INSIDE WEB

 

【高校サッカー】未来につなぐゴール

第91回 全国高校サッカー選手権大会 1回戦
日時:2012年12月31日(月)14:10 kick off
会場:浦和駒場スタジアム
結果:前橋育英 5-1 宮古
写真/文:中倉一志

「積小為大」(小を積みて大と為す)。それが宮古高校(沖縄)のモットーだ。島内にサッカー部があるのは宮古を含めて2校だけ。離島というハンデキャップを抱える中では、他の地域に出かけて行って練習試合を行うこともままならない。社会人主体の宮古リーグに参加して試合経験を積み、考えて動ける選手になるべく、常に試合を意識して行動してきた。そして、自分たちのやれることをコツコツと積み重ねて、12年ぶり2回目の舞台へとやってきた。

 対戦相手は、2年ぶり17回目の出場となる高校サッカー界の強豪・前橋育英(群馬)。攻撃的なポゼッションサッカーが持ち味で、今年も攻撃面に多くのタレントを揃える。加えて守備も盤石。県予選決勝戦で1失点を喫した以外は、全て無失点に抑えた。先発メンバーの平均身長では、宮古の169.6センチに対して175.8センチと大きく上回る。技術、戦術、フィジカル面ともに宮古の不利は否めないが、堅守速攻で初戦突破を目指す。

 宮古のゲームプランは、まずは立ち上がりの時間帯をセーフティにプレーしようというもの。しかし、リスクを避けようとした気持ちが強すぎたのか、全国大会独特の緊張感がそうさせたのか、宮古の動きは重い。バランス良く守ると言うよりも、ズルズルとラインを下げてしまう。そんな宮古に対して、ゆったりとボールを回しながら隙を窺っていた前橋育英は8分、右サイドにボールを展開してスピードを上げると、上田彗亮のクロスを受けた外山凌が右足を振り抜いてゴールネットを揺らした。

 それでも16分、ロングボールに反応した下地和也が最終ラインを抜け出して、あわやというシーンを作り出すと、そのプレーが合図になったかのように、宮古イレブンが本来のリズムを刻みだした。引いてしまっていたゾーンを高い位置に修正。積極的にボールにプレッシャーをかけてカウンターを狙う。そして、17分、18分にもロングボールからゴール前に迫る場面を作り出した。25分には洲鎌勝汰の25メートルを超えるスーパーゴールで2点目を失ったが、下を向くことなく、はつらつとしたプレーでボールを追う。

 確かに、前橋育英との間にある力の差は認めざるを得なかった。上間良哉監督(宮古)も、「前橋育英さんは、速さもあって、強さもあって、本当に強いチームだなと感じた」と試合を振り返る。後半も、ほぼ一方的に前橋育英にボールを支配された。それでも、宮古からは諦める気持ちは感じられない。むしろ、少ないチャンスを活かしてゴールを奪おうという気持ちが伝わってくる。上間監督も「(2失点した時は)少し元気がなくなった部分があったが、気持ちを切り替えて行こうという姿勢が見られた。中盤以降は頑張っていた部分もあって、相手ゴール前で崩す部分もいくつかあった」と話す。
 その中心になるのは、善平和と下地和也。仲間がつないだボールを懸命にゴールにつなげようと、後一歩というシーンを作る。前橋育英の守備は堅く、その壁を破れない場面が続くが、2人がゴールに迫るたびに、バックスタンドを埋める応援団が歓声を上げて後押しする。

 後半27分、29分、38分。失点は続いた。「最後の方は力負けという部分が見られた」(同)と敗戦を認めざるを得ない内容でもあった。けれども、宮古イレブンは最後まで力を緩めない。そして、最後の最後で、その気持ちが形になった。時間は終了間際の後半38分。ペナルティエリア内のこぼれ球に右足を振り抜いた砂川浩平のシュートは、前橋育英GK蔦颯の前にこぼれたが、蔦がボールの処理を誤ったところへ、砂川鉄信が詰めて右足で流し込んだ。形の上では、前倍育英のミスから生まれたゴール。しかし、それは、紛れもなくゴールを追い続けた宮古の気持ちが産んだゴールだった。

 結果は1-5で敗戦。宮古にとって、今大会も全国の舞台の壁は厚かった。しかし、上間監督は胸を張って話した。「宮古島には練習相手もいないので、全国の優勝を狙えるチームとサッカーをさせてもらったこと、この場所で一緒にいられたことはとても幸せなことだし、そのレベルを肌で感じたということは、とてもいい経験になったと思う。そして、最後の1点も、我々にとってはとても大きく、次につながるものだったと思う。今日の選手の中には、1、2年生もいるので、この経験をもちかえって、宮古島でどれだけレベルアップできるかというのが今後の自分たちの目標。また頑張っていきたい」

 宮古島から駆けつけた父兄を中心とする応援団、この日のためにスタジアムに駆けつけた沖縄宮古郷友連合会の方々、そして、サッカー交流をしている浦和少年団関係者とともに戦った80分間。それは宮古にとっては何よりも密度の濃い80分間。この経験が宮古にとって大きな力になることを願ってやまない。


Comments

Body

123456789101112131415161718192021222324252627282930 09