INSIDE WEB

 

ライジング福岡 頂点まであと1勝

130518_01.jpg bjリーグ
ウエスタンカンファレンスチャンピオンシップ
日時/2013年5月18日(土)
14:10 tipoff
会場/有明コロシアム
結果/福岡 83-66 京都
取材・写真/中倉一志

●金沢HC;(ライジング福岡)
Q:試合を振り返って
「こういった有明の大舞台で、選手、スタッフ、そして応援してくださるブースターの皆さんと一丸になって 、一つになって勝利をおさめられたことを、本当に嬉しく思います。また、京都ハンナリーズさんも、最後まであきらめない、素晴らしいプレーだったと思います。我々はウエスタンカンファレンスの代表になったわけですから、他のウエスタンカンファレンスのチームの思いを一つに背負って、またあした、チャンピオンシップという大きな、そして我々の最終的な目標に向かって戦っていきたいと思います」

Q:今の率直な感想をお願いします。
「まずチャンピオンシップに挑戦できる最後のファイナルの舞台を勝ちとれたことを嬉しく思います」

Q:昨日の記者会見で、オフェンスについて、2パターン、3パターン、様々な形を試して、最後は、またファーストパターンに戻ってでも勝ちたいとおっしゃっていましたが、最初から、それができたのは、選手が積み重ねてきたものを改めて実行下選手の頑張りではないかと思いますが、HCはどのように感じていらっしゃいますか?
「その通りだと思います。今シーズンは明日、最後のファイナルで最後を迎えるわけですが、レギュラーシーズン52試合、そしてプレイオフのゲーム、すべてが明日のファイナルに集約する形でライジングとして積み重ねてきました。レギュラーゲームのひとつ、ひとつのゲーム。勝ったゲームも、負けたゲームもあります。負けたゲームであっても、それを積み重ねてきましした。ですから、明日はチャンピオンシップに届くように、積み重ねてきた全てを出して戦っていきたいと思っています」

Q:勝負を決めた第3Qですが、何が決め手になったと思われますか?
「やはりディフェンスだったと思います。今シーズンのライジングはコンセプトとして、今までどおり、オフェンシブなチームを目指すという部分は変わらないんですが、そのためには、ひとつの武器として、ディフェンスからオフェンスにつなげていくことが必要だと考えていました。ですから今シーズンは、ずっとディフェンスがキーになっていましたが、それが、カンファレンスファイナルの第3Qで出せたということだったと思います」

Q:日本一を決める戦いまで残り30時間を切りました。何をなさいますか?
「各自、それぞれに役割分担があります。私であれば、明日のゲームに向けての戦術的な準備、チーム全体のマネジメントがあります。選手は今日のダメージを回復し、明日のための心身ともにコンディションを作っていく必要がありますし、スタッフに関しても、トレーナー、マネジャーにそれぞれのマネジメントがあります。そういった準備をしっかりと、そして、すべてを整えた上で、戦いに臨みたいと思っています。結果がどっちになるのかは、運なのかも知れませんし、まったく分からないので、それを気にするのではなく、やるべき準備をすべて整えること。それをやっていきたいと思います」

Q:明日は今日以上に特別なゲーム、特別な雰囲気になると思います。メンタル面をどのようにコントロールされるのでしょうか?
「ファイナルの独特な雰囲気やプレッシャーはあると思います。それは特別なことではなく、当然のことなのだと自分たちで飲み込むことがひとつ。そして、そういう雰囲気になったからと言って、我々がやることは変わりません。自分たちがどうなるのだろうか、結果がどうなるのだろうかと、先のことを考えても不安になるだけですし、そもそも、結果は終わってから考えることだと思っています、ですから、ワンプレー、ワンプレー、そして、一瞬、一瞬で何をやるのか。自分たちがやるべきことをやるのだということにフォーカスしていきたいなと思います」

Q:今日はディフェンス面において、日本人選手の活躍が鍵を握ったように思います。日本人選手の評価をお願いします。
「日本人選手の活躍は素晴らしいの一言に限尽きると思います。出る選手、出る選手が、それぞれの役割を果たしてくれました。みんながチームのすべきことをやりながら、自分たちの個性を発揮してくれました。レギュラーシーズンを通して日本人選手の活躍は素晴らしいと思っていましたし、シーズンを通して、精神的に支柱になるのは日本人選手、そこを軸にしてチーム編成をしてきましたが、この大きな舞台で、レギュラーシーズンと同じように、自分たちのやるべきことをやりとげ、そして勝利を掴んだということは素晴らしい結果でした。彼らを本当に誇りに思います」

Q:第1Qのリードを第2Qで追いつかれて前半を終了しましたが、ハーフタイムには、どのよな指示を出されたのでしょうか?
「第2Qに京都さんの反撃にあっった理由は、ミスからのファーストブレイクからレイアップを決められたり、ドライブからのレイアップ、バックカットからレイアップに持っていかれたりと、ディフェンスの間隙を衝かれるような形で、ペイントのところを攻められてしまったということがありました。ですから、そこを反省して修正しようという指示を出しました。もうひとつは、オフェンスに関して、いいディフェンスをするには、いいオフェンスで終わらなければいけないということで、自分たちが準備してきたミスマッチをしっかりと攻めて、そこをつぶされたら、他の選手がセカンドオプション、サードオプションになって、そしてまたファーストオプションに戻る、そういった指示を出しました」

Q:第3Qは流れの中から得点を奪われなかったという結果になりましたが(相手のポイントはフリースローの1点)、その要因はどのように考えていらっしゃいますか?
「選手それぞれがチームディフェンスをする中で、絶対に点を取られたくない選手の個性をしっかりと消して行こうということでしたが、チームディフェンスと個人ディフェンスの兼ね合いが非常に素晴らしかったと思います。選手が、ワンプレー、ワンプレー、一瞬、一瞬に最善を尽くしてくれたことを誇らしく思っています。チームディフェンスと、相手の個性をつぶす役割を、一人、一人がやってくれた、それが得点を奪われなかった要因です」


Comments

Body

123456789101112131415161718192021222324252627282930 09