INSIDE WEB

 

【bjリーグ 第26戦】試合終了後の選手コメント

bjリーグ2011-2012 第26戦
ライジング福岡 93-91 宮崎シャイニングサンズ
2012年1月22日(日)福岡市民体育館 13:00 tip off

◎竹野明倫(ライジング福岡)試合後のコメント;
Q:試合を振り返って
「ずっとこちらがリードしている中で、途中、途中で、若干の記の緩みがあって突き放せず、それで最後に追いつかれてしまったという展開でした」

Q:最後の最後で勝負を決めた素晴らしいシュートを決めました。残り20秒という場面でしたが、どんな気持ちだったのでしょうか?
「ここ最近、試合が経過するにつれて、自分が最後にシュートを打って外した場面や、ターンオーバーしてしまったことなど、それぞれの試合を振り返りながら、自分の中でいろいろと考えるところがありました。その思い、こういう場面になったら、次はこういうようにやっていこうという気持ち、その整理が今日はできていたので、それがビックショットにつながったのかなと思います」

Q:決めた瞬間は、どのようなお気持ちでしたか?
「気持ちを整理していた部分に確信が持てました。こういう場面になったら、こういう心境で、こういうメンタルでと整理していたことが、最後のショットが決まったことで自信になったかなと思います」

Q:あのシュートの場面の前に、竹野選手自身がタイムアウトを取りました。それも、これまでの試合の積み重ねで生まれたものなのでしょうか?
「そうですね。今までの経験した試合では、こういう場面でタイムアウトを取った方が良かったのかなと思うシーンもあり、そうした、これまでの試合で経験したことの全てが今日は試合に空世話すことができたと思います。打った時は必ず決めてやろうと思っていましたが、これまでも、そう思って外れてしまったこともありますし、それがバスケットの難しいところでもあるのですが、これで、ひとつの壁を越えられたのかなという思いはあります」

Q:非常に難しいショットだったと思いますが、練習は可成りされていたのでしょうか? 「そうですね。以前も、あのシュートにチャレンジしていたんですけれど、何か自分の中で引っかかるものがあって、あまり使わないようにしていたんですけれども、これからは使っていこうと自分の意思で決めたのが11月でした。それからは毎日の練習の中に必ず取り入れて、試合前のウォームアップの時も必ずやるようにしていました。練習の成果だと思います」

Q:次の大阪戦に向けての意気込みを教えてください
「絶対にタフな試合になると思うので、1週間しっかりと準備して臨みたいと思います。大阪は、ワシントン、青木さんと、本当に素晴らしい選手がそろっているので、そこをしっかり押さえるということと、どれだけ自分たちのバスケットができるかが鍵だと思います。自分たちのバスケットができれば絶対に勝てると思っています」


【bjリーグ第26戦】
小川忠晴HC(福岡)記者会見コメント
遠山向人HC(宮崎)記者会見コメント




Comments

Body

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 12