INSIDE WEB

 

小さなところが勝負を分ける(武田英二郎)

140519_03.jpg
【中倉一志=取材・構成・写真】
内容 練習終了後の個別取材
日時 2014年5月19日(月)
場所 雁の巣球技場

◎武田英二郎選手;
Q:最後はどちらにもチャンスがある内容でしたが、どんな印象を持っていますか?
「序盤は相手の勢いに若干飲まれたいうか、押し込まれてしまったんですけれども、前半を0でいけたので、後半は五分五分だなと思っていましたし、うちがカウンターから点を取れれば勝てる試合だったと思います。ピンチも多かったんですけれども、その分、チャンスもありました。もちろん、相手の方がいいゲームはしていたと思いますけれども、そういう中でも勝つチャンスはあった試合だったと思います」

Q:後半はプレッシャーをかけて、ボールを奪ってから素早く裏へという狙い通りの戦いができていたように思います。
「ベルマーレが前がかりになるのは分かっていたので、それがひとつの狙いでもありました。そういうチャンスをしっかり決めて勝ちたかったんですけれど・・・。でも、結局、0-2という結果がすべてというか、いくら善戦したと言っても、こちらは勝点0だし、あっちは14連勝ですし、はい」

Q:2点目はともかく、あの1点が悔やまれるというか・・・
「1点目も・・・。でも、湘南には、それまでの蓄積もあったと思いますし、結局、0-2というのが現実だと思います。たまたま入った時間が最後だっただけかも知れませんし。でも、相手は本当にいいチームでしたけれど、勝てないこともないとも思いました」

Q:そういう試合で敗れてしまった要因を探るとすれば、どんなところにあったと思いますか?
「湘南の方が、最後は攻撃にかける人数が多かった感じがありました。みんなが信じてゴールに入っていく感じとかは、相手の方が少し上手だったかなと思います。事前に映像を見た時に速いと感じていたので、自分は事前のイメージと、実際のイメージの差はあまり感じませんでしたけれど、でも、いいチームだなと思いました」

Q:リーグ戦の3分の1を終えて、調度5割の成績です。これについては、どのようにとらえていますか?
「うちのメンバーの個の質を考えれば、もっと勝ててもいいと思うし、もっと勝点があってもいいと思います。全然満足はしていません。かと言って、上位に離されているわけでもないので、全然、チャンスはあると思っています。『最低限プレーオフ』というところを目指してやっていきたいですね」

Q:これからも厄介なチームとの対戦が続きます。
「そうですね。でも結局、試合が始まってしまえば、下位とか、上位とか、同じ順位とか、あまり関係ないと思いますし、実力差があまりないからこそ、同じような所にいるのだと思います。そういう混戦の中では、本当に小さなところが勝負を分けると思うので、細かな所へのこだわりとか、1対1での勝負とか、そういう所を突き詰めてプレーすれば、運というものも付いてくるのかなと思います。現状では、自分たちが勝った相手に負けたり、相手が圧勝したチームに、うちが負けたり、いろいろとあると思うので、一概にどちらが強いともいえないと状態です。正直、順位表が示すように、どのチームも混戦だと思うので、勝ってチーム力を上げて、確実に自分たちの方が良いチームと言えるようにしていけば、絶対にJ1は見えてくると思います」


Comments

Body

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10