INSIDE WEB

 

【J2第1節 東京V-福岡】新生アビスパ 発進!

2013Jリーグ Div.2 開幕戦
日時/2013年3月3日(日)14:00
会場/味の素スタジアム
結果/東京ヴェルディ 0-1 アビスパ福岡
取材・文/中倉一志

 尾亦弘友希の左足が唸る。低く、速いクロスボールが、きれいなカーブを描いてゴール前を襲う。そこへ、動き直した城後寿が飛び込んだ。「オマさんがいいボールをくれた。自分のマークについていた選手がボールウォッチャー気味だった」(城後)。次の瞬間、頭で捉えたボールが鮮やかにゴールネットを揺らす。ゴール裏で声援を送り続けたサポーターの下に一直線で走る城後。その城後に先導されて選手たちが続く。選手が、サポーターが、胸のエンブレムを叩き、拳を振り上げ、そして雄たけびを挙げる。この瞬間のためにプレーした73分。選手が、サポーターが、そしてアビスパに関わるすべての人たちが待ち望んでいたゴール。それは、「チームはピッチにいる11人だけで成り立っているのではない」と話すプシュニク監督の言葉通り、アビスパに関わるすべての人たちの想いで奪った決勝ゴール。まさしく、新生アビスパを象徴するゴールだった。

 シュート数はアビスパの7本に対して東京Vの14本。ボール支配率は東京Vが61.9%(Football LABのデータによる。http://www.football-lab.jp/fuku/report/)と、一方的に上回った。数字だけを見れば、アビスパがワンチャンスを活かしたようにも見える。しかし、すべてはアビスパの計算通り。開幕戦での勝利にこだわるマリヤン・プシュニク監督と選手たちが思惑通りに試合を進め、その結果、勝利を手にした1戦だった。
 この日、プシュニク監督が打った最初の手は、4-3-3の布陣の右ウイングの位置に、右SBの宮本卓也を起用することだった。狙いは、東京Vの両サイドの攻撃を封じ込むこと。さらに、新生アビスパの代名詞にもなっている高い位置からのハイプレスを封印。自陣に下がってブロックを敷く、いわゆるアウェイの戦いに徹した。前半は、これが奏功。東京Vにボールは持たせても、危険なゾーンに入ろうとする東京Vに対して数的優位を作ってプレッシャーをかけてボールを奪って行く。前半はスコアレス。攻め手に欠くという問題も残ったが、それでも、狙い通りの展開で後半へと折り返した。

 後半に入ると、互いに前への意識が高くなる。ここで主導権を奪ったのは東京V。個の力でアビスパのプレッシャーをかわし、前からボールを奪いに行ってバランスを崩したアビスパの中盤のスペースを使ってゴールに迫る。ゲームの起点になるのは高い位置でボールを収める高原直泰。そして、鈴木惇が巧みな配給でゲームを作り、中島翔哉、常盤聡らがゴールを狙う。だが、アビスパはゴールを許さない。どこまでもボールに喰らいつき、体を張り、最後は神山竜一が厚い壁になってボールをはね返していく。苦しい時間を我慢すれば、やがてチャンスがやってくる。選手たちのプレーからは、そんな確信めいたものが伝わってくる。

 そして55分。ここが勝負とばかりにプシュニク監督が動く。まずは石津大介に代えて坂田大輔を投入。「攻めろ」という意思を伝える。さらに62分には船山祐二に代えて西田剛をピッチに送り出し、前への力をチームに与える。そして、選手たちは監督の意思を確実に実行していく。懸命に走り回る坂田。相手のプレッシャーを受けながらもボールを渡さない西田。そのプレーに励まされるかのように、チーム全体が前へ出る機会が増え、少しずつ、少しずつ、流れがアビスパへと傾いていく。やがて戦局は互角に。そして、アビスパが自分たちの攻撃の形を披露する時間が増えて行く。決勝ゴールのきっかけになったCKを奪ったシーンは、まさにアビスパが取り組んでいる攻撃の形が実ったもの。既に、ピッチの上にはアビスパの得点の匂いが漂っていた。そして冒頭の決勝ゴール。アビスパは最高の形で2013シーズンをスタートさせた。

「選手たちには、お疲れさまと言いたい。声を出して、前に出て、素晴らしいプレーを展開してくれた」と開口一番に話したのはプシュニク監督。私を含めて、福岡側メディアさえも騙した先発メンバーと布陣。交代策で流れを奪い返した采配。その手腕は見事だった。ただ、それだけでは勝利は奪えない。チームが始動してから50日間。絶対に変わるという強い意志と、危機感を前向きのパワーに代える勇気を持ち、日々、成長するためにトレーニングを重ねてきた選手たちの力があってこその勝利。随所に、アビスパは変わったのだというプレーを見せたのも、彼らの強い気持ちがあったからに他ならない。

 だが、誰も浮かれてはいない。まだ新しいサッカーの成熟度は決して高くはない。もっと、もっと突き詰めなければいけないことがある。そして、試合が終わってしまえば、それは単なる過去の出来事にしか過ぎない。大事なことは次の試合。そして、自らを成長させ続けることだと知っているからだ。次節はホーム開幕戦。東京V戦から、さらに成長した姿を見せてくれることに期待したい。

 さて、開幕戦でアビスパが見せた変化とは何だったのか。それはまた後ほどのブログで。


Comments

Body

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10