INSIDE WEB

 

お祝いはホームでやってもらう(プシュニク監督)


【中倉一志=取材・構成・写真】
内容 練習終了後の共同会見
日時 2014年10月30日(木)
場所 雁の巣球技場

◎マリヤン・プシュニク監督;
Q:松本は昇格がかかった1戦です。相当なモチベーションで臨んでくることが予想されます。
「そうですね。でも、昇格のお祝いは松本のホームでやってもらわないといけません」

Q:試合当日は監督の誕生日ですから、当然、松本の昇格は観たくないと思いますが、どのような試合をしたいと思っていらっしゃいますか?
「しっかりと勝って、勝利が私の誕生日プレゼントになればと思っています」

Q選手たちが、どのようなプレーを見せてくれることが最高の誕生日プレゼントになりますか?
「それは選手に聞いてみた方がいいかも知れませんね(笑)。私のことをリスペクトしてくれていて、誕生日プレゼントをしたいと思ってくれているのなら、ベストプレーを見せてくれるはずです。彼らのベストパフォーマンスが私にとっては最高のプレゼントです。戦う態度、意識を持って戦ってくれて、勝ってくれればと思っています」

Q:松本はセットプレーで点が取れるチームです。松本のセットプレーについての印象はいかがですか?
「その点に関しては、しっかりと分析して、しっかりと準備をしていきたいと思います。選手たちは、松本のセットプレーが脅威だということは分かっていますし、誰が危険な選手であるかも把握しているので、上手く我々のゴールを守っていきたいと思っています」

Q:栃木戦は引き分けでしたけれど、一体感は戻ってきたような感触はありますか?
「我々はいいチームですし、いい選手も揃っています。一体感という点について言えば問題はありません。問題は、1人、1人がやらなければいけないことをやり続けられるかどうかということで、そこが大切になってきます」

Q:ピッチの外から見ているだけでは分かりかねるのですが、選手のモチベーションは上がっているのでしょうか?
「それは選手たちに聞いてみてください。ピッチの上で自分のやっていることについては、自分自身がしっかりと責任を果たす必要があるからです。トレーニングで私がやるべきことについては、きちんとやっているつもりです。トレーニングを設定して、環境を与えて、何をするかについて導いています。
一般論で言えば、ピッチ上の90分だけが我々の仕事ではありませんし、ピッチ上のトレーニングだけがトレーニングだというのでもありません。トレーニングが始まる1時間前にクラブハウスに入ってメンタル面での準備をし、ウォーミングアップを行ってから、ミーティングを通して相手、そして自分たちの分析を行います。ピッチの上でのトレーニングが終わった後は、ストレッチや筋トレが必要になってくるし、それらを上手くやっていけばキャリアを積むことができますが、それを怠るようであれば、キャリアを積むことは難しいと思います。
最も大切なことは、プロ意識を高く持って、自分の生活をプロとして構成するということです。食事をしっかりと摂り、休む時には休んで、睡眠もしっかりとること。そうでなければパフォーマンスに悪影響が出て、それがキャリアに影響することになってしまいます。
もちろん、ホームゲームで負けてしまい、上位に入ることが、かなり難しくなっている現状で、精神的にがっかりするということは理解できます。けれど、プロとしての生活は、来年も、その先も続いていくのですから、そこへ向けて新しいモチベーションを自分で見つけていかなければなりません。逆に、このような状況になったからこそ、もっと、もっとハードワークするという強い意思を持つことが大切だと思っています。我々1人、1人はプロです。プレーする理由の根底には自分のためにプレーをする、それで生計を立てているということがあり、その上で、クラブのため、スポンサーやサポーターのためにプレーをするということです。我々にとってサッカーは仕事です。それで生活しているのですから、自分自身のために、しっかりと自分のパフォーマンスを上げることが必要です。皆さんジャーナリストの方たちが、残念であろうが、悔しかろうが、聞くことを聞き、書くことを書かなければいけないのと同じことです。
でも、前向きに考えています。顔を上げて前に進んでいければと思っています。ホームゲームが3試合残っているので、そこで勝点を重ねていくことが大切です。水戸、讃岐、群馬に勝っていれば6位以内に入るチャンスはあったと思います。けれど、たとえば最終的に8位、9位、10位に入れば、昨年よりも向上したことになります。ですから、これからの試合も大切なのです」


Comments

Body

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 12