INSIDE WEB

 

【なでしこ短信】日テレ、決め手欠きドロー


試合終了後、サポーターにあいさつする日テレ・岩清水(左)ら日テレの選手たち

金子悟=文・写真

 プレナスなでしこリーグ・レギュラーシリーズ第16節。勝ち点1差で首位を追う2位・日テレと、5位・浦和の対戦は、日テレが優位に試合を進めながらも決め手を欠き、スコアレスドローに終わった。


前半、浦和・池田(右)にシュートをはじかれる日テレ・阪口(左)

 前半、パスの分断を狙い激しくプレッシングをかける浦和に対し、前線への長いパスを織りまぜ好機を作る日テレ。前半終了間際には、阪口が抜け出しビッグチャンスを得るが、GK池田の好セーブにあいシュートはゴール右に外れた。


後半、日テレゴールに迫る浦和・清家(中央)

 エキサイトシリーズ上位リーグ進出条件のレギュラーシリーズ6位以内を確保したい浦和。後半に入り、清家を走らせるなどカウンターから得点を狙うも、日テレの固い守備に阻まれ決定機すら作らせてもらえず、最後まで得点の匂いはしなかった。

 結局試合はスコアレスドロー。この結果、首位・I神戸と日テレの勝ち点は3差に開いた。I神戸に2戦2勝と勝ち越している日テレだが、残り2試合となったレギュラーシリーズの優勝は厳しくなった。

Comments

Body

123456789101112131415161718192021222324252627282930 11