INSIDE WEB

 

【bjリーグ 第17戦 福岡-沖縄】試合終了後の両HCのコメント

121214_01.jpg bjリーグ2012-2013 第17戦
日時:2012年12月8日(日)14:00 tip off
会場:宇部市俵田翁記念体育館
結果:ライジング福岡 79-97 琉球ゴールデンキングス
取材・文・写真:中倉一志

◎遠山向人HC(琉球ゴールデンキングス);
Q:試合を振り返って
「とても寒い中、選手が立ち上がりから非常にアグレッシブに動いてくれてペースを掴んでくれたのが勝因の一つだったと思います。ただ、第4Qのはじめと、試合の終わり方が良くありませんでした。点数が離れている状態であっても、40分間、集中していかなければなりません。明日は集中して戦っていきたいと思っています」

Q:これで15連勝。リーグ記録に並びましたが、今の心境を聞かせてください。
「明日の試合が非常に重要だと思っています。明日、頑張ります」

Q:福岡とは2週間前に戦ったばかりです。結果は前回と同じでしたが、その内容には随分と差があったように思います。この試合に向けて変えてきたことや、注意した来たことがありますか?
「チームとして、ゲームをするにあたって準備したことはたくさんあるんですけれども、大きく前回と変えたところはありません。より質を高めるという準備をしてきました」

◎金澤篤志HC(ライジング福岡);
Q:試合を振り返って
「立ち上がりから、全体を通してプレーがソフトすぎたと思います。相手はまだ負けていないキングスさんなので、そこから勝利を挙げようとするならば、並々ならない覚悟を持って戦っていかなければいけないんですけれども、普通にゲームに入ってしまいました。明日は選手全員で、その覚悟をしっかりと決めて戦おうという話をしているので、まずは、それをしっかりとやっていきたいと思います。しかし、覚悟だけでは勝てないので、今日21本あったターンオーバーをどうやって減らしていくのか、機能しなかったディフェンスをどうしていくのか、そこはビデオを見直して、明日スマートにやるだけだと思います。今日は見せ場を作れず、宇部で応援して下さる皆さんには大変申し訳ありませんでした。今日のゲームは終わってしまいましたが、今日の敗戦の中にヒントがあると思いますので、それを活かして、明日勝つためにどうするかということを考えて、明日こそは覚悟を持って勝利を目指して戦っていきたいと思います」

Q:なかなか活路を見出すことができなかった試合でしたが、第4Qでは32-24とスコアで上回りました。第4Qの戦い方は、明日にむけてのヒントになるようなところがありましたか?
「特別なことはやっていないんですけれども、交代したメンバーがボールをプッシュしてくれて、チームとしてやろうとしていることを徹底してやってくれましたし、その中で、アタックするところはアタックし、ディフェンスでプレッシャーかけるところではプレッシャーをかけてくれました。やられている部分もありますが、ああいう殴り合いのような展開はライジングのペースだと思うので、それが後半の最後に表現できたというのは、明日につながるヒントだと思います」

Q:沖縄とは3試合目ですが、前回対戦時と違った印象を受けたところはありますか?
「自分たちが至らなかったという部分で、先ほどもお話ししたように、キングスから勝利を挙げるためには普通の覚悟では駄目だった、もう少し覚悟を持って臨んで行かなければいけないんだ、ということだと思います」

【bjリーグ 第17戦 福岡-沖縄レポート】沖縄強し!ライジング完敗


Comments

Body

123456789101112131415161718192021222324252627282930 09