INSIDE WEB

 

【bjリーグ 第18戦】レジ―・ゲーリーHC(横浜)記者会見コメント

2011-2012 bjリーグ 第18戦
ライジング福岡 73-76 横浜ビー・コルセアーズ
2011年12月11日(日)九電記念体育館 13:00tip off

●レジ―・ゲーリーHC(横浜ビー・コルセアーズ);
Q:試合を振り返って
「昨日の試合の後は自分たちを見つめ直す機会になりました。その結果、今日は昨日よりも選手たちが頑張ってくれて、このような試合が出来て良かったと思っています」

Q:昨日の敗戦を受けての修正ポイントはどのようなところだったのでしょうか
「まず第一に、マンツーマンのディフェンスのところを激しくしようということでした。相手のシューターにしっかりと寄せるということです。そして、昨日はゾーンの真ん中でハミルトンにボールを持たせてしまい、竹野選手、仲西選手のドライブからのキックアウトなどで、ディフェンスを小さくしてから外に振られてオープンから打たれていたので、そこに対応するようにしました。一方、オフェンス面では、意図を持ってプレーすることができたと思います。我々はイースタン・カンファレンスで最もディフェンスがいいチームなので、自分たちらしく、今日のように相手の得点を70点台に抑える試合をしていかなければいけないと思っています」

Q:前半終わった段階でリードを奪われて難しい展開だったと思いますが、ハーフタイムはどのような指示をされたのでしょうか?
「今日は、スタートのところではゲームプラン通りに進められたと思いますが、第2Qの終わりの方からは、どちらかと言うと、昨日と同じような雰囲気になってしまったので、もう1回スタートに戻ろうと指示しました」

Q:そういう意味では、チームの特長を出せた狙い通りの戦いではなかったかと思います。

「そうですね。ディフェンスでは、いろんなディフェンスをすること。そして、それを頑張ること。オフェンスでは、バーレル選手や蒲谷選手に得点源になってもらうこと。それが出来た試合でした。特に蒲谷選手は今シーズンで一番の出来だったと思うので、これからも今日のようにプレーしてほしいと思っています」

痛恨の逆転負け ライジングらしさを発揮できず
小川忠晴HC(福岡)記者会見コメント
試合終了後の各選手コメント


Comments

Body

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10