INSIDE WEB

 

地道に重ねれば上は見えてくる(武田 英二郎)


【中倉一志=取材・構成・写真】
内容 練習終了後の個別取材
日時 2014年8月28日(木)
場所 雁の巣球技場

◎武田英二郎選手;
Q:ここまで5戦負けなしです。
「ここ最近、失点が少なくなってきて、地道ですけれども勝点を積み重ねてプレーオフ圏内とは勝点1差になりました。一時期5位になって、そこから連敗しましたけれども、立て直して地道に勝点を重ねれば、こうやって上位が近づいてくるんだと思いますし、3連敗した時も、その内容はそんなに悪くなかったので、いまもそれを続けているだけですけれども、5戦負けなし、失点1というのはすごくいいと思っています。監督がホームでは勝点3、アウェイでは勝点1を絶対に持ち帰ろうと言っていますけれども、2試合で勝点4という計算で積み重ねていけば、絶対に上は見えてくると思います」

Q:実際、湘南戦で引き分けた後は、ホームで勝って、アウェイで分けるという試合が続いています。
「そうですね。自分は退場してしまいましたけれど、湘南戦で粘って引き分けたのが大きかったんじゃないですかね。あそこで負けていたら4連敗でしたし、あんないい試合をしていながら負けてしまったらもったいなかったので、自分としては、すごく助けてもらったと思います。愛媛戦は、正直、勝てたと思うんですけれども、でも、あそこで勝っていたら、その次の試合もどうなっていたか分からないので、それは結果論だと思っています。そして、やはりジュビロ戦で上の相手に勝ったことで、自分たちがやっていることが正しいと、チーム全員が同じ想いになれたのが、すごく大きかったと思います。長崎は、そんなにいいわけではなかったし、この前の試合も完ぺきではなかったですけれども、結局5試合負けていませんし、勝点は取っていますし、いい状況だと思います。負けていないのは神さん(神山)のセーブもあるんですけれども、それまでは、神さんがいても大量失点していたわけなので、チームはすごく良くなってきているのかなと思います」

Q:試合中に、選手同士で話して修正できるようになって来たのも大きいですね。
「やろうと思えばすぐに4バックもできますし、ワンボランチも、ダブルボランチもやれますし、城後さんはトップ下からボランチ、他のポジションも何でも出来ます。坂田さんも斗子でもやれることを考えると、選択肢があります。自分のところで言うと、トップ下の位置でやるのか、(中原)秀人とダブルボランチを組むのかというのは、流れが良ければ、そのまま高い位置でやるし、悪かったらダブルボランチにしたりと変えることが出来ます。最初のうちは、お互いにどんなプレーをするのか分かり切ってなかった部分もあったわけですけれど、チームとしてお互いを理解出来てきているかなと感じています。今はボールを回せる時間も増えて来ていますし、以前でしたら、蹴って苦しくなるというのが多かったんですけれども、今は相手を見て回して、そこから裏へ行って、そこでまた作ったりと、いろんなことが出来ています。それに、今はボールを取れるのが早く、すぐに取れることが多いので、結構やりやすいですね」

Q:次節は横浜FC戦。負けなしを続けているチームです。
「上手いし、パスを回せるチームなので、自分はそういうチームに対して頑張らなくちゃいけないですね。監督もそういうところを期待してくれていると思うので、自分としては、自分のがんばりが大事かなと思います。個人的に横浜は地元なので、友達も、家族も見に来てくれるので、自分のプレーをしっかりと出して勝ちたいですね。スタジアム自体もやりやすいイメージがあるので楽しみです」


Comments

Body

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 12