INSIDE WEB

 

サッカーを超えた戦い(鍋田 亜人夢)


【中倉一志=取材・構成・写真】
内容 練習終了後の個別取材
日時 2014年9月18日(木)
場所 雁の巣球技場

◎鍋田亜人夢選手;
Q:次節の大分戦は九州ダービーです。ダービーについては、どのように思っていらっしゃいますか?
「サッカーを超えた戦い、それがダービーですかね。静岡ではエスパルスとジュビロのダービーがありますが、エスパルスは静岡市に近く、ジュビロは磐田という少し離れたところにあるチームで、地域を代表して戦うようなところがあります。さらにエスパルスとジュビロの場合は、Jリーグが開幕する際に、ヤマハとエスパルスが参入を希望していたところ、エスパルスが市民球団であり、地域に密着したクラブであるという理念を満たしているという理由で、まずはエスパルスのJリーグ加入が認められ、ジュビロは1年遅れたという歴史があるので、よりお互いを意識する部分もあります。その時の順位に関係なくぶつかり合う戦いで、やはりダービーは特別な試合、絶対に負けられない戦いです。会場の空気も違いますし、他の試合とは全く違った重みを感じます」

Q:しかも、大分に勝てば順位がひっくり返る大事な試合でもあります。
「順位がひっくり返ることもそうですが、もっと上に行くための試合として勝たなければいけないと思います。この1戦に集中してやるだけです」

Q:1週間が経ちましたが、チームには大分馴染めましたか?
「やり方については、だんだん分かってきましたし、攻撃に絡む回数も紅白戦では増えてきたので、そういう意味では、合って来ているなとは感じています。それを試合の中で出していければと思います。ファン、サポーターの皆さんの期待は感じますし、それはプロとしてはありがたいことなので、それを力に代えて、アビスパ福岡のために結果を出せればと思っています」

Q:残り11試合になりました。どこが最も重要でしょうか?
「北九州、岡山も含めて、リーグ戦はさらに混戦になってきていますし、どのチームもレベルの差があるとは感じません。ひとつのところの集中、ポジショニング、球際、そういったところで結果が変わってくるという、レベルの拮抗したリーグだと思うので、その辺で神経を集中させて戦えば、チャンスはおおいにありますし、6位よりも上を狙えるチャンスもあると思っています。まずは大分戦で、チームに貢献できる所を見せたいと思います」


Comments

Body

123456789101112131415161718192021222324252627282930 11