INSIDE WEB

 

出場権はたった2つ。それでも、なでしこはリオへ行く(その3)

決戦を前にしても選手の表情は明るい

取材・文/西森彰


いよいよ、なでしこジャパンを含む6つのチームが集結。2月28日(日)には、大阪・堺市内のホテルで各チームの指揮官が顔を揃えて記者会見が開かれた。また、土・日曜日で公式練習が行われ、各メディアには冒頭15分間が公開された。ベトナムはしっかりトレーニングに費やしたが、中国はランニングシューズでピッチコンディションを確認しただけ。チームスタッフを含めて、互いに記念撮影をするなどリラックスした雰囲気を漂わせている。中1日続きのスケジュールの捉え方、大会への入り方はチームによってまちまちだ。

なでしこジャパンの仕上がりは上々だ。金曜日の練習では、指揮官にスイッチが入り、追い込むような練習内容になった。ホテルに戻ったのは21時半を回っていたという。土曜日夜に振り出した雨に、選手が「一日遅いよ」と思ったかどうか。オーストラリア戦前日の練習冒頭では、レクリエーションメニューの中で笑顔がこぼれていた。

「ここまでチームとしていい準備ができていると思いますし、石垣島のキャンプと比べてもとてもいい状態に仕上がっていると思います」と話すのは、海外組の熊谷紗希(オリンピック・リヨン)。


熊谷紗希の頭にはオーストラリア対策がしっかりとイメージされている。
熊谷紗希の頭にはオーストラリア対策がしっかりとイメージされている。


初戦のオーストラリアは、世界ランキングでは日本、北朝鮮に続いてアジアナンバー3の強豪。デ・バンナを初め、スピードがあり、強さもあるFWがストロングポイントだ。いっぽうで展開力ではやや劣り、ボランチが両ウイングへのボールを配球できなくなると、ロングボール一辺倒となる。どちらにしても相手のFWをどう捌くかがポイントだ。

「まず、スピード勝負にならないように、裏のスペースを自分たちのスペースにできるようにしながら、前で戦えればと思います。ずっと長いボールを蹴ってばかりだと、むしろ相手の思う壺。つなげるところはしっかりつないで、時間帯や状況を頭に入れて戦いながら、しっかりリスクマネジメントもしたいです」(熊谷)


各キャンプ地では多くのファンから声援を送られた。きっと大阪でも……。
各キャンプ地では多くのファンから声援を送られた。きっと大阪でも……。


女子ワールドカップ・カナダ大会ではベスト8で対戦。日程的に不利だった日本が、1-0のスコア以上に圧勝した。この時は対戦相手のオーストラリアが、日本以上に暑さを苦にした部分もある。しかし、それ以上に両SBの積極的な動きが、相手ウイングの動きを制限し、その足を潰した。

「ただ前に上がっていくだけだとリスクを背負うだけなので、良いタイミングで上がって相手に嫌な攻撃を仕掛けて、良いタイミングで下がる。シュートまで持っていければカウンターは食わないと思うので、良い攻撃で追われるようにやっていきたいと思います」(有吉佐織・日テレ・ベレーザ)

トレーニングプロセスは順調で、対戦相手の分析も進んでいる。さらに、予選へ臨む姿勢にも過信はまったく感じられない。世界大会で3大会連続でファイナリストになったチームが、経験豊富なメンバーで、しかも、もっとも間違いが起こりにくい、総当たりのリーグ戦で地域予選を戦うのだ。恐れる必要はない。

出場権はたった2つ。それでも、なでしこはリオへ行く。


世界大会のファイナリストにとって、アジア予選は恐れるほどの舞台ではない。
世界大会のファイナリストにとって、アジア予選は恐れるほどの舞台ではない。
Comments

Body

123456789101112131415161718192021222324252627282930 09