INSIDE WEB

 

【フットボールな日々】序盤の大一番 どう戦うか

取材・文・写真/中倉一志

 ぐずぐずしていたら、もう17日(汗)。今日はアビスパにとっての序盤戦の大一番である京都戦を迎えます。京都は2試合を終えて勝点2。大阪に3失点、東京V戦は圧倒的に攻めながらもドローという結果は、ある意味、京都らしいなという印象を持っていますが、それでも、京都がJ1昇格争いを引っ張っていくであろう実力を有していることは誰もが認めるところ。京都にとって、どうしても勝点3が欲しい試合は、福岡にとっては簡単な試合ではないことは明らかです。

 そんな試合を控えて、マリヤン・プシュニク監督は次のように話しています。
「東京V、山形と手強い相手に対して2連勝したのは素晴らしい結果。しかし、この状況を続けていかなければ、この結果も意味をなさなくなってしまう。対戦相手の京都は、ここまでの試合やデータを見る限り、G大阪、神戸、札幌、東京、千葉と並んで、間違いなく上位3チームを争う実力を持ったチーム。そのチームに対して、どういう戦いが出来るのか。京都戦は選手にとって大きなテストになる」

130317_02.jpg
130317_03.jpg
 最大の注目点は、プシュニク監督がどのような采配を振るうかにあります。チームの成熟度、そして、個の能力の単純な比較なら、京都が上回っていることは認めざるを得ません。その中で、どうやって勝利を手繰り寄せるのか。とりわけ、狭いスペースでの局地戦を得意とする京都に対して、真っ向勝負を仕掛けるのか、それとも守備重視の戦い方を仕掛けるのかは非常の興味のあるところです。

 京都の攻撃を怖がって守りを固めれば、相手にスペースと時間を与えることになり、京都の攻撃が活性化するのは目に見えています。もともと、狭いスペースをこじ開けることを得意としているチーム。引いている相手を崩す方法は持っていると考えた方がいいと思っています。そして、どんなスポーツでも、相手の弱点は、相手の最も得意とする場所のそばにあるもの。今のアビスパが持っているハイプレッシャーという武器を使って、高い位置で局地戦を挑むことが、最も勝利の確率が高いのではないかと考えています。はめれば福岡の勝利。はがされれば京都の勝利。結果は両極端なものになるかも知れませんが、勇気を持ってチャレンジすべきだと考えています。

 さて、当のプシュニク監督の考えはどのようなものなのか。練習後の囲み取材に答えて「簡単に言えば、我々がたくさんシュートを打って、相手にはシュートを打たせないこと。まあ、それをどうやってやるかということだけれどね」とニヤリと笑って報道陣を煙に巻いていましたが、ただ、やみくもに真っ向勝負を挑むだけではないことは確か。コンディション不良で複数の選手が出場できないことが確実視される中、選手起用、ポジション変更と併せて、どんな戦いを見せてくれるかに注目したいと思っています。

130317_04.jpg 130317_05.jpg 130317_06.jpg


Comments

Body

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10