INSIDE WEB

 

エゴイスト宣言(城後 寿)


【中倉一志=取材・構成・写真】
内容:練習後の共同囲み取材
日時:2015年4月8日(水)
場所:雁の巣球技場

◎城後 寿選手;
Q:勝てば星が五分になる大事な試合です。
「大分との勝点差は3つで、負けたら順位がひっくり返るので、そういう意味でも勝たなければいけないと思いますし、チーム状態は徐々に良くなってきていますし、大分戦の後もダービーですから、勝てば、いい形で乗り込めると思うので、勝つことが一番重要な試合だと思っています」

Q:攻撃では、まだまだコンビネーションを出すシーンが少ないと思いますが、少しずつ良くなっている実感はありますか?
「回数は少ないんですけれども、水戸戦の後半に自分がゴールを外したシーンのような形を、もっと増やしていければと思います。相手も3人目の動きについていくのは難しいと思いますし、もっと低い位置であっても、ああいった形で崩せることもあると思います。もっとディフェンスラインとか中盤から、楔というか、斜めのボールがどんどん入ってくれば、相手も嫌だと思うので、そういうところでポジションを取ったり、もっと要求したりしていけば、もっと回数が増えると思います。それは、前の選手の意識で変えられるところだと思うので、しっかりと意識してプレーしたいと思っています。やはり、ロングボールだけになってしまうと相手も守りやすいので、コンビネーションというところは意識してやりたいと思います」

Q:個人的に、早くゴールが取りたいと言う気持ちはありますか?
「あまり気にしていなかったんですけれども、やはり、早く点が取りたいですし、もっと、エゴイストになってもいいのかなと思う場面もたくさんあります。自分がゴールを取るために、どういうプレーをしなければいけないのかは、自分でも分かっていますし、裏に抜けた時には、もっと強引にシュートまで持っていきたいです。外してもいいし、ミスしてもいいし、それを繰り返すことが大事だと考えています。大分戦では、まずはチームの事を考えてプレーするのは当然ですが、チームの事を考え過ぎるあまりに、自分の個性をなかなか活かせていないと思うので、もっと自分の良さを出して、強引にでもいいからシュートまで持っていける形を出せればと思います」

Q:去年はアウェイで0-3で負けて、九州ダービーの成績も悪かったので、今年は何としても負けられません。
「去年は、サポーターの皆さんに恥ずかしい想いばかりさせてしまいました。ダービーという点で言えば、今年は最初に熊本に勝てて、勢いは多少なりともうちにあると思いますし、やりにくさという面では、ここまで結果が出ていない大分の方が強いと思うので、そういう意味でも、去年の借りを返さないといけない試合です。しかも、ただ勝つだけではなくて圧倒して勝てればそれがベストだと思うので、複数得点を取って勝てれば、それが一番いいと思うし、自分のゴールで勝てたら、それが一番いいのかなと思います」

※この記事は、WEBマガジン「football fukuoka」から転載したものです。
football fukuokaとは、アビスパ福岡の情報に特化したwebマガジンで、監督・選手コメント、試合レポート、練習場レポート、ショートインタビュー等、アビスパ福岡の情報をデイリーで発信しています。是非、アクセスして、お楽しみください。

Comments

Body

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10