INSIDE WEB

 

【高校サッカー】青森山田 "候補" 対決を制す

121231_01.jpg 第91回 全国高校サッカー選手権大会 1回戦
日時:2012年12月31日(日)14:10 kick off
会場:駒沢陸上競技場
結果:青森山田 2-1(PK4-2)野洲高校
写真/文:サカモト マコト

 第1試合では空を覆っていた雲が、少しずつ、少しずつ薄くなっていく。そして、第2試合が始まる頃には晴れ間がのぞき始めた。キックオフを待つのは今大会屈指の好カードと呼ばれている青森山田(青森)vs.県立野洲高校(滋賀)。天候さえ、この試合を楽しみにしていたかのようだ。会場にも多くのサッカーファンが足を運び、その数は10,508人を数えた。

 青森山田のシステムはダブルボランチを置く4-4-2。攻守ともにバランスが取れたチームは今大会の優勝候補と目されている存在。特に、守備面に豪華なタレントを揃える。そして2年ぶりに全国の舞台に戻ってきた野洲も優勝候補のひとつとして数えられている。高い技術と連動性のあるパスワーク、そしてアイデア溢れる攻撃サッカーが野洲の真骨頂。4-1-2-3の基本システムから、全員がポジションを入れ替えて流動的に攻め上がる。

 ゴールキーパーも含め、足元の技術が高い野洲は、最後方から細かくボールを繋ぎ、機を見てドリブルを仕掛けるなど、相手守備陣を混乱させる。その中心的存在が、エースナンバー10番を背負う望月嶺臣。確かな戦術眼、高い足元の技術、身長167センチながらも当たり負けしない軸の強さで、ゲームをコントロールしながら、青森山田ゴールへ攻め込む。しかし、青森山田もゴールは許さない。評判通りの堅守で野洲の攻撃を受け止めると、高い位置を取る野洲のSBの裏を狙い、素早いカウンターから、長身のフォワードの林雄起に合わせてゴールを窺う。そんな対象的なサッカーを見せる両校の戦いは、片時も目を話せない状態が続いていく。

 そして、先制したのは、どちらかと言えば押されていた青森山田。攻守を見せていた青森山田GK野坂浩亮が負傷した際にインターバルが取られたが、その時間9分が、そのまま前半のロスタイムになったのを生かした。時間は40+8分、センターサークル付近で、野洲のパス回しからボールを奪った池上丈二が、そのまま野洲ゴール前へドリブルで攻め込んで迷い無く右足を振り抜く。次の瞬間、放たれたボールが豪快にゴール右隅に突き刺さった。両者譲らぬ戦いは、まずは青森山田が1点をリードして前半を終えた。

 後半も攻勢に出たのは野洲。試合開始のホイッスルと同時に、前半と同様に高いポゼッションで攻め込んでいく。そして粘り強く守る青森山田の守備が崩れないと見るや、後半12分に関口悠太郎に代えて西村仁志を投入。西村を右SBへ入れ、武田侑也を右SBから1枚上げて右ウイングへと移した。狙いは、持ち味のスピードに乗った攻撃力を最大限に生かすこと。その采配が、ズバリとはまった。後半14分、右サイドでボールを受けた武田は、得意のドリブルで駆け上がると、相手ディフェンスの守備網を粘り強く突破してペナルティエリアに進入。ゴール前に折り返すと、待ち構えていた大本が冷静に左隅に流し込み、野洲は同点に追いついた。

 その後も、互いの特長を活かした拮抗した試合が続いていく。同点に追いつき、攻撃にリズムが出てきた野洲が、右サイドの武田を使って再三攻撃を仕掛ければ、最後まで高い集中力を崩さない青森山田は、好守を見せる守備陣の活躍でゴールを許さない。そして、白熱した見応えのある試合は80分では決着が付かず、勝敗はPK戦へと委ねられた。
 先攻は青森山田。一番手の山田将之が放ったシュートがキーパーにキャッチされてしまうが「PKには自信があったので、一本目を外したが気にならなかった」と話すキャプテン室屋成が落ち着いて2本目を決めると、続く3人目、4人目と確実にゴールネットを揺らす。対する野洲は、1本目を決めたものの、2人目、3人目が失敗。そして3-2で迎えた青森山田5人目のキッカー林がゴールを決めて、縺れた好ゲームに終止符を打った。

 高い集中力と気迫あふれるプレーで、観るものに勇気を与えた青森山田。高い戦術と技術で観るものを楽しませてくれた野洲。異なるタイプのサッカーは最後まで芽を離せない試合だった。どちらが正解でも無ければ、不正解でも無いのがサッカーだが、この日の結果は、少しだけ、青森山田の方にサッカーの神様が微笑んだ結果だった。


Comments

Body

123456789101112131415161718192021222324252627282930 11