INSIDE WEB

 

自分たちのサッカーを表現する(中原 秀人)


【中倉一志=取材・構成・写真】
内容 練習終了後の個別取材
日時 2014年10月30日(木)
場所 雁の巣球技場

◎中原秀人選手;
Q:次の松本戦では、どんなところを強調したいと考えていますか?
「この前の栃木戦では自分たちの時間帯がしっかりと作れていたので、自分がボールに絡んで、しっかりとリズムを作って、蹴り合いにならないように、つないでいけるように、そのための自分の役割をしっかりとやりたいです」

Q:蹴り合いを避けたいのは、やはり相手が松本だからでしょうか?
「そうですね。蹴り合いになると相手の良さが出てしまうので、そうではなく、僕たちがしっかりとボールをつないでいければ、相手の良さは必ず消えるし、相手の時間帯も少なくなってくるので、そうすることで、相手のゴールの確立を低くしたいと考えています」

Q:松本は昇格がかかった試合です。目の前での胴上げだけは避けたいところです。
「うちも負ければプレーオフの可能性がなくなってしまいますし、いろんな要素が重なった試合なので、観客の皆さんも楽しみにしている部分もあると思います。ただ、アビスパのサッカー、自分たちがやるべきことをやらないと試合にもならないと思いますし、栃木戦同様に、自分たちの時間を増やして、アビスパらしいサッカーができるようにしていきたいです」

Q:前回対戦では敗れましたけれど、内容は紙一重でした。
「多分蹴り合いにならない限りは、自分たちがボールを持つ時間帯が長くなるというか、ボールを持てる時間は多くなると思っています。前回もチャンスはありましたけれど、そこで決め切れるかどうかということも大事になってくると思いますが、最終的には、今は自分たちのサッカーを表現することを意識したいです。その上で、相手の良さを出させないと言うことですね。タッチに逃げたとしても。相手はロングスローと言う武器を持っているので、しっかりとつないで、できるだけフィールドのなかで試合をしたいと思います」

Q:相手うんぬんよりも、自分たち次第というところですね。
「なかなかいいゲームができていないので、もう一度自分たちのサッカーを表現することが、自分たちにとっても、一番のプラスなのかなと思います」


Comments

Body

123456789101112131415161718192021222324252627282930 11