INSIDE WEB

 

プシュニク監督が伝えたかったこと

141120_04.jpg
【中倉一志=取材・構成・写真】
いま振り返るとき、来日して1週間後に行ったインタビュー取材で、プシュニク監督が答えてくれた内容に、この2年間のすべてがあったように思う。それを記憶にとどめるために、改めて全文を掲載する。

内容 練習終了後の個別取材
日時 2013年1月21日(月)
場所 雁の巣球技場

Q:監督の仕事は多岐に渡りますが、その中でも、チームをどのようにマネジメントするのかということが非常に重要だと考えています。そういう観点で、監督がチームをマネジメントする際に、最も大切にされていらっしゃることは、どのようなことなのでしょうか?
「大切なことは、選手たちがチームとして振る舞い、考えるということです。ですから、まず最初に、チームとしてどのようにプレーするかということを教え、その上で、攻守両面において、個人をどのように表現していくかということを教えていかなければなりません。けれど、いま話したチームというのは、チームの形のひとつの側面にしかすぎません。
ここで、少し表現を広げてみましょう。『チーム』とひと言で言っても、それは漠然としていてモザイク模様のようなものです。そのモザイク模様を作っているひとつ、ひとつのパーツを見ていくと、それはクラブフロントであり、クラブ職員であり、強化担当者であり、さらには、選手、チームスタッフ、キット、観客、ファン、サポーター等々です。そのモザイクのひとつ、ひとつが噛み合って、綺麗な映像を映し出すことが大切です。ただ、11人の選手がボールを蹴っているだけではいけません。
ちょっと紙とペンを貸していただけますか。これから、ある絵を描いてみたいと思います。これが海(海面)。その上には大きな氷山が見えています。けれども、それは氷山の一角にすぎず、水面下には、その何倍もの大き部分が隠されています。それは、クラブフロント、クラブ職員、サッカースクールの子どもたち、その子どもたちのご両親、スポンサー、ファン、サポーター、メディアらを意味しています。そして、それらが水面上の部分を高く保っているのです。そして、水面の上に出ている部分はピッチでプレーする11人。ですから、私がチームをマネジメントする時には、我々にとって、ファン、サポーターが、いかに大切なのかということを選手に理解させます。そして、アビスパのロゴのように、働き蜂のようなプレーを展開することで、多くの観客が選手たちの姿に共鳴し、それをメディアの方々に取り上げていただくことで、ポジティブなエネルギーを生み出すことができます。そうやって、すべてが噛み合うことでチームは上手く回っていきます。それがさらなる力になって、選手たちが全員で攻撃し、全員で守備をするということにつながっていくのです」

Q:サッカーですからいろんなことがありますし、勝ちもあれば負けもあります。上手くいかないとき、何が大切になるのでしょうか?
「自分たちの目標と達成すべきことを、全員が十分に理解しておくことが必要です。予期しないことは必ずやってきます。そして、それはいつも驚きを伴うものです。けれど、たとえどんなことがあっても、それが、とてつもなく大きな出来事であっても、私たちは目標に向かって突き進んでいかなければいけないからです。私はいつも、『情熱とハートを持って、自分の役割を理解し、それをやり遂げ、前に向かって進まなければいけない』と話しています。それぞれが、そういう振る舞いをすることによって、お互いの信頼関係が生まれ、その結果、お互いを助け合うエネルギーが相乗効果となって現れるからです。
けれど、サッカーは非常にタフなスポーツです。時として、すべてはトップチームの成績だけによって判断されてしまうことが、ままあります。ですから、選手たちには、自分たちが氷山の一角であることを意識させて、アビスパというクラブを代表している責任感を感じてもらいたいし、みなさんの期待や希望をしっかりと感じて仕事をしたいと思っています。ただ、言うは易しで、それを実行するのは簡単なことではありませんが・・・。
いま、平均入場者数は約5000人ですが、これが平均で10000人になれば、選手の戦う気持ちは、もっと強くなるでしょう。そして、戦う気持ちが強くなることで、結果も、内容も良くなるはずです。ですから、スタジアムに足を運んでいただいた皆さんに、よりよいものを提供し、それによって、更に多くの方がスタジアムに足を運んでいただき、それがまた、選手たちの戦う気持ちを高めるという連鎖反応を起こしたいと思っています。
必勝祈願での玉串拝礼では、まずは自分が受け取ることでエネルギーをもらい、それを捧げることで私もエネルギーを生み出しました。それと同じように、クラブ内外で相乗効果を生み出して、もっと、もっと大きなポジティブなエネルギーを生み出すことができればと考えています」


Comments

Body

123456789101112131415161718192021222324252627282930 04