INSIDE WEB

 

【ライジング福岡】自分たちのスタイルを貫け!

121124_01.jpg 取材・文・写真:中倉一志

 開幕3連敗を喫したものの、その後は8勝1敗と好調を維持し、現在、琉球ゴールデンキングス、大分ヒートデビルスに次いで3位に付けるライジング福岡。そして24日、25日に序盤戦の大一番を迎える。対戦相手は、昨シーズンのbjリーグチャンピオンの琉球(沖縄)。先に行われた大分との首位攻防戦で2連勝を飾り、開幕から続く連勝を10に伸ばしたばかりではなく、総得点、総失点ともにウエスタンカンファレンス1位を記録するなど、今シーズンも無類の強さを発揮しているチームだ。

 その沖縄との対戦を前に金澤HCは次のように分析する。
「沖縄は強い。各ポジションにキーになる選手がいるし、バックアップの選手も役割をしっかりとこなせる。穴がない印象がある。アップテンポなバスケットというスタイルは変わっていないと思うが、昨年までのオーソドックスなマンツーマンディフェンスに加え、今年はトラップディフェンスも仕掛けてくるようにもなっている。40分間、気を抜いた瞬間が致命傷になる。自分たちのやるべきことをやり続ける、そこが出来るかどうかが勝負の分かれ目」。今まで以上にタフなゲームになることは間違いない。

121124_02.jpg
 しかし、ライジングはひるんではいない。「沖縄は強いチームだが、メンバーも大きく変わったわけではないし、沖縄のバスケットは分かっている。今の自分たちのバスケットが、どの程度のものなのかを図れる試合でもある。楽しみにしている」とは加納督大の弁。金澤篤志HCも「沖縄は昨シーズンのチャンピオンチーム。しかし、我々も今シーズンのチャンピオンを目指しているチーム。プライドを持って、自信を持って戦う」と話す。もちろん、目指すところは、ふたつ勝って福岡へ戻ってくることだ。

 ディテールの部分では沖縄対策はもちろん必要だが、基本的には、ここまでのライジングの良さである「いいディフェンスから、いい攻撃を展開する」というスタイルに変更はない。「沖縄はアップテンポで切り替えの速いチーム。ボールを取ったら速攻を仕掛けて、どんどんたたみかけてくる。いつものようにいいディフェンスで沖縄のオフェンスのリズムを止めて、自分たちの攻撃に持って行けばやれる。ディフェンスでどこまで頑張れるかが鍵」と加納は話す。
 ライジングにはアップテンポで攻撃的な能力の高い選手がそろう。ディフェンスとリバウンドで優位に立てば、勝機は十分にある。

 そして、もうひとつの敵は会場を埋め尽くす熱いブースターたち。宜野湾市立体育館は対戦相手にとっては完全アウェイの場所だ。しかし、その雰囲気の中でやることも楽しいとジュリアス・アシュビーは話す。
「自分が大学時代は、いつも大勢の観客に囲まれ、熱い声援の中でプレーしていた。日本は静かな会場が多いけれど、沖縄は大学時代に自分がプレーしていた雰囲気と非常に近い。そういう中でプレーできることは楽しみ。試合を楽しんで、そして勝って福岡に戻ってくる」。
 まずは初戦で優位に立つこと。それが沖縄との2連戦、そして最後まで優勝を争うことになるであろう沖縄との対戦を有利に戦うための条件になる。

121124_03.jpg 121124_04.jpg 121124_05.jpg


Comments

Body

123456789101112131415161718192021222324252627282930 11