INSIDE WEB

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【bjリーグ 第7戦 福岡-高松】試合終了後の両HCのコメント

121104_01.jpg bjリーグ2012-2013 第7戦
日時:2012年11月3日(土)19:00 tip off
会場:福岡市民体育館
結果:ライジング福岡 85-77 高松ファイブアローズ

金澤篤志HC;(ライジング福岡)
Q:試合を振り返って
「前半から非常にタフなゲームで、我慢の展開でした。その中で第3Qに徳永選手だったり、加納選手、石谷選手、竹野選手もそうですが、ガードの選手がビッグクウォーターを作ってくれたというのが、チームとして大きなポイントだったと思います。ただ、第4Qで相手にプレスを仕掛けられて、自分たちの足も止まっていて、冷静な状況判断も鈍ってきた時に、もう少し戦い方があると思うので、そこが、このチームが次に成長するステップなのかなと思っています。その部分を明日に向けて修正して、明日は改善出来ればと思っています」

Q:第3Qにレジー選手が大活躍しましたが、その中で、アウトサイドのシュートを立て続けに決めました。あれは何か指示があったのでしょうか?
「相手のディフェンスであればレジー選手が外に出られるというのがあったので、そこは話はしました。ただ、絶対やれという強い指示ではありません。こういう場合は、こういうことも出来るよという程度のものです。ゾーンをしかれたり、相手がいろいろなトラップを仕掛けてきた中で、レジー選手が上手くオープンショット、3ポイントを決めてくれたわけですが、それは指示と言うよりも、レジー選手の状況判断でした。ベテランらしい、幾多の戦いをくぐりぬけてきたレジー選手のなせる技だったなと思っています」

Q:要所、要所で、オフェンス面で連携プレーが出るようになってきましたが、その点について、HCはどのようにお考えでしょうか?
「開幕した当初は、なかなか連携がうまくいかなかったというのがあったんですけれども、自分たちの武器を使いながら、あるいはお互いに使わせながら、いいリズムを作っていくという点では、これからも、もっと良くなると思っています」

Q:3Qがビッククウォーターとおっしゃいましたが、オフェンスはもちろん、試合を通じてディフェンス面が非常に目立っていたように思います。
「ディフェンスさえしていれば、オフェンスは、ある程度点を取ってくれるという計算があったので、とにかく、ゲーム前に強調したのはディフェンスでした。そして、選手たちがポイントを押さえてくれたということです。選手が自分の指示以上にいいプレッシャーを相手に与えてシュートミスを誘ったというところは非常に良かったと思います」

前田顕蔵HC;(高松)
Q:試合を振り返って
「試合を通してディフェンスをしっかりやっていこうということでしたが、第3Qに福岡さんに勢いづかれてしまいました。レジー選手にアウトサイドから決められ、インサイドを止められずにファウルトラブルになって苦しくなり、第3Qが大きなところだったかなと思います。その部分を修正して、40分間、しっかりとディフェンス出来るように、明日に向けて準備しようと思います」

Q:レジー選手のアウトサイドは想定されていたのでしょうか?
「はい、想定はしていました。ただ、オープンでは打たせないという話はしていたんですけれども、あそこまで付けなかったというのが現実です。足がついていなかったところもありましたし、ボールマン以外の選手のディフェンスの意識が低かったと思います」

Q:第4Qで目も覚めるような巻き返しが決まりましたが、どのような指示をされたのでしょうか?
「とにかく追いかけようということで、ディフェンスを変えたのが大きかったかなと思います。ディフェンスからリズムを作ったというのが一番大きかったと思います」

Q:お互いにリバウンドのファールが多かったという印象がありますが、その点について、HCはどのように捉えていらっしゃいますか?
「リバウンドファールというよりも、うちは圧倒的にファールが多かったですね。向こうが40分通して12しかファールしていないのに、うちは26。これではしんどいかなと。向こうがフリースローから19点。うちが4点。ここは修正しなければいけないなと思います」


bjリーグ2012-2013 第7戦 福岡-浜松 試合終了後の選手コメント


Comments

Body

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 05
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。