INSIDE WEB

 

【なでしこ短信】日テレ、開幕戦はドロー


試合終了後、引き分けに終わり肩をおとす日テレイレブン

金子悟=文・写真

 26日、2016プレナスなでしこリーグが開幕。翌27日に行われた、昨季女王の日テレと浦和の開幕戦は1−1のドローで終わった。


前半、競り合う浦和・猶本(左)と日テレ・田中

 前半、浦和が前線から積極的にプレッシングを仕掛ける。序盤から試合の主導権を握ることに成功すると、7分、「落ち着いて空いているコースにシュートできた」浦和・後藤が冷静にゴール左隅に流し込み浦和が先制する。


後半、競り合う浦和・乗松(左)と日テレ・隅田

 球際の局面で後手に回っていた日テレが激しさを取り戻すと、後半は一転して日テレのペースに。そのきっかけとなったのが前線の若手選手だ。最前線で田中が体を張って起点となり、その田中をサポートする籾木、長谷川がドリブル、パスを織り交ぜながら浦和を攻めたてる。すると、74分、途中出場の隅田が混戦の中からゴールを決め同点に追いついた。

 その後スコアは動かずドローに終わったものの、「前線の若い選手が躍動してくれれば楽しいサッカーになる」(日テレ・岩清水)との言葉のとおり、開幕戦から見応えのある試合になった。若手選手の活躍は、この試合を視察していたU−20日本女子代表の高倉麻子監督に大いにアピールになったはずだ。そして、この日集まった2068人の観客も、「また見に来てもらえるような試合がしたい」(同・岩清水)という選手たちのプレーに、きっと満足感を得られたに違いない。
Comments

Body

123456789101112131415161718192021222324252627282930 11