INSIDE WEB

 

充実の毎日(武田 英二郎)


【中倉一志=取材・構成・写真】
内容 練習終了後の共同囲み会見
日時 2014年6月19日(木)
場所 雁の巣球技場

◎武田英二郎選手;
Q:出場停止の試合でチームが結果を出して危機感があるとおっしゃっていましたが、そういう意味では、東京V戦は自分に結果が付いたのは大きかったのではないですか?
「インプレーの中からのアシストなり、点なりが、自分としては一番だと思っていますけれども、結果としてCKから3点入ったので、はい。その前の試合にチームが勝ったのに、それでも自分を出してくれたという意味では、もっとやらなくてはいけないことがたくさんありますし、その覚悟と責任を持ってプレーしていました」

Q:プシュニク監督になってから3連勝がありません。ここで山をひとつ越えるためには、水戸戦は非常に重要だと思います。
「開幕直後に連勝した時よりも、しっかりと内容で勝っている気がしますし、たまたまの勝ちでもないと思っています。3バックにして後ろが安定したので、いきなり連続無失点ですし、今まで3バックの試合で崩れたこともありませんから、確実に結果が表れていると思います。東京Vの試合もセットプレーが入ったから良かったという見方もあるかも知れませんが、結果が5-0なので、それは前向きに捉えていきたいと思います。そういう意味では、やることははっきりしてきていると思います。水戸戦でも、やることをぶらさずに、みんなで同じことを考えてやれば勝てると思っています。」

Q:シーズンに入る前に、とにかく試合に出ることが大切と仰っていましたが、いまは中心的な役割を担ってプレーしています。ご自身の状況を、どのように感じていますか?
「最初の3試合はまるまる出られずに、その後、ジュビロ戦や、讃岐戦で少しずつチャンスを与えてもらって、いまは何試合か連続で出してもらっていますけれども、自分がいま出ている理由は、前線からボールを追ったり、プレスをかけたりしているからで、ボールをこねたり、『おれ、できるぞ』みたいな軽いプレーをしたりして、自分を見失ったりしたらいけないと思っています。試合出ていない選手にもいい選手はいっぱいいるので、いまは出してもらっていますけれど、危機感は常にあります。ですから、とにかく足がつってもいいので、ボールを追って、チームのためにということを考えてやっています。いまは、自分の頑張りがチームの力になっているから試合に出してもらっていると思いますが、自分のプレーが評価されて試合に出させてもらっているというのは嬉しいことですし、充実はしています。でも、もっと上手くならないといけないと思うし、もっと得点に絡んでいけるような選手にならないといけないと思っています。そうした課題は練習の中で解決できるし、中盤の真中でのプレーは学ぶことの方が全然多いので、そういう意味では、「伸びシロ」は他の人よりもあるとも思っています。練習の中で人のプレーを見たり、盗んだり、楽しみながらやっています」


Comments

Body

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 12