INSIDE WEB

 

生き残りをかけた戦い 始まる

120917_01.jpg 2012なでしこリーグ 第10節
福岡AN-日テレ・ベレーザ
日時/2012年9月15日(土)19:00
会場/レベルファイブスタジアム
結果/福岡AN0-3ベレーザ

取材・文・写真/中倉一志

「リーグ最下位の福岡ANが、日テレからサンドバッグにされた」。16日に某誌のWEBに掲載された、なでしこリーグ第10節・福岡Jアンクラス-日テレ・ベレーザの記事の一節だ。スコアは0-3。放ったシュートの数はベレーザの26本に対して、アンクラスの7本。スコアとスタッツだけを見るのなら、その表現は正しい。

 しかし、日テレは、先日行われたプレナスなでしこリーグカップ決勝戦で、INAC神戸レオネッサに土を付け(INACの公式戦での敗戦は2010年10月以来)、リーグカップ3連覇を果たしたチーム。リーグ戦ではINACに首位を譲っているものの、前期を終了して6勝3分1敗、総得点22、総失点4の成績は、INACと並んで、女子サッカー界の2強として君臨している。なでしこリーグの中でも、日テレと伍して戦えるチームは少ない。

 それでもアンクラスは粘り強く試合を進めた。3列のラインを敷いて守備ブロックを形成すると、ボールホルダーに対して不用意に飛びこまずに、粘り強く日テレの攻撃をはね返す。前半は最終ラインが下がり気味になるという問題もあったが、そのスペースを川村真理が献身的にカバー。そして前線では、田頭陽子が仲間の頑張りを支えようと、必死になってボールを収めようと試みる。時間の大半は守備に追われたが、「気持ちがひとつになっていた感じはある」と磯金みどりが語ったように、チームとしてのまとまりは生まれつつある。

 ただ試合を通して残念だったのは、ボールを奪った後の攻撃へのイメージがなかったこと。そのせいか、あと1本のパスをつなげればチャンスというところでのパスミスや、判断の遅れが目立った。なでしこリーグ残留を果たすためには、粘り強く守ることはもちろんだが、この部分を修正することも求められている。また、中断期間中に合流した2人の韓国人選手とのコンビネーションもいまひとつだった。合流してから1カ月程度の期間ではやむを得ない部分もあるが、この部分の精度を上げることも急務だ。

 さてアンクラスは、なでしこリーグ残留を果たすための最初の山場として、第12節の大阪高槻(9位)戦を位置づける。まずは、この試合で勝利を挙げること。それが、残留のための必要最低条件になる。「グループとして、どうやって守り、どうやって攻めるのかを、もう少しはっきりさせれば、もっといい試合ができる。そのために、もっとコミュニケーションをとって、問題点を修正して高槻戦を迎えたい」と話すのは磯金。2週間後に控えた最初の山を越えるべくアンクラスは準備を重ねる。

【プレナスなでしこリーグ第12節】
 対戦:福岡J・アンクラスvs大阪高槻
 日時:9月30日(日)13:00キックオフ
 会場:小郡市陸上競技場(福岡県)


Comments

Body

123456789101112131415161718192021222324252627282930 11