INSIDE WEB

 

【高校サッカー】長岡強し 中津東を一蹴

130102_02.jpg 第91回 全国高校サッカー選手権大会 2回戦
日時:2013年1月2日(水)14:10 kick off
会場:埼玉スタジアム2002
結果:中津東 0-3 帝京長岡
写真/文:サカモト マコト

 埼玉スタジアムでの2回戦・第2試合では、この試合が大会初戦となる中津東と帝京長岡が対戦した。
 3年ぶり2回目の出場となった中津東(大分)は堅守が持ち味。県予選でも、準々決勝以外の4試合では無失点で勝利を収めている。システムは4-4-2。GK野添良太、CBの小倉政彦と杉園恭平を中心にゴール前に蓋をして、そこから県予選4得点と爆発した赤岩郁弥のスピードを生かしたカウンター攻撃で得点を狙う。
 対する7年ぶり3回目の出場の帝京長岡(新潟)は4-2-3-1の布陣。アルビレックス新潟に内定している小塚和季を中心に、攻撃陣にタレントが豊富で、県予選5試合で23得点と爆発した。目指すスタイルは「人もボールも動くサッカー」。チームの連携度は高い。その特徴を生かして、まずは全国大会初勝利を目指す。

 立ち上がりの攻勢は中津東。シンプルな攻撃でシュートまで持って行く。対する帝京長岡は、中津東のマンマークの守備に手を焼いてシュートまで持ち込めず、我慢の時間が続くが、左サイドから仕掛ける小塚が、少しずつ、少しずつ、チームに本来のリズムを取り戻させていく。やがて試合の主導権は帝京長岡が握る。14分、24分の決定機は中津東の堅守に防がれたが、37分、ついに、中津東の固いゴールをこじ開けた。
 ゴールを決めたのは長坂拓海。前線のターゲットマン山田貴仁に当てたボールを拾った三田陽介が、ゴール正面左でフリーになっていた長坂にラストパス。「コースは狙っていた。しっかり決められて良かった」と話す長坂は、ボールとGKの位置を視野に捉え、ダイレクトでゴール右上へ突き刺した。対する中津東も前半終了間際のCKのチャンスに畝本諭が頭で合わせるもゴールならず。前半は帝京長岡が1点のリードで折り返した。

 後半最初のチャンスは中津東。後半1分、右CKをトリックプレーから福井智也が頭で狙うがクロスバーを越える。そして、後半最初の得点は帝京長岡。後半の5分、ショートコーナーから、小塚、丸山晃生、そして再び小塚と、細かいパスをつないでペナルティエリアに進入すると、最後はラストパスを受けたDF滝沢秀哉が左足を振り抜いた。ここまで、再三に渡って攻守を見せていたGK野添も、混戦の中でブラインドになったシュートには、反応することが出来なかった。

 後がなくなった中津東は後半9分に大久保省吾から山本隼人、後半20分には、泉俊哉に代えて中島大輔を投入。そして、ようやく本来のリズムを取り戻し、帝京長岡ゴールに迫る時間帯を作る。しかし、帝京長岡のセンターラインは固く、中津東は攻撃の糸口を見つけられないままに、時間だけが過ぎて行った。
 そして、アディショナルタイム。この試合を締めくくるゴールが帝京長岡に生まれる。40+3分、小塚のショートコーナーから、丸山が受けて、再び小塚に渡すのは、帝京長岡の2点目と同じパターン。小塚がペナルティエリアの左角付近で右足を振り抜くと、鋭い弾道を描いたシュートがゴールネットに突き刺さる。GK野添にはノーチャンス。鮮やかなゴールだった。

 この日の中津東は、帝京長岡の山田貴仁、小塚、長坂の3人にマンマークを付けて対応。狙いは、持ち味である守備をベースにして先制点を奪うことにあったが、「先に点を奪われてプランが崩れた。相手の方が、技術やスピードが上だった。その部分を課題として、また戻って来たい」と、松田雄一監督は、残念そうに試合を振り返った。そして「この舞台で力を出したかった。後輩達には、来年は全国で戦えるチームになって、この大会に戻って来て欲しい」と話したのは山本卓人。前日の練習で負傷したキャプテンは、憧れの全国の舞台でプレーできずに涙を流した。その涙は後輩たちへのエールでもある。必ずや、来年に向けての糧になるはずだ。

 さて、0-3と中津東に圧勝した帝京長岡は、前評判通り、多彩な攻撃陣がチームを牽引して初戦を突破。3回目の出場にして全国大会初勝利を手にした。また、この日の試合では、県予選で活躍した星田、永井はベンチスタート。その技術、連携の高さに加え、選手層の厚さも感じさせる戦いぶりだった。新潟県勢の過去最高成績は、第63回大会の新潟工業のベスト8。そして帝京長岡は、県勢の最高成績を更新する全国の頂点を目指している。強豪ひしめきあう全国の舞台を制することは簡単ではないが、帝京長岡が、それを目標にするに足る実力を十分に有していることを示した1戦だった。


Comments

Body

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 12