INSIDE WEB

 

【なでしこ短信】白星遠からず

試合終了後、敗戦し肩を落とす伊賀FCの選手たち
金子悟=文・写真

 なでしこリーグ・レギュラーシリーズ第12節。前半で2点のリードを許した伊賀FCは、セットプレーから1点返したものの日テレに敗れ、この日も勝ち点3は得られなかった。

 ただ、2点のビハインドを追いかける後半は、何度もチャンスを作り日テレゴールに迫った。

 起点となったのは左サイド。5月の女子アジア杯で、なでしこジャパンも経験したMF杉田が投入されると、オーストラリア代表でもある左SBのDFエリース ケロンド・ナイトらとともに攻撃を活性化させた。最後の部分では日テレの固い守備に阻まれたが、今季加入したFW小川らが果敢にゴールを狙った。

 MF杉田は、決定力を課題に挙げると同時に「中に切れ込んでからのシュートの意識は、今までよりも高く持ってできた」と手応えも口にした。チームは勝ち星から見放されててはいるが、選手は次節への期待を感じているようだ。

 ここまでわずか1勝の伊賀。だが、トンネルの出口は意外にすぐそこなのかもしれない。

後半、左サイドをドリブルする、伊賀FC・杉田 前半、ドリブルする、伊賀FC・小川 後半、前線にパスを送る、伊賀FC・エリース ケロンド・ナイト

Comments

Body

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 01