INSIDE WEB

 

【bjリーグ 第27戦】ライアン・ブラックウェルHC(大阪)記者会見コメント

bjリーグ2011-2012 第27戦
ライジング福岡 79-82 大阪エヴェッサ
2012年1月28日(土)アクシオン福岡 19:00 tip off

◎ライアン・ブラックウェルHC(大阪エヴェッサ);
Q:試合を振り返って
「非常に激しい試合になりました。我々は2連敗をして福岡に来たわけですが、2連敗の時に魅せられなかった競争心、激しさ、アグレッシブさと言うものを今日の試合では出せたのではないかと思います。オフェンスにおいてもボールを支配できましたし、みんなが足を動かして、いいオフェンスができたのではないかと思っています。ただ、終盤に来てフリースローを何本が落としてしまったことが、最後の最後で接戦につながった要因だったと思います。もちろん、福岡さんがタフなショットを決めたことが接戦の要因ではありますが、その中でディフェンス面を振り返れば、ローテーション、ヘルプが上手く機能していましたし、特にウェイン・マーシャル選手が必死に頑張ったことで、最終的に勝つことができたと思っています」

Q:過去2戦は相手のゾーンディフェンスに苦労されていたようですが、今日の福岡のゾーンディフェンスに関しては、どのような考えで臨まれたのでしょうか?
「オフェンス面では、先週から加入したマイク・ベル選手がコンディションを整えてきたということがあります。彼は外からのシュートを打てる選手なので、相手のディフェンスを広げるということで非常に効果的な役割を演じてくれました。我々には、青木選手、リン・ワシントン選手のようにシューターも揃っていますので、相手のディフェンスを広げておいてアタックすることを続けました。どの相手に対しても、リングにアタックし続けて、ボールを動かして、お互いにスクリーンをセットし続けるということを徹底してやっていかなけれはいけないと考えています」

Q:福岡のストロングポイントを抑えるという点では、どのような考え方だったのでしょうか?
「アグレッシブに、フィジカルに戦って行こうということを徹底しようと思っていました、その中でガードの選手はフィジカルに戦ってくれましたし、リンクマンにしても、同じくフィジカルにアグレッシブに戦ってくれました。そこで、結果的に福岡のストロングポイントを消すことができたと思います」

小川忠晴HC(福岡)記者会見コメント
試合終了後の選手コメント


Comments

Body

123456789101112131415161718192021222324252627282930 11