INSIDE WEB

 

【ブラサカ・アジア選手権2011】激闘の記録 4

ブラインドサッカー・アジア選手権2011 3位決定戦
日本代表vs.韓国代表
日時/12月25日(日)11:00
場所/元気フィールド仙台
結果/日本2-0韓国

取材・文・写真/中倉一志

「悔しいけれど、まだ試合がある。日本で、仙台で行われるアジア選手権最後の試合に勝利して、みんな笑顔で大会を終えたい」(黒田智成)
「最終日に負けたら前回大会と同じ4位。それではこの4年間、全く進歩していないことになる」(三原健穏)
 パラリンピックに出場する。それは日本ブラインドサッカー協会設立以来、10年間に渡る悲願だった。それが断たれた前日のイラン戦。宿舎に帰るバスの中で選手たちの落ち込み様は相当なものだったという。しかし、彼らはいつもの姿で帰ってきた。いや、いつも以上の気持ちだったかも知れない。「今日が4年後のパラリンピックに向けての第一歩」(三原)。日本代表は、強い気持ちを持って韓国との3位決定戦が行われるピッチに現れた。

 その気持ちは、試合開始のホイッスルの音と同時に爆発した。立ち上がりから積極的に仕掛ける日本は韓国を圧倒。ほとんどの時間を相手陣内で過ごす。その姿から、このメンバー、このスタッフで戦う試合で全ての力を出し切ろうという強い想いが伝わってくる。いつもなら最後尾に構え、相手の攻撃をしぶとく断ち切る田中章仁も積極的にドリブルを仕掛けて前線へ。何度も際どいシュートを放つ。そんな彼らにスタンドからは前日までと変わらない熱い声援が届く。コールリーダーの声は完全につぶれている。けれど、日本代表を後押しする気持ちは少しも揺るがない。

111225_02.jpg
 そして、日本の先制ゴールが生まれたのは前半15分22秒8。佐々木康裕が流れの中から鮮やかに韓国ゴールネットを揺らす。そして追加点は前半21分29秒3の葭原滋男のゴール。「僕はPKを決めるために、このチームに呼ばれている」という葭原にとって、前日のイラン戦でのPK失敗は悔やんでも悔やみきれないプレー。心の中でいつもの言葉をつぶやき、愛おしむようにボールに触れ、思い切り右足を触り抜いた。「当たり損ねでした」と本人はゴールシーンを振り返るが、気持ちがこもったボールはGKの逆を突いて左隅を捉えた。

 日本の勢いは後半に入ってからも変わらない。メンバーを入れ替えて反撃に出ようとする韓国の出鼻をくじき、前半同様、一方的に押し込みながら試合を進めていく。そして、試合終盤に、この日、先発でプレーした主将・三原健朗が再びキャプテンマークを巻いてピッチに現れると、全員の意識が三原に集中する。

「みの(三原の愛称)!どこにいるんだ!声を出せ!」と落合が叫ぶ。「おう!」と答える三原。その足下に落合から絶妙なパスが届く。そして、誰もがボールを持つと三原を捜し、ベンチからも「みの!」と声がかかる。チーム最年長の三原は前日までは出番はなし。しかし、試合に出たいという気持ちを抑えて、仲間の戦いをベンチから後押しした。チームはピッチに立つ5人だけじゃない。そこにいる全員で戦うものだという想いからだ。その想いを知る仲間たちが三原を後押しする。その光景は、日本代表がひとつにまとまって戦ってきたことを証明するシーンだった。そして、前後半50分間に渡って日本は韓国を圧倒。見事な内容で最後の試合を終えた。

 4日間に渡る戦いの日々が終わった。日本ブラインドサッカー界悲願のパラリンピック出場は叶わなかった。しかし、これで何かが終わったわけではない。この日は、新たな目標へ向けてのチャレンジを始めるスタートの日。次のパラリンピックを目指す者、新たな形でブラインドサッカーの強化に携わる者、それぞれの目標は違ったものになるかもしれないが、彼らは、それぞれの場所で、それぞれのやり方で、新たな目標にチャレンジする。観客に向かって胸を張る姿は、そう語っていた。

 また、この大会で彼らは多くの人たちに大切なことを気づかせてくれた。どんな状況になっても最後まで諦めないこと。常に自らの想いと力の全てを目の前のものにぶつけること。目標に向かってチャレンジし続けること。それらは簡単なことではない。けれど、ゴールを目指すことで、彼らはそれを表現した。「可能性は無限大」。大会期間中張られていたダンマクに書かれた言葉は、彼らに送られた言葉であると同時に、観客に向けて発せられたメッセージでもある。

111225_03.jpg 111225_04.jpg 111225_05.jpg

(了)


Comments

Body

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 12