INSIDE WEB

 

第10節vs北九州 試合終了後のコメント(森村昂太)

140430_1657 第10節vs北九州 試合終了後のコメント(森村昂太)
試合 2014Jリーグ ディビジョン2 第10節 アビスパ福岡vs.ギラヴァンツ北九州
日時 2014年4月29日(火・祝)13:04キックオフ
会場 レベルファイブスタジアム
結果 福岡0-1(前0-0、後0-1)北九州
得点 [北九州]冨士(72分)
中倉一志=取材・構成

◎森村昂太選手;
Q:試合を終えて、今の気持ちを教えてください。
「古巣相手のダービーということで、勝点3を取ってサポーターとともに喜びあいたいという気持ちで試合に入りました。(負けて)悔しいです。自分としても納得のいくプレーができませんでしたし、チームが上手くいっていない中でも、なんとか勝点3だけは取りたいと思っていたので、その両方を達成できず悔しいです」

Q:いろんな思いを抱えての福岡ダービーでした。実際に対戦して、どのように感じましたか?
「相手はかなり、こちらのサッカーを分析してきたというか、なかなかやりづらい、やらせてもらえない点がありました。また、自分たちも戦えてないというもあったので、なんとか自分が得点に絡んだり、アシストをしたりというところを意識してプレーしましたが、それか出来なくて悔しいですね」

Q:球際のところで北九州の方が早かった印象があります。
「そうですね。セカンドボールも拾えていなかったですし、そこの部分で負けていたと思います。次に本城でやるときにリベンジしたいと思っています」

Q:これで九州ダービーで3連敗になってしまいました。
「九州ダービーに勝てていないのが現実です。次節は大分との九州ダービーで、ここまでの分をリベンジできる機会があるので、選手たちもしっかりと見直して、次こそ勝点3を取れるように、そしてサポーターの皆さんと喜びあえるように、また1から、しっかりと準備をしていきたいと思っています」

Q:このあと連戦が続きます。それに向けて意気込をお願いします。
「難しい試合というか、粘り強く戦わなければいけない試合が続くので、最後まであきらめずに、戦い抜くことで勝点が積み重ねられると思っています。1試合、1試合、準備してやっていきたいと思います」


Comments

Body

123456789101112131415161718192021222324252627282930 09