INSIDE WEB

 

【bjリーグ第4戦 福岡-島根 試合終了後の選手コメント】

131014_02.jpg bjリーグ2013-2014 第4戦
日時:2013年10月13日(日)14:00 tip off
会場:福岡市民体育館
結果:ライジング福岡 81-77 島根スサノオマジック
取材・文・写真:中倉一志

◎仲西淳選手;(ライジング福岡)
Q:試合を振り返って
「昨日は逆転して、逆転されて、また逆転するというクロスゲームに勝つことができて、今日は、島根さんが3連敗している状況なのでハードにやってくるということが分かっていたので、それに対して、自分たちは気持ちを全面に出して戦って行こうと試合に臨みました。昨日の第3Qからディフェンスが段々良くなっていたので、そのディフェンスを最初からやっていこうという狙いでしたが、それはできたと思います。また、昨日はファーストブレイクがあまり出なかったんですけれども、今日はアグレッシブなディフェンスからファーストブレイクを仕掛けるというライジングらしいバスケットで得点を重ねていって、第3Qまでは良かったと思います。
けれど、やはり第4Qですね。30点近くリードしていたにも拘わらず、ああやって詰められて最後は4点差まで迫られたのは反省しなければいけません。自分たちの使命は試合に勝つだけではありません。スタジアムに足を運んで応援してくれる人たちや、福岡の町を、バスケットボールで元気にする、勇気を与えていくという使命のもとでプレーしているのに、ああいう試合内容をするというのは反省すべき点ですし、キャプテンとしても責任を感じています。自分たちもそうですけれども、来てくれたお客さんが気持ち良く帰っていけるようなスタッツ、内容で終わらなければいけません。
今日の良かった点は良かった点として、悪かった点は悪かった点として、しっかりと反省をして、今日、自分たちが第3Qまでにやったライジングらしいバスケットを40分間できるように、しっかりと修正してやっていきたいと思います」

Q:おっしゃる通り、第3Qまでは素晴らしい内容でしたが、第4Qでああなってしまったのは、点差が開いたことによる慢心のようなものがあったのでしょうか?
「自分たちで意識していたわけではないのですが、やはり29点勝っているという気持ちが何処かにあったからこそ、ああいう風に詰められたのだと感じています。昨日、自分たちが残り1.9秒のところで逆転して、バスケットは最後まで分からないということを、自分たちで分かっているのに、こういう展開にしてしまったと言うのは反省すべきところだし、バスケットは30点近くまでリードしていても、最後まで分からないということが、今日改めて分かったわけですから、さいごのブザーが鳴るまでしっかりとやらなければいけないというのは、それはもう反省点だと思います」

Q:改めてになりますが、第3Qまでに大量リードを奪った要因は、どんなところにあったのでしょうか?
「前半はしっかりとディフェンスをして、ボックスアウトをして、ディフェンスリバウンドを取って速攻を仕掛けるというのが狙いで、それが前半をリードのまま終えられた要因でした。そこでリードしたのも大きかったのですが、バスケットは第3Qで勝負が決まると言われていますが、そこで前半にあったリードを詰められるのか、それともさらに差を広げるのかというところで、自分たちは第3Qもアグレッシブに行ったことで、29点のリードを奪う事が出来たと思っています。でも、本当に今日良かったのは第3Qまでですね」

Q:それは、やはり去年の経験が大きかったと言うことでしょうか?
「去年の経験と言うよりも、今までの経験ですね。自分自身もそうですけれども、チームとしても、リードしていてひっくり返された試合は何試合もありますし、今日の試合を終えて、改めてバスケットは怖い、何が起こるか分からないスポーツだと感じています。島根も最後まで諦めていませんでしたが、ああやって「まだいける」と思わせた時点で気持ちで負けていると思います。試合には勝ちましたけれど、第3Qを終えた時点で29点差があるのであれば、最終的には40点差で試合を終わらせるくらいの内容で戦わないと。結局4点差まで詰め寄られてしまって、あと2分あったらどうなっていたか分からないですし、それはもう多いに反省するところですね」

Q:日本人選手が3人出なければいけないクウォーターで、昨日も、今日も、相手を圧倒しているという部分に対して、キャプテンとしては、どのように捕えていますか?
「日本人選手に関しては、本当に誰が出ても常にいい流れ、常にいいバスケットが出来るメンバーがそろっていますし、去年、準優勝したということは、僕自身もそうですけれども、ずっとライジングでプレーしている選手、若手の選手たちの自信になっていると思います。それはプレーを見ていても分かりますし、それは他のチームにはない強さだと思っています。どの選手もスコア出来る。どの選手もチームのために何かが出来る。それが、今のライジングの強さだと思うので、さらにもっといいものにして行けば、もっといいバスケット、もっといい結果が出てくるんじゃないかと思います」

Q;昨日、今日と試合を見ていて、追いかける立場でも、追いかけられる立場でも、自分たちのバスケットを見失わなかったことが2連勝につながったと思いますが、そういう点で、勝負強さのようなものを感じる部分はありますか?
「去年ああいう結果を残したことで、勝ち方を学んだという部分はあると思います。どういう状況であっても、最後のブザーが鳴った瞬間に1点でもリードしていれば、それが勝ちという結果なので、自分たちで勝利を手繰り寄せることはできてきているんじゃないかとは感じています。ただシーズンは長いですし、他のチームも必死にやってくるので、苦しい状況になることもあるでしょうし、怪我人が出ることもあるでしょうし、バスケットは何が起こるか分からないので、難しい状況になった時に、チームがどうやって一丸となって戦っていけるかが、シーズンを乗り切るキーじゃないでしょうか」


◎レジナルド・ウォーレン選手;(ライジング福岡)
Q:試合を振り返って
「非常にタフなゲームだったと思います。最後の最後まで島根は諦めずに戦ってきました。我々は3Qまでは非常に調子よくプレーできたと思っていますが、第4Qはチームとしてプレーができませんでした」

Q:第4Qだけ、全く自分たちのバスケットが出来なかったわけですが、どういう所に問題があったと考えていらっしゃいますか?
「第3Qまではハードなディフェンスが出来ていたのですが、第4Qは、それが出来なかったですし、オフェンスで見れば、自分たちが得意とするトランジションの速い攻撃が出来なかったことも問題でした」
Q:課題がありながらも2連勝です。その点についてはいかがですか?
「気持ちとしては素晴らしいと思っています。去年は開幕で3連敗して思うように勝てなかったのですが、今シーズンは上手く勝てたので、これを続けて、チームとしてまた良くなっていこうと思います」
Q:目指すところは一番高いところだと思うのですが、そのために、シーズンを通して大事にしたいことは何でしょうか?
「まずはやはりディフェンスが鍵になると思います。自分たちが激しくディフェンスすることで相手のオフェンスもやりづらくなるからです。そして、そのディフェンスのあとのオフェンスへの切り替えも大切です。ディフェンスをした後に、しっかりとチームが走ることが出来れば、他のチームは、我々と戦うのが非常に嫌になると思います」


Comments

Body

123456789101112131415161718192021222324252627282930 11