INSIDE WEB

 

これがライジングのバスケット

130518_01.jpg bjリーグ カンファレンスチャンピオンシップ
日時/2013年5月18日(土)
14:10 tipoff
会場/有明コロシアム
結果/福岡 83-66 京都
取材・写真/中倉一志

●仲西淳選手;(ライジング福岡)
Q:試合を振り返って
「京都さんは、プレイオフで滋賀、沖縄をアウェイの雰囲気の中で勝ってきたチームなので、すごく注意をして、しっかりと準備をしてきましたが、その準備してきたこと、対策してきたことを全部出せたことが勝利につながったのではないかと思っています」

Q:第3Qが勝負を決したと思います。
「ゲーム全体で見てみたら、第1Qは、すごくいいディフェンスができて自分たちのリズムになって一気に差を広げたと思いますが、第2Qは向こうのペースに持っていかれて、ハーフタイムを同点で迎えたという内容でした。けれど、バスケットボールは波があるスポーツなので、自分たちは何が起きても、自分たちがやることを見失わずに、ぶれずにやっていこうとシーズン中からずっとやってきたので、ハーフタイムに、それを思い出してやっていこうと話していました。後半が始まるとき、キャプテンとして、まず自分が一番最初に形にしなければいけないと思っていたので、ディフェンスにアグレッシブに行った結果、チームに流れを持ってくることができたと思っています。そして、そのままリードを奪われることなく、自分たちのペースで試合を運んで勝利することができたと思っています」

Q:ディフェンスの意識は、これまで以上に強いものがあったのでしょうか?
「そうですね。いままでオフェンシブなチームと言われ続けてきて、得点を取れる選手がいて、100点ゲームに近い試合をして、得点のアベレージも常に1、2位を争うというような得点力があった半面、100点取っても負けるという試合もありました。やはりバスケットボールはディフェンスで試合に勝つというのが基本だと思いますし、金沢HCからも、シーズンを通してディフェンスを強化していくという話もありました。ディフェンスは技術ではなく気持ちでやるものだと思っていますが、それを、自分がキャプテンとしてチームに伝えたいと思い、それが形になり、相手の得点を抑えることができるようになり、ロースコアでも勝てるという試合が何試合かありました。今シーズンは、新しい、ステップアップしたライジングになったんじゃないかと思います」

Q:ファールトラブルがあって第2Qで出られない時に同点に追いつかれたわけですが、後半は、どんな気持ちでコートに立ったのでしょうか?
「仰るとおり、ファールトラブルもあって、個人的にはペースがつかめない試合ではあったんですけれども、コートの上で仕事をすることはもちろん、キャプテンとして、ベンチにいる時もやるべき仕事がありますし、それをしっかりとやると決めていました。チームの精神的な軸になるように、ベンチで、しっかりと声を出すのも自分の仕事なので。そして、第3Qにコートに入るときには、自分からディフェンスしてリズムを作ると言いきかせていましたし、それはアグレッシブにできたと個人的には思っています。それが、しっかりとチームに伝わって、すごくいいディフェンスで勝利することができたと思っています」

Q:明日の試合に向けて、どのような試合をしたいと考えていらっしゃいますか?
「今日の試合は今日の試合。明日の試合は明日の試合。どちらのチームと対戦することになっても、ライジングらしいバスケットをして、いい結果を残して、シーズンを終わらせたいと思います」

Q:5年前の試合と比べて、ブースターの数が全く違っていたと思います。それに関しては、どのようなお気持ちですか?
「ウォーミングアップでコートに立った時から、たくさんのブースターさんが来てくれていて、自分たちのことを応援してくれて、自分たちのことを後押ししてくれて、本当に力になりました。5年前に比べたらブースターさんの数もすごく増えて、自分たちが歩んできた道は間違ってなかったと感じています。これは、ライジング福岡がプロバスケットチームとして、福岡に根付いてきた証拠でもありますし、自分たちがやってきた努力の結果だとも思うので、応援してくださる方たちの前で、明日はいいパフォーマンスをして、みんなで喜びを分かち合いたいと思います」

Q:喜びを分かち合うだけではなく、福岡にライジング福岡の存在を、もっと、もっと、知らしめる舞台が整いました。
「チャンピオンシップを取って、もっと、もっと福岡に、福岡だけではなく九州に、全国に知ってもらい、そして、バスケットボールが広がって、もっと、もっと、多くの方がバスケットを見に来てくれたらと思います」

Q:記者会見の時に、どうしても優勝したい。そのメンバーがそろっているとおっしゃっていましたが、自信はいかがでしょう?
「チームのひとり、一人が気持ちを一つにして、今日も、誰かかが勝利したのではなく、チームワークで勝った試合ですし、それはここ1年間やってきたことでもあります。明日の試合も、みんなの力で勝って喜びを分かち合いたいと思います」


●加納督大選手;(ライジング福岡)
Q:今の気持ちを教えてください
「今日の試合に勝ち、あとひとつという気持ちでいます」

Q:今日の試合は持ち味であるディフェンス力が発揮できたと思います。
「最初から、みんなでディフェンスからだと言っていたので、いいところでボールを奪って、そこから速攻で点を取って、そこから、いい流れになったのではと自分でも思います」

