INSIDE WEB

 

【bjリーグ 第27戦】試合終了後の選手コメント

bjリーグ2011-2012 第27戦
ライジング福岡 79-82 大阪エヴェッサ
2012年1月28日(土)アクシオン福岡 19:00 tip off

◎仲西淳選手(ライジング福岡);
Q:試合を振り返って
「前半は完全に相手のペースと言うか、相手のスタイルのバスケットボールに惑わされて、うちの速い展開のバスケットができませんでした。後半は、自分たちのペースを取り戻してバスケットに向かってアタックし始め、速い展開のバスケットができたという感触があったのですが、経験というか、最終的に勝利を自分たちの方へ手繰り寄せる力は、大阪の方が上回っていたと感じています。ケビンのビッグショットが決まった時は、うちの方にペースが来るかなと思ったのですが、自分たちの力で勝利を手繰り寄せることができませんでした」

Q:特長であるスピードを上手く活かせなかった要因は何でしょうか?
「大阪のバスケットはゲームをコントロールするというもので、ミスも少ないですし、確実にバスケットボールをやってくるので、相手がきちんとやり始めると、リバウンドが取れなくなり、相手にフリースローを確実に決められて、ペースがどうしても、少しずつ、少しずつ、相手のペースになってしまいます。自分たちは、相手のシュートのリバウンドを取って、そこから速い展開に持っていくのがスタイルなんですけれど、そこをやらせてもらえませんでした。大阪と対戦する時は、いつもの課題というか、負ける時は同じ形でやられていますし、勝つ時は自分たちのバスケットボールで着ている時なので、明日のゲームでは、後半のような展開でやっていけば、いいゲームができると思いますし、自分たちの勝つチャンスが広がると思っています」

Q:相手のゾーンディフェンスに関しては、どのように感じましたか?
「システムと言うか、ディフェンスの決まりごとが徹底されていて、途中から出てくる選手もしっかりと仕事をするという印象です。プレッシャーが強く、フィジカルでタフなディフェンスを仕掛けられて、自分たちにミスが出てしまいました。明日は、まず気持ちをしっかりと持って、もっとチームを盛り上げなければいけないと思っています。いつも『エナジー』をキーワードに戦っているんですが、自分たちがエネルギーを出していかないと、いいバスケットもできないし、お客さんにも伝わらないと思うので、明日はしっかりスタートからエネルギーを出して、福岡のバスケットをしたいと思います」

小川忠晴HC(福岡)記者会見コメント
ライアン・ブラックウェルHC(大阪)記者会見コメント


Comments

Body

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 12