INSIDE WEB

 

【bjリーグ2012-2013 第3戦】試合終了後の選手コメント

bjリーグ2011-2012 第3戦
ライジング福岡 72-76 浜松・東三河フェニックス
2012年10月21日(日)九電記念体育館 19:00 tip off

仲西淳選手;(ライジング福岡)
Q:試合を振り返って
「リードされながらも我慢して、ベンチから出てきた選手も活躍してくれたと思います。我慢をしながら逆転に成功して、第4Qの残り2分位までリードをしていたのですが、ゲームの終わらせ方をチームとして、もっと詰めていかないといけないと感じています。最終的に1点でもいいから上にいないと勝てないし、ずっとリードしていたとしても、最終的に1点下回れば、それは負けでしかないので、チームとして勝利を手繰り寄せられるようなバスケットを、スマートに頭を使って、最後まで気を抜かないでフィニッシュしなければいけないと感じた試合でした」

Q:残り3分で逆転を許した理由を、どのように捉えていますか?
「自分たちがスコア出来なかったというよりは、簡単なミスから相手にレイアップを決められたり、1本のリバウンドを取られて決められたりとか、本当に小さいところなんですけれども、その小さいところが結果につながってくるので、こういうクロスゲームの時は、余計に集中して、ひとつのリバウンドだったり、1回のディフェンスにこだわっていかなければいけません。それが結果として出てくると思います。最後の時間は、自分はファールアウトして外から見ていたんですけれど、ちょっと気が抜けたように感じました。バスケットは残り1秒まで分からないスポーツなので、それをみんなで再確認して、全員で集中して、全員で勝利をもぎ取らないといけません。今日のゲームは、全員がそれを感じたと思うので、それを次につなげたいと思います」

Q:今後、どのようなバスケットをして勝利に結びつけたいと思っていらっしゃいますか?
「最後の終盤の場面なんですけれども、一番大事なところでミスしてしまうことによって相手にチャンスを与えてしまいましたし、つまらないミスが2つ、3つと続いてしまったことが今日の結果だったと思いますし、バスケットは個人スポーツではなく全員でやるスポーツですから、そこの部分での全員の意識を高めないといけないと思います。それができれば勝利が近づくんじゃないかと思います」

Q:全員でプレーするというところで、キャプテンとして仲西選手は、どのような役割を果たしたいと考えていますか?
「自分はベテランと呼ばれる年齢なので、チームをまとめるという役割が一番ですが、コミュニケーションの部分でチームが一丸と慣れるように率先して行動したいと思っています。HCも常に『トーク』という言葉を使っているんですけれども、練習中から、選手たちの話をしながらチーム力を高めていかなければならないので、そこが仕事かなと思っています」

竹野明倫選手;(ライジング福岡)
Q:試合を振り返って
「間違いなく勝ちゲームだったと思うんですけれども、残り2分、自分たちが勝っているという状況で、どうやったら、そのまま勝ち星を撮れるかということを、チームとして学んでいかなければいけないと思っています」

Q:3試合を終えて、外国籍選手との連携という意味ではいかがでしょうか?
「徐々に良くなってきています。ただ、100%のコンビネーションができているかと言ったら、そうじゃないと思うし、これからの練習、試合を重ねながら、もっといいコンビネーションを作っていかなければいけないと思っています」

Q:過去2戦と比較して、良くなった部分も、引き続き課題として残っている部分もあると思うのですが、それぞれ教えていただけますか?
「良くなったプレーでいうと、全員がアグレッシブに、積極的にリングに向かってプレーできたというところですね。1戦目、2戦目の島根とやった時は、どちらかと言えばセットオフェンスをガードがコールしてやっていたんですけれども、結果として、チームがリズムに乗れなかったし、少し重たい感じになったので、今週の練習ではコールをあまりしないで、自分たちのフリーの中で、誰がどういうプレーができて、誰と誰がコンビネーションがいいかというのをやってきました。そういう意味で言うと、今日は試合の流れはライジングらしいリズムが出来たので、そこは良かった点かなと思います。引き続き残ったのはリバウンドですね。オフェンスリバウンドを相手に取られ過ぎたので、明日は、そこをしっかりと抑えなければいけません」

Q:第3Qでは外国籍選手がオン・ザ・ツーになりますが、そこでのチームとしての戦い方であったり、手応えであったりは、どのように感じていらっしゃいますか?
「日本人が3人出る時間帯なので、日本人が積極的にリングにアタックして、シュートも自信を持って打つとか、日本人が3人出ているからこそ、展開を速く、セットオフェンスをせずに、どんどん、どんどん前にボールをプッシュして、速い展開に持っていくということを今週1週間、練習してきました。そこは島根戦よりも、いいリズムでやれたと思います。ディフェンスという意味では、最初はゾーンで守っていたんてすけれども、それだと上から決められてしまうので、しっかりとマンツーマンで守って、ミスマッチが出来た時は周りでカバーしながらやっていましたが、先週よりも、いい感じでやれたと感じています」

Q:今日はお客さんもたくさん入って、いい雰囲気の中でのゲームだったと思います。
「そうですね。最後は落胆させてしまいましたが、自分たちが負けたからああいう感じになるのは当たり前なので、今度は大勢のお客さんの前で勝ち試合を見せて、最後に盛り上がって終われるように頑張りたいと思います。まずは明日、勝つしかないと思うし、今日やれることをしっかりとやって、明日に備えたいと思っています。1回、勝てば、自分たちのバスケットや、勝ち方が分かってくると思っています」

bjリーグ2012-2013 第3戦 福岡-浜松 試合終了後の両HCのコメント
bjリーグ2012-2013 第3戦 福岡-浜松 ゲームレポート



Comments

Body

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 10