INSIDE WEB

 

【高校サッカー】熱戦を制した星稜 準決勝へ

130105_02.jpg 第91回 全国高校サッカー選手権大会 準々決勝
日時:2013年1月5日(土)14:10 kick off
会場:フクダ電子アリーナ
結果:星稜 1-1(PK5-4) 東海大仰星
写真/文:サカモト マコト

 勝負強さを持ち合わせた両校の対決は、まさに死闘となった。
 まず、流れを掴んだのは星稜だった。開始3分に、右サイド井田遼平のクロスに合わせた釆女優輝のヘディングが右ポストをかすめる。さらにその2分後、ゴールまで30メートルはあろうかと思える地点から植田裕史が狙ったロングシュートが東海大仰星ゴールを脅かす。「星稜のボールを回す距離感、動きが良かった」と話すのは中務雅之監督(東海大仰星)。東海大仰星は、まずは我慢しながら時間を過ごす。

 しかし、必ずしも攻勢のチームに得点が生まれるとは限らないのがサッカーというスポーツ。そして、星稜の攻撃を凌いでいた東海大仰星に、思わぬ形で先制点が生まれた。前半も終わろうとした39分。星稜にアクシデントが起こる。「ピッチが粘っこく感じて、思う様に転がらなかった」(置田竣也・東海大仰星GK)。味方から受けたバックパスを、味方へつなごうとしたが、ボールは転がらずにペナルティエリア内に止まる。それを、東海大仰星FW日下部孝将は見逃さなかった。ボールを奪ってゴール前中央の田中翔にパス。そして田中が落ち着いてゴールへ流し込んだ。前半は1-0。耐えた東海大仰星が1点のリードで折り返した。

 1点を追う星稜は、後半に入ると稲垣拓斗に代えて寺村介、村上駿に代えて今井渓太を投入。さらに攻撃のギアを上げて攻め込んで行く。しかし「前半は苦しんだが、後半は自分達のリズムで戦えた」とは東海大仰星の萬雄大。1点をリードして自分たちのサッカーを取り戻した東海大仰星も、高い集中力で星稜の攻撃を阻み、チャンスを与えない。中盤で激しくボールを奪い合う両チーム。一進一退の攻防は、いつ終わるともなく続いていく。

 そして、この試合2度目のゴールが星稜に生まれる。後半17分。小林想がスライディングで奪ったボールが井田の足下へ渡ると、井田は相手DFを振り切ってゴール前にクロスを送る。ゴール前ファーサイドへ飛び込んできたのは後半からピッチに立った今井。相手DFともつれるようにして左足で合わせてゴールネットを揺らした。「同点、逆転出来ると思って、ベンチも含めて戦っていた。同点後も、まだ点を取りに行く気持ちだった」と話すのは井田。星稜は一気に勝負を仕掛けに前へ出る。

 だが、東海大仰星も負けてはいない。敵将・河崎譲監督をして「掴みどころが無い相手で、試合を落ち着かせる事が出来なかった。中盤でのアプローチが早かった」と言わしめたように、星稜の猛攻をしのぎながら次の1点を狙う。決定的なチャンスは30分、39分。しかし、星稜GK置田のファインセーブに、そしてポストに嫌われて、こちらもゴールが生まれない。さらにアディショナルタイムにも左サイドから崩して決定的なシーンを作り出したが、放ったシュートはGK置田の正面。そして、主審の笛が吹かれ、熱戦の行方はPK戦に委ねられる事になった。

 準決勝進出チームを決めるPK戦では、先行・東海大仰星の萬雄大が放った右隅へのシュートを星稜GK置田がセーブ。その後、両チームともに確実に決め、星稜5番手のキッカー・今井が左隅に決めて熱戦に終止符を打った。

「自分のミスで失点してしまったが、PK戦の前に監督から頼むぞと言われた。もう一度、仲間と戦いたいいう思いで挑んだ」と試合を振り返るのはGK置田。それはともに戦う仲間も同じ気持ちだった。ひとつのミスを全員でカバーし、苦しい戦いの中で勝利を掴んだ星稜。今では日本代表の押しも押されもせぬエースとなった本田圭佑選手を擁してベスト4入りした第83回大会以来、2度目のベスト4進出は、全員で勝ちとった勲章だ。しかし、戦いはまだ終わらない。第83回大会では準決勝で敗れているが、井田は「本田選手を超えるのが皆んなの気持ち。日本一が目標」と話す。目指すは、その先にある頂点だ。

 そして、敗れたとはいえ、東海大仰星も見事な戦いぶりだった。「全員サッカーを全国の舞台でやれた」(萬・東海大仰星)。あと一歩で国立の夢は途絶えたがと、その戦いぶりが色褪せる事は無い。


Comments

Body

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10