INSIDE WEB

 

【美酒佳肴】我が懐かしの上野

130116_01.jpg 文・写真/中倉一志

 たまには息抜きに…。
 東京はいろんな顔を持っています。大きなオフィス街と繁華街が集まる中心部。東へ進めば新興住宅街。西へ向かえば、いわゆる下町が広がり、昔ながらの人情あふれる空間が残っています。同じ東京でも、場所によって、住む人の文化や風習が違う町。東京はひとくくりでは語れない町でもあります。そんな中で私が最も好きなのが下町。子どもの頃、3年ほど下町中の下町に住んでいたことや、かつて勤めていた某生命保険会社の上野支社に5年もいたこともあり、何だかホッとする場所だからです。

 ということで、東京遠征の際は下町情緒を楽しむのが常。そして、昨年末からの取材遠征でも、上野、浅草界隈を放浪していました(笑)。そして、東京で1人で過ごすクリスマスイブは上野。上野と言えば上野駅から御徒町駅へ続く線路沿いのエリア「アメ横」です。暖簾をくぐったのは、アメ横らしいガード下のお店「豚坊(とんぼう)」。初めての訪問です。まずは、ガード下の定番「煮込み(210円)」を肴に「ホッピー(370円)」で喉を潤します。さて、何を肴にしようかな。

 この店は刺身も新鮮だそうで、店員さんも、まずは刺身類を進めてきます。けれど、私の狙いは焼きとん(2本210円)。まずは「ナンコツ」と「ガツ」です。ナンコツは何と言っても歯応えが魅力。こちらのナンコツは骨の固い部分と、気管の部分の組み合わせ。違った歯応えを楽しめます。そして、ミノのように程良い噛み応えがありながら、サクッと歯が通るのがガツ。焼きとん好きなら外せない一品です。塩加減も良し。食べながらニヤニヤしているのが自分でも分かります(笑)。やっぱり、下町酒場の王道は焼きとんです。

130116_02.jpg 130116_03.jpg 130116_04.jpg

 替中身(160円)を注文しながら「タン」と「カシラ」を追加。関東でタンと言えば豚タンで、一番人気を誇るのが「カシラ」(豚のこめかみ)です。その味を噛みしめながらホッピーで流せば、幸せな気持ちが広がっていきます。同時に気持ちも大きくなってきたので、程々に切り上げて2件目に行くことに。そして、アメ横ファンなら誰でも知っている「肉の大山」を覗きます。焼き場の前は立ち飲みスペース。焼き場の奥はレストラン。当然チョイスは立ち飲みスペースです。

 注文は「つくね(100円)」と「かわ(100円)」。「つくね」は軟骨を叩いたものが練り込まれていて、そのアクセントが美味。「かわ」は、店によって、カリカリに焼いたものと、柔らかさを残したものに分かれますが、ここは後者。私の好みの「かわ」です。そして飲み物は「バイスサワー(300円)」。焼酎を紫蘇の炭酸ジュースで割ったもの。さわやかな風味が口の中に広がります。そして、肉の大山で外せないのが「やみつきメンチ(100円)」。値段の安さもさることながら、あふれ出る肉汁がたまりません。さすが、肉屋が営業する店。名前の通り、やみつきになること間違いありません。

 さて、仕上げは、肉の大山から歩いて数メートルのところにある「神田達磨」の「たい焼き(140円)」。女性を中心ににぎわう店で、夜でも、ひっきりなしにお客さんがやってきます。私は、飲んだ後に甘い物を食べることは滅多にないのですが、何だかクリスマス気分も手伝って衝動買い。薄い皮に包まれた熱々の餡子と、パリパリの羽を楽しみました。久しぶりに堪能した上野の夜。やっぱり、自分にはおしゃれな店ではなく、こういう場所が一番だと再認識した夜でもありました。

130116_05.jpg 130116_06.jpg 130116_07.jpg
130116_08.jpg 130116_09.jpg 130116_10.jpg


Comments

Body

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 12