INSIDE WEB

 

アウェイの旅2015 横浜編(その2)


【中倉一志=取材・文・写真】
1年中アウェイゲームを追いかける私にとって、いかにして遠征費を節約するかは大切なポイント。旅慣れている方はご存じだろうが、町の中心部のホテルは高くても、少し駅をずらすだけで割安のホテルを見つけることが出来る。そして今回は、某旅行サイトの特典を利用して一泊100円で日ノ出町のホテルをゲットした。とてもホテルがあるような場所とは思えなかったが、部屋は広々としてきれいな作り。満足度は高かった。

さて試合翌日、飛行機までの時間を使って横浜の町を楽しむ。当然、頭に浮かぶのは中華街を散策しながら本格中華料理を楽しむこと。しかし、今回は中華街をパス。前日に横浜入りしていた時から決めていた店を覗いた。お店の名前は「第一亭」。「酒場放浪記」で吉田類が訪れた中華料理屋。「孤独のグルメ」では井の頭五郎が足をはこんだ店と言えば、ご存じの方も多いだろう。ネットサーフィンをしていたら、たまたまホテルから徒歩5分圏内にあることを発見。これは行くしかない。

150407_02.jpg
150407_03.jpg

店内は、8人ほどが座れるカウンターに4人がけのテーブルが4つ、そして4人用の小上がりが3つ。昔懐かしい町の中華食堂の風情を今も残している。お客さんの大半は1人客。昼時ではあったが、この店の売りである豚のホルモン料理をつまみにビールを流し込むお客さんもいる。わざわざ訪ねてくる客がいることなど想定していないであろう、普段着の中華料理屋の風景が妙に心地よい。そんな空気に紛れて、いかにもブロガーと思しき人たちの姿も2、3人発見。まあ人のことは言えないが(笑)。

早速、看板メニューの「チート(豚の胃)の生姜炒め」を注文。ほどなく運ばれてきた小皿から立ち上る生姜の香りが食欲をそそる。豚の胃といえばコリコリした食感が楽しいのだが、口に運んでビックリ。特長である歯ごたえを残しながらも柔らかな噛み心地。そして、口に広がるホルモンの香りを生姜の餡が包み込む。もう一品は「耳軟骨」。ゆでた豚の耳をスライスしたもので、添えられた辛味噌と白髪ねぎと一緒に口に運ぶ。コリコリした軟骨と、プリプリのコラーゲンが絶妙なハーモニーを奏でる。

150407_04.jpg
150407_05.jpg

改めてメニューに目をやれば、「豚足」「舌」「頭肉」「子袋」「レバー」「ホルモン」などなど、豚ホルモン好きなら興味をそそられるものがズラリと並ぶ。迷いながら「レバー味噌炒め」を追加。飲み物もキリンラガービールから紹興酒に代える。運ばれてきたのは辛味噌でコーティングされたレバー炒め。レバーをぱさつかせず、それでいて中までしっかりと火が通る絶妙の火加減だ。辛いけれどもコクのある辛味噌とレバーの甘味を楽しみながら紹興酒を流し込む。いやいや至福の瞬間だ。

そして締めは裏メニューの「パタン」。裏メニューとはいえ、誰もが知る看板メニューで、賄いだったものを客の注文に応じて出すようになったらしい。出来上がりはシンプルそのもの。やや太めの中華麺をごま油と醤油だけで味付けし、それに刻んだにんにくがまぶしてある。いわゆる中華風ぺペロンチーノ。鼻に抜ける強烈なにんにくの匂いと、口に広がるにんにくの辛み。そこへ麺のうまみが追いかけてくる。美味い。そして癖になる味だ。けれど、人と会う予定のある方はご注意あれ。おそらく、翌日まで匂いは消えない(笑)。

評判通りの雰囲気と味。第一亭を堪能して横浜を後にした。(了)

◎横浜アウェイ旅 行程&旅費
日時 行程 料金
4月1日 香椎浜→福岡空港 630円
福岡空港→羽田空港 9000円
羽田空港→横浜 480円
三ツ沢公園→横浜 220円
横浜→日ノ出町 140円
ホテル 100円
4月1日 日ノ出町→羽田空港 480円
3月15日 羽田空港→福岡空港 8500円
福岡空港→香椎浜 630円
合計 20180円
※ホテルはじゃらんポイント利用
※スカイマーク・スーパーフレックス利用

※この記事は、WEBマガジン「football fukuoka」から転載したものです。
football fukuokaとは、アビスパ福岡の情報に特化したwebマガジンで、監督・選手コメント、試合レポート、練習場レポート、ショートインタビュー等、アビスパ福岡の情報をデイリーで発信しています。是非、アクセスして、お楽しみください。


Comments

Body

123456789101112131415161718192021222324252627282930 11