INSIDE WEB

 

リトルなでしこ、3位決定戦を制して、ウルグアイへの道を切り拓く。

aaa.jpg
西森彰=取材・文・写真


U-16女子アジア選手権の最終日は、チョンブリスタジアムでのダブルヘッダー開催。アジアチャンピオンを決める決勝戦と、アジア発ウルグアイ行きの最終切符がかかる3位決定戦である。

韓国との準決勝でPK負けを喫した日本は、決勝戦の3時間前に行われる3位決定戦に出場する。優勢に進めていたゲームでリードを追いつかれ、延長戦なし、即ABBA方式によるPK戦というレギュレーションも不利に働いた敗戦だった。そのショックが、小さいはずがない。しかし、準決勝から中2日で行われるスケジュールが、気持ちを立て直す時間も十分に与えてくれない。

さらに、バックスタンドの左側を赤く塗りつぶし、横断幕も張り出した中国サポーターの集団から、心理的な圧力がかかる。太鼓に合わせた手拍子と「加油! 加油!」「勝利! 勝利!」の大合唱は、見ていてもなかなかの迫力だった。それでも、今回のチームの一員でもある、宮本ともみコーチを初め、青いユニフォームに袖を通した先輩たちは、どんな状況下でも自分たちの力を遺憾なく発揮してきた。

そうした強さは、今回のリトルなでしこにも求められる。幸い、選手たちの精神面の成長は著しかった。アウェームードが漂うピッチで、木下桃香と後藤若葉が互いの背中に気合を入れ合う。その光景を見た周囲の選手からも、笑顔がこぼれていた。

「(韓国戦のPK負けから)気持ちを切り替えるのにはすごく時間がかかったのですが、チーム全員で声を掛け合って、この2日間を乗り切りました。韓国戦の次の日からは、チームとしても切り替えて練習することができました」(木下桃香)。

リトルなでしこは、鮮やかに蘇生していた。



世界大会のチケットがかかった大一番。楠瀬監督は、守備陣に北朝鮮戦の後半と同じメンバーを起用してきた。キャンプでのトレーニングマッチも含めたCBの起用を見ていくと、指揮官の優先順位はキャプテンの松田紫野が最上位。そのパートナーとしてストッパータイプの長江伊吹、またはビルドアップに長じた渋谷巴菜のどちらかで、松田を中盤に上げた時は長江と渋谷のコンビというケースが多かった。

「センターバックでは後藤の他に、長江、渋谷らもいるのですが、人に強いという部分とコンディションがいいということで、起用しました」(楠瀬監督)

中国には、北朝鮮以上とも思われる筋肉質な、アスリート体系の選手が多い。中でも、FWのTANG HANは、上背があるだけでなく、走力にも優れた、中国最大の得点源。これを封じるには、対峙するDFに、心身両面での充実が求められる。

長江、渋谷は、韓国戦、北朝鮮戦で自分が絡んだプレーで失点をしている。韓国戦が終わった日は、食事ものどを通らなかった選手もいたほどだから、この3位決定戦ではよりプレッシャーがかかってしまうだろう。北朝鮮の強力2トップを相手に渡り合って自信をつけ、韓国戦をパスしていた後藤が、このゲームについてはベストの選択だった。

最終日まで残った他の3チームは、完全に主力を固めて、大会に臨んでいた。日本の相手になる中国は、フィールドプレーヤーの10人が5試合続けての先発だ。固定メンバーで戦っているアドバンテージとして、試合の中でのスムーズな陣形変更などはある。ただし、その先発する10人が全て。試合前の練習を見ていても、サブメンバーには年代別とは言え、代表クラスにしてはかなり危なっかしいレベルが多かった。

心身のコンディションを見極めて選手を起用できるのは、他のチームと比べて、日本の選手層が厚かったこと。また、グループリーグから、選手をローテーションしていたからだ。これは楠瀬監督に言わせると、単純に疲労の蓄積を避けるだけでなく、選手のポテンシャルを見極める狙いもあった。

「出場時間が少なかった選手もいたし、それはかわいそうなのですが、真剣勝負ですから、(パフォーマンスが)ボーダーラインを超えないと試合に出られない。温存しているとか、次の試合を計算しているということではなく、ある一定のラインを超えている選手に経験させるためにやっています」(楠瀬監督)



