INSIDE WEB

 

さあ、ベスト8。待ち受ける敵はアジアのライバル、オーストラリア。

文/西森彰

 なでしこジャパンは、オランダの抵抗も退けてベスト16を突破。アディショナルタイムに海堀あゆみのエラーはあったものの、まずは危なげない戦いで、ベスト8へ歩を進めた。日本時間の明朝5時、4強進出を賭けて戦う相手は、ブラジルを破ったオーストラリアである。



 オーストラリアは、昨夏、ベトナムで行われたAFC女子アジアカップで2度対戦。グループリーグ初戦では、ビハインドを背負った日本が、大儀見優季の投入で流れを変えてドロー。再戦となった決勝では1-0で勝っている。

 チームのシステムは4-3-3。オーストラリアの3トップも高さと速さがあり、決定力がある分、ベスト16で当たったオランダ以上に厄介だ。CFにヘイマン(またはサイモン)が入り、その両脇をケールとデ・バンナが固める。特にデ・バンナは、卓越したスピードとテクニックを兼ね備えたアタッカーで、スイスのFWバッハマン同様、日本の守備陣を手こずらせるだろう。

 ただし、ボールの出どころはそれほど多くない。左右にボールを散らし、正確にゲームメークできるのは、日本でもプレーしたケロンド・ナイトくらい。アジアカップ対戦時には佐々木則夫監督が、これを見抜き、宮間あやを1.5列目に置くことで最終ラインからケロンド・ナイトへのパスコースを寸断。ロングボール一辺倒の単調な攻撃にシフトしたオーストラリアから優勝カップを奪い取った。

 いつもなら、世界大会での再戦に備えて相手のウィークポイントを見過ごしておく佐々木監督が、アジアカップ初優勝を目の前にして、「ここがあなたたちの弱点ですよ」とオーストラリアのスタイッチ監督に教えた。それが不安と言えば不安。それでも、アジアカップ当時、AFCの不手際でほとんど招集が叶わなかった海外組が、今回は全て顔を揃えている。また前回とは別のアプローチを試みても、崩せるだろう。



 日本の予想フォーメーションは4-2-3-1。2トップで大儀見のパートナー、恐らくは好調な大野忍が、ケロンド・ナイトへプレッシャーをかけ続けるだろう。SHは宮間と、スタミナ、スピードに長けた川澄奈穂美。阪口夢穂の負担を軽くするためにも、澤穂希あるいは川村優理ら、オーストラリアと対戦経験があり、かつ守備力に長けた選手をボランチに置きたい。CBは岩清水梓と熊谷紗希で固定し、SBは実際にオーストラリアを抑えた有吉佐織、宇津木瑠美のふたりか。

 最大のカギになるのはGK。海堀に名誉挽回のチャンスを与えるか。それとも、裏への飛び出しに備えてアジアカップで勝っている福元美穂か。それとも高さを買って、ケガ明けとは言え、山根恵里奈か。三者三様、それぞれに特徴がある。それぞれのGKの特徴に合わせてプレーできるDFが揃っているのは、長く同じメンバーでやってきた日本の強みだ。

 日程面で中3日対中5日というのは確かに不利だが、経験値がモノを言い始めるベスト8で、メダル獲得経験のあるブラジルを相手にするよりは、はるかにマシ。大きなくくりではチームカラーが似ている対戦国との連戦は、まったく別の準備作業をする必要がなく、戦術面での確認をショートカットできる。簡単なゲームではないが、日本チーム全員が自分の仕事を全うすれば、結果はおのずとついてくるだろう。
Comments

Body

123456789101112131415161718192021222324252627282930 11