Q:有明の舞台はいかがでしょうか?
「今までとは雰囲気がまったく違うところなので、すごく楽しもうと思っていました。楽しめて良かったと思います」

Q:勝負の流れを決めた第3Qで3つのスチールがありました。意識しながら臨んでいたんですか?
「意識というよりも、第2Qが悪くて追いつかれてしまったので、第3Qの最初からディフェンスで流れを掴んでやろうという気持ちがあってので、あの場面で3つ続いて良かったのかなと思います。気持ちはみんな一緒で、オフェンスではなく、ディフェンスからということだったので、それが良かったと思います」

Q:バスケット人生で、10分間、相手をフィールドゴール(フリースローを除くゴール)0に抑えるというのは、中々ないことだと思いますけれど、それについては何か思うところはありますか?
「試合が終わって、そうだったんだなと思ったくらいです。その時は、みんな集中していて、チームで守るという気持ちでやったから、そういう結果になったんじゃないでしょうか。プレーしているときは、点を取られていないということには気が付いていませんでした」

Q:第3Qで日本人が3人になったので、ディフェンスに集中しやすかったということがあるのでしょうか?
「日本人が3人出た時は、そこで上手くヘルプしようとは言っています。レジーも、いつも言っているんですが、まずはディフェンスからだと。いい時はディフェンスがいいし、悪い時はディフェンスが悪いと。だからディフェンスをしっかりやろうと。ですから、明日も、最初からディフェンスを意識して、チームとして戦いたいと思います」

Q:いよいよ、あとひとつです。
「はい。チャンピオンになって福岡に帰りたいと思います」


●竹野明倫選手;(ライジング福岡)
Q:試合を振り返って
「本当にチーム全員で戦って、相手の止めなければいけないところを止めたことが、こういう結果になったと思っています。決勝の舞台に立って試合ができる機会が得られたので、試合が終わった瞬間に、『明日だ、明日だ。もう1試合だ』と全員で口をそろえて言っていました。あと1試合頑張りたいと思います」

Q:ずっと言ってきたディフェンスが形になった1試合、形になった第3Qだったと御もいます。
「1試合通して、全員が口をそろえて、ディフェンスからだ、ディフェンスからだと言いあっていました。それ相応の練習もしてきましたので、練習通りのディフェンスができて、しっかりと止められたと思います」

Q:ブースターの声援は予想以上だったのではないでしょうか?
「そうですね。すごくたくさんの声援をいただいたし、こちらのシュートが決まるたびに大歓声を上げていただいた、本当に心強かったです」

Q:支えてくれている人たちに恩返しができる舞台が整いましたが、明日は、どういうバスケットを見せてくれますか?
「相手がどちらかは分からないですが、ライジングのバスケットを貫き通すだけです。そうすれば結果が付いてくると信じているので、頑張っていきたいと思います」


●レジー・ウォーレン選手;(ライジング福岡)
Q:シーズン前から狙っていた最後の舞台にたどり着きました。まずは率直な感想を聞かせてください。
「今シーズン、ずっとハードワークしてきた練習の結果が出て良かったと思います。自分たちだけではなく、コーチ、スタッフ、選手全員でチャンピオンシップを取ろうと言ってきたので、素直にうれしく思います。残り1試合を戦い切って、チャンピオンシップを取れるように頑張りたいと思います」

Q:試合が終わった瞬間、いつものように選手に声をかけていましたが、どんな話をしたのですか?
「勝ったことはうれしいのですけれども、最後に1試合残っているので、そこで勝たなければ意味がない。喜ぶのは少しだけにして、この瞬間から明日の試合に集中しよう。我々はやるべきことを、精一杯ハードワークしようと言いました」

Q:第1Qのリードを第2Qで追いつかれての後半でしたが、ハーフタイムには、どんなことを話し合っていたのですか?
「第1Qはいいディフェンスができました。本当に素晴らしかったと思います。けれども、それが 第2Qではできませんでした。ですから原点に戻って、第1Qにやったディフェンスを後半はやろうということでした。ディフェンスが鍵になるのだという考えをチーム全体で共有しました」

Q:課題が出るたびに、次の試合で修正するということを繰り返しながら、チームは成長してきましたが、その集大成のような試合でした。
「自分はbjリーグで長くプレーしているので、コミュニケーションをとって、課題を修正していくことが大事だということを分かっています。その成果が出たレギュラーシーズンでしたし、その成果が出た今日の試合だったと思います」

Q:福岡から大勢のブースターの皆さんが応援に駆けつけてくれました。
「すごく力になりました。ブースターのおかけでエネルギーをもらい、自分たちの力を出すことができました。わざわざ遠いところ待て来てくださって、本当に 感謝しています。皆さんのおかげでいいプレーができました。福岡のブースターは本当に素晴らしいブースターです」

Q:いよいよ、目標まであと1試合になりました。意気込みを聞かせてください。
「自分たちの目標に向かってやり続けるだけです。目標とはチャンピオンシップを取ること。それを実際に取ることに向かって突き進み、チャンピオンになって、今シーズンを完結させたいと思っています。チャンピオンシップを取るということは、ブースターの方も切に望んでいることだと思いますし、自分のキャリアを振り返っても、チャンピオンになるのは初めてのことなので、最後に嬉しさを共有できればと思います」


Comments

Body

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 12