INSIDE WEB

 

その名は石津大介

140630_02.jpg
【中倉一志=取材・文・写真】
第19節水戸戦の84分、平井将生からのリターンパスを受けてのファーストタッチですべてが決まった。
「上手くファーストタッチが決まればゴールを決められる自信はあった」(石津大介)。
迷わず振り抜いた右足。次の瞬間、水戸のゴールネットが大きく揺れた。アビスパを4年ぶりの3連勝に導く決勝ゴールだ。しかし、派手なガッツポーズは飛び出さない。ゴールの喜びは胸元で小さく人差し指を立てただけ。平井に預けてから最後のシーンまで、すべては狙い通り。決めて当然。その表情は、そう言っているかに見えた。

続く第20節の栃木戦ではゴールを演出する側に回る。23分の先制点が始まったのは武田英二郎からの楔のパスをもらったシーンから。自分のマークを鋭いターンで振り切るとドリブルで相手をひきつけてから左サイドの高い位置にいる阿部巧へ展開。そこから貴重な先制点が生まれた。そして、試合を決定づける2点目のアシストも石津。左CKをゴール前へ送った瞬間にゴールを確信する狙い通りの形だった。

「今までは自分で精一杯だったが、周りに気配り出来るように、そしてチームを引っ張って行けるように、少しずつ意識してやっていこうと思う」
シーズン開始前、石津はそう話していた。目標は昨シーズンを上回る15得点。持ち味である仕掛ける姿勢を武器にゴールを目指している。そして「自分の最大の強み」と話す相手の間に入り込んでボールを引き出すプレーで、いくつものゴールも演出。ここまで自身が挙げた6得点を含め、得点の起点になるプレー、アシストを含めて、チーム総得点の3分の1を超える11得点に絡んでいる。

本人が望むもうひとつの目標は、先発フル出場と、90分間に渡って質が変わらないプレーを披露すること。戦術上の理由から、プシュニク監督はFWの選手をフル出場させることは少ないが、それでも、前年同時期で1試合しかなかった先発フル出場は7試合に増えた。しかし、それ以上に、20試合すべてに出場している事実が信頼の高さを示す。石津の他に20試合すべてに出場しているのは堤俊輔しかいない。

そして、4年ぶりの4連勝を記録したことについて次のように話す。
「1戦、1戦集中して戦っているので4連勝したという実感はない。それよりも、上位チームと対戦して、たとえば0-1のビハインドになった時に自分たちがどうやれるかが大事。やられないに越したことはないが、やられた時に、どのようにして2点を取り戻すのか、そこで真の力が試されることになる。そういう意味では、次節の松本戦は楽しみ。連勝記録をどこまで伸ばせるか挑戦したい」

次節の戦いの場所は完全アウェイとなる松本平広域公園総合球技場(通称アルウィン)。その中で、石津はいつものように輝きを放ってくれるはずだ。


Comments

Body

123456789101112131415161718192021222324252627282930 09