数の増加で、これがチームに勢いをもたらしている。

「『守るよりもうちは攻める、1点取られても2点取りに行く、2点取られても3点取りに行くというスタイルを貫こうよ』と言っています。思ったよりはできていると思います。好守の切り替えについては、今日と先週のゲームを見る限りは。まだ足りないのではないかなと思います」(森監督)

昨季の女王は連勝の勢いを駆って、首位を走るINAC神戸レオネッサとの首位決戦に臨む。
Comments

Body

123456789101112131415161718192021222324252627282930 09