INSIDE WEB

 

どんな形でも勝つ(城後 寿)


【中倉一志=取材・構成・写真】
内容:練習後の個別取材
日時:2015年3月18日(水)
場所:雁の巣球技場

◎城後 寿選手;
Q:終わった2試合よりも次の札幌戦です。どのような事を意識して臨まれますか?
「まだ勝てていないので、まずはどんな形でもいいから勝つことが大事だと思います。2連敗スタートですけれども、全部が全部悪いというようにネガティブに捉えることはないし、2試合ともいいところもたくさんあり、特に愛媛戦の後半は、ほとんど相手に何もさせないような展開にもできました。ただ、サッカーは45分ではなく90分間を通してのスポーツなので、悪い時でも失点をしないようにしなければいけません。そして、この状況だと、先に失点をしてしまうと下を向きがちになってしまいかねないので、札幌戦では早い段階で前の選手で点を取りたいですね。それができれば、チーム全体も落ち着いた展開になるのではないかと思います」

Q:愛媛戦では、シンプルにボールを蹴って、こぼれたボールを拾ってチャンスを作るシーンもありました。
「あれは監督の狙いがあって、そういう形でやろうと試合前から言っていました。その形から押し込めたのですけれど、変につなごうとしてボールを取られ、相手に自由に持たれるという形になってしまったので、シンプルに前にという考えを徹底しても良かったのではないかと思っています。相手も嫌がっていましたから。あとは基本的な部分で、球際で負けないことですね。分析の結果も、愛媛戦の前半は球際で全然勝てていなくて、逆に後半は、全部勝てていて、セカンドボールも前向きに拾えるシーンも多かったので、まずは、そういう基本的なところに立ち返って、やっていきたいなと思います」

Q:札幌には、どんな印象を持っていますか?
「やはり前に2人、強烈な選手がいるというところで、そこは気を付けないといけないと思いますし、かと言って、その2人だけを気を付ければいいというものでもないと思うので、まずは前線の選手が狙いを持って前に蹴らせないということをしないといけません。パスコースを限定させれば、DFも、ある程度狙いが付けられると思います。去年も2人はかなり点を取っていて、そこが得点源になるのは間違いないので、そこを気にしながら、後は僕たちが、相手が攻撃できないほどの攻撃を仕掛ければ、相手も嫌だと思うので、そういう展開に持っていければと思います。とにかく勝つことだけを考えて試合をしたいです」

Q:ここでひとつ勝って、勢いを付けたいですね。
「札幌戦が終わった後は、1週間空いてから連戦になると思うので、その連戦の前に勝つことで連戦に向けて勢いが付くと思いますし、札幌戦の後にある熊本とのダービーに向かっての良い弾みにもなると思うので、しっかりと勝って帰って来たいなと思います。札幌ですから、サポーターの方に多く足を運んでもらうというのは難しいと思うので、来てくれた方には勝利をプレゼントしたいと思いますし、TVを見ている方たちにも良い報告ができるように、最初に出る11人の選手は、しっかりと結果が残せるような展開に持っていきたいと思います」

※この記事は、WEBマガジン「football fukuoka」から転載したものです。
football fukuokaとは、アビスパ福岡の情報に特化したwebマガジンで、監督・選手コメント、試合レポート、練習場レポート、ショートインタビュー等、アビスパ福岡の情報をデイリーで発信しています。是非、アクセスして、お楽しみください。



Comments

Body

123456789101112131415161718192021222324252627282930 11