INSIDE WEB

 

【bjリーグ 第20戦 大分-福岡】試合終了後の両HCのコメント

bjリーグ2012-2013 第20戦
日時:2012年12月16日(日)13:00 tip off
会場:日田市総合体育館
結果:大分ヒートデビルス 59-104 ライジング福岡
取材・文・写真:中倉一志

◎鈴木裕起HC(大分ヒートデビルス);
Q:試合を振り返って
「選手は一生懸命やっているので、ここで立ち止まることなく気持ちを切り替えて、来週のゲームに向かいたいと思います。来週中には新外国籍選手も合流するので、すぐにチームとして機能できるように、練習量を増やして、少しでも早くチームを作っていきたいと思います」

Q:来週から新しい外国籍選手が合流するということで、日本人選手にとってはアピールする最後のチャンスだったと思いますが、どのように評価していますか?
「外国籍選手がいなくなってから6ゲームが過ぎましたが、自分の力を出している選手と、出していない選手が明らかになっていますし、『この選手は出来るんだな』と僕が再認識できた選手もいます。ですから、出した選手にプレータイムをしっかりと与えて、長い目で見ていきたいと思いますし、今回、力を出せなかった選手は、試合でアピールする場所はなくなると思いますが、諦めずに、練習から、しっかりとアピールしてもらいたいなと思います」

Q:特に良かった選手は誰でしょうか?
「(梅宮)学と小原ですね。あの2人は良かったと思います。彼らは本当に100%プレーしているので評価できると思います。ただ、入り込みすぎてしまって周りを考えられないところもありました。バスケットは5人でやるスポーツですし、強いところ、悪いところを、プレーしながら感じられなければいけないスポーツなので、そこはまだ経験が足りない部分かと思います。それでも、100%やれるということは、必ず、そういった部分も出来るようになると思うので、なんとか伸ばしてあげたいと思います」

Q:こういう形で再びホームゲームを迎えられたということに関しては、どのように感じていらっしゃいますか?
「本当に感謝の気持ちでいっぱいです。会社、スタッフ、選手、チームスタッフが、いくら試合をやりたいと思っても、こうして応援して下さる人がいなかったら不可能なことです。ボランティアの方、運営をお手伝いしてくださっている方、苦しいゲームでありながらも、会場で最後まで声を出して応援して下さるブースターの方がいてくれるので、僕たちも心折れずにやれています。どうにか勝って恩返しがしたいです。感謝の気持ちでいっぱいです」

Q:この2試合を乗り越えることで、またモチベーションも高まってくるということでしょうか?
「そうですね。応援して下さる方がいることの喜びを感じることが出来ましたし、選手も、ポイント、ポイントで、いいプレーが出るようになってきました。外国籍選手が合流しても、人数が少ない状況に変わりはなく、タフな状況ではあるんですけれども、今回、選手は本当にどん底を経験したので、その経験によって人間的にもタフな面を身に付けて、次のゲームから臨めるんじゃないのかなと思っています」

◎金澤篤志HC(ライジング福岡);
Q:試合を振り返って
「まず、今日のゲームにあたっては、チームとして、どういったところが成長できるかということをテーマにしてゲームに入りました。前半は相手のペースで少しスローテンポな展開だったんですけれども、後半は、選手たちが課題意識を明確にしてプレーしてくれたことで、チームとしては、意味のある後半20分になったのではないかと思います。また、大分さんは、プロフェッショナルなチーム、選手なので、それに対して、自分たちは全力で戦っていくというてところで、最後まで全力を尽くして戦えたと思います。自分たちは自分たちのバスケットをしましたし、それを今後も同じようにプレーしていきたいと思います」

Q:昨日のゲームと比較して戦い方を変えた部分はありますか?
「基本方針は変えていませんけれども、大分さんは、ライジングの外国籍選手に対してダブルチームで来ることが多く、空いている日本人選手がシュートを打つチャンスが増えるので、そこは離されていると捉えるのではなく、チャンスだと思って思い切り打つということを徹底して行こうということでした。その中でオープンショットを増やして、あるいは、アシストパスを増やして決めていくということです。前半は上手く機能しなかった部分はあるんですけれども、後半になるにつれ、徐々に良くなったかなと思います」

Q:アシストパスを増やすという意味では、レジー選手が、非常に素晴らしいパスを多く出していました。
「そうですね。今日もアシストを10本決めていると思うんですけれども、パスが上手い選手はバスケットを知っていて、バスケットIQの高い選手だと思います。彼は本当にフロアの状況を理解していますし、チームメイトの良い点や動きを理解して、そこへ上手くボールを供給してくれる選手でもあります。得点能力や、パワフルなプレーが注目される選手ですけれども、そういったパスも非常に上手い選手だと思っています」


Comments

Body

123456789101112131415161718192021222324252627282930 04