INSIDE WEB

 

【なでしこ短信】首位・浦和、敗れる

試合終了後、敗戦し肩を落とす浦和の選手たち
金子悟=文・写真

 なでしこリーグ・レギュラーシリーズ第13節。セットプレーからの2失点で、首位・浦和が新潟Lに敗れた。

 今季ここまで失点7とリーグ最小失点を誇っていた堅守の浦和だが、新潟L・上尾野辺にFKとCKで2ゴールを許した。

 ビハインドを背負った浦和は、後半開始からFW大滝を投入。U-18日本女子代表のFW清家とともにゴールを狙ったが、「2点リードしたことで落ち着いてボールを回せた」(新潟L・上尾野辺)新潟から、高い位置でボールを奪えず、効果的なチャンスを作り出すことができない。

 結局、前半からスコアは動かないまま、試合終了。浦和は勝ち点を積み上げることができなかった。

 今節では2位湯郷ベルも日テレに敗れて足踏み。5試合を残すレギュラーシリーズだが、上位争いは、にわかに混沌としてきた。

後半、ルーズボールに飛び込む、浦和・清家 後半、シュートを放つ、浦和・大滝 試合終了後、サポーターに挨拶する、新潟の選手たち

Comments

Body

123456789101112131415161718192021222324252627282930 11