INSIDE WEB

 

まさかのドロー グループリーグ突破は最終戦に

120829_01.jpg 取材・文/西森彰

FIFA U-20女子ワールドカップ日本2012
グループA U-20日本女子代表(ヤングなでしこ)vs.U-20ニュージーランド女子代表
2012年8月22日(水)19:20キックオフ 宮城スタジアム
U-20日本女子代表2-2(前半1-2)U-20ニュージーランド女子代表
得点者:オウンゴール(11分)、ホワイト(15分)、田中陽(37分)、道上(71分)

 メキシコ、ニュージーランド、スイス……。U-20日本女子代表=ヤングなでしこが入ったグループAは、いわゆる「開催国のグループ」。ブラジル人が言うところの「パパイアにシロップのかかったような」甘い組み合わせだった。いや、甘い組み合わせのはずだった。しかし、勝利を確信して臨んだ第2戦で、若きなでしこたちは手痛い引き分けを喫した。グループリーグ突破どころか1位抜けの行方さえ、予断を許さない状況へ。平坦な一本道はひとつのミスから、一転、アップダウンの激しい山道になった。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 U-20ニュージーランド女子代表とは、U-17世代で対戦し、この時は6対0と圧勝している。A代表経験者もいるとは言え、全体的には勝負付けが済んでいるはずの対戦相手。そんな余裕も隙につながったのだろう。試合開始から3トップでかかってきたニュージーランドの攻撃にたじろぎ、11分、ゴール前の混戦から仲田歩夢が、痛恨のクリアミスで先制点を献上した。
 さらに、焦って取り戻そうと前がかりになったところでカウンターを浴び、右サイドを突破したウィルキンソンにクロスを上げられた時点で、中央は2対2の危険な状況。ホワイトの放ったシュートもいいコースに飛んで、点差は2点に開いてしまった。ここで、吉田弘監督は、左サイドハーフの仲田と右サイドハーフの横山久美にポジションを入れ替えるよう指示を出す。横山の良さを引き出すための策だった。

 仲田の先発起用理由について、吉田弘監督は「宮城に対する想い」を買ったと述べた。モチベーションに重きを置いた選択に対する是非はさておく。疑問があるのは、左サイドのスペシャリストである仲田を、敢えて横山と先発で併用したことである。
 横山は、所属する岡山湯郷Belleでは、4-4-2の右サイドハーフでも起用されている。当人も「(右サイドが)やりにくいということはありません。どちらで出てもやらなきゃいけない仕事は同じですから」と気にしていない。ただ、このチームでは、左サイドからドリブルで切り込んで右足のシュートというイメージがある。また、横山も、仲田も、スタミナが豊富にあるタイプではない。メキシコ戦での前後半のリレーは、ふたりの特性に合っていた。
 しかし、このニュージーランド戦では、同時にふたりをピッチへ出してしまっていた。右サイドで窮屈そうにプレーする横山を見かねて、吉田監督は仲田と左右逆転させたわけだが、今度は、仲田が視野の違いに戸惑いを隠しきれなかった。そして、前半29分、仲田は早々とピッチを後にする。予定よりもずいぶんと早い段階で、吉田監督は西川明花の投入を迫られた。

 仲田の代わりに入ってきた西川の持ち味も、ボールを持ってからの仕掛けだ。「どんどん、仕掛けていけ」という吉田監督の期待に応えて、右サイドでボールを持つと、最終ラインにドリブルで突っかけていく。37分に西川が入れたボールを、ニュージーランドのパールがクリアしようとする。その瞬間、田中陽子がこのキックを片足でストップ。ボールを奪い返して放ったシュートがニュージーランドのDFに当たる幸運もあって、追撃の1点となった。

 後半に入ると、一方的な日本ペースは加速する。藤田のぞみ、猶本光のダブルボランチが効果的にボールを散らし、ニュージーランドの選手に的を絞らせない。左右に振り回されたニュージーランドは両脇のスペースを放棄し、中央で弾き返すことを選択した。ヤングなでしこはゴール前に立ちはだかる白い壁へ挑み、雨あられとシュートを放つ。そして71分、田中陽のコーナーキックに道上彩花が頭で合わせてようやく同点に追いついた。
「どちらの選手たちが先発すべきだったかを、私の口から正直に言うことはできない」
 ニュージーランドのアーロン・マクファーランド監督は、西川、柴田華絵、田中美南ら途中交代で入った日本選手の動きを、そう称えた。確かに、リードされた難しい局面で、すぐにゲームへ溶け込んだ彼女たちの働きは素晴らしかった。だが、最後の時間帯、左サイドで輝きを増すふたりは、どちらもピッチを後にしていたのである。前半、あれだけ被っていたのに……。

「ここで痛い目にあったことをプラスに捉えています。グループリーグで全部うまくいってしまうと、決勝トーナメントでは一度も負けられない。今はここで躓いていてよかったと思っています」(猶本)
「決勝トーナメント進出を決めたかったんですけれど、今は次の試合に勝って、きっちり1位突破したいという気持ちですね」(横山)
 選手たちは、そう言って前を向いた。失敗して初めて見えてくる課題もある。ひとつも負けられない決勝トーナメントを迎える前に、課題に向き合い、それを整理する機会を得ることができた。まだ、そう強がることができる段階だ。大会が終わってから「あの時、火傷をしておいて良かったね」と振り返るためには、もう、失敗は繰り返せない。

【U-20日本女子代表】
  GK: 池田咲紀子
  DF: 高木ひかり、土光真代、木下栞、浜田遥
  MF: 藤田のぞみ(77分/田中美南)、猶本光、横山久美(60分/柴田華絵)、田中陽子、仲田歩夢(29分/西川明花)
  FW: 道上彩花
【U-20メキシコ女子代表】
  GK: エリン・ネイラー
  DF: ホリー・パターソン、レベッカ・バローズ、ブリジット・アームストロング、アシュリー・ウォード
  MF: エビー・ミリン、ケイティ・ボーウェン、ナディア・パール(64分/ケイト・ロイ)
  FW: ロージー・ホワイト、ステフ・スキルトン(68分/オリビア・チャンス)、ハンナ・ウィルキンソン(91分/ケイティ・ルード)


Comments

Body

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 12