中国のキックオフで試合が始まる。右SBの善積わらいが高い位置で攻撃に加わるなど、最初の10分は、日本のペースで推移した。いくつかのフォーメーションを持つ中国は、9番のSHEN MENGYUをアンカーに置いた4-1-4-1を選択。体力面で不安があったのだろう。序盤はブロックを作った消極的なスタートだった。それが、日本にミスが続いた10分過ぎから、徐々に牙をむき始める。

4-2-3-1へ陣形を変えて最終ラインの前にダブルボランチで網を張った中国は、日本のパスを引っ掛けて、トップ下に入ったコントロールタワー、8番の。広い視野でパスコースを見つけ出し、加速すると自分で持ち上がってシュートを放つ。さらに、瀧澤千聖、善積と攻撃的選手が揃った日本の右サイドに、中国のZHAN LIN YANが侵入していく。

日本は、北朝鮮戦同様に厳しい時間帯を、大場朱羽が中心になって防戦。スタメンに抜擢されていた後藤も、TANG HANに自由を許さない。そして、伊藤彩羅、富岡千宙の左サイドとボランチで辛抱強く、組み立て直そうとしていく。北朝鮮戦に続いて、ビルドアップの重要な経由地となった伊藤は言う。

「DPRコリアとの試合は、自分のところで詰まってしまって、良い店舗を作ることができなかった。今日の中国戦は、きついパスがきても、自分が回避できたので、チームを助けられたかと思います。自分は、人が密集しているところが好きで、相手が来ているくらいのほうが好き。相手が私のサイドの守備に重心をかけてきているのはわかっていたので、それを剥がせればチームを楽にできると思っていました」

伊藤は、ボランチの木下桃香、中尾萌々と連携をとったかと思うと、パスコースを切ろうとする相手の裏をかいて自分で持ち上がる。さらに、減速してマッチアップしている相手の足を止めると、その横を攻めあがる富岡に預ける。プレスをかけようとする中国の選手は翻弄され、ただでさえ残り少なくなっているスタミナを消耗した。

「味方が近くにいればそこを使って、詰まっているところを自分のところで回避できたら、と。ボランチも落ちてきてくれているし、そのあたりをうまく使って、さらに自分でも前を向こうと意識していました。サイドバックが詰まった時にどれだけ助けてあげられるかが重要だし、逆サイドにボールがある時にはそこの絞りも怠ってはいけない。だから走力が必要になるんですが、ボールも集まるし、楽しいポジションだと思います」



左サイドに相手が引きつけられると、右サイドも活性化する。35分、素晴らしい出足で相手のパスをカットした善積から、瀧澤へ。大きく広がり始めたスペースをドリブルで切り裂いた瀧澤はそのままシュート。さらに3分後にも中尾萌々、田中智子、善積とつないで、大澤春花がシュート。ゴールには至らないが、主導権を奪い返す。

前半最大の決定機はハーフタイム直前に訪れた。左CKの場面で中国の守備体系が整っていないと見た伊藤が、キックのために駆け寄ってきた富岡へショートコーナーの格好でパス。リターンを受けるとファーサイドにクロスを送る。ボールをコントロールしようとする大澤春花を中国のDFが倒してPKを獲得したのだ。

PKを得た大澤が、そのままペナルティスポットへ進み出る。しかし、何とこのキックはゴールの右外へ逸れてしまう。大きなショックを受けたのではないかと思われるハーフタイム。楠瀬監督は、選手にこう声をかけた。

「PKには縁がないんだな。切り替えて、ちゃんとやろう」

15分間で気持ちの切り替えを終えたのだろう。PK失敗のダメージなど微塵も感じさせず、後半もリトルなでしこが優勢を保った。逆に燃料切れを起こした中国の選手は、気の毒なほどに動けなくなっていた。教科書通りのパス交換、そしてドリブルで仕掛けていく。「立ち木を交わすように」という表現がピッタリだ。決勝点が生まれたのは55分。田中と大澤のふたりで作ったゴール前のチャンスを、中尾萌々がきちんと決めた。

その直後、失点でスイッチの入った中国に左サイドから攻撃を許し、中央に入れられたボールのクリアが、TANG HANの前にこぼれる。シュート。しかし、ここもまたGKの大場が止める。大きなセーブだった。

キャプテンの松田は「今日は、みんなが強い気持ちを持って戦ってくれて『自分もしっかりやらないと』と思いました。先制点は嬉しかったのですが、まだ残り時間があったので『切り替えてやらないと』と思いました。焦りはあったんですが『みんなで落ち着いてやろう』と」気合を入れ直す。中国の抵抗も終焉に近づいていた。

前半も、途中で足の痛みを訴えていた中国のCB、HUANG XIAOXUが、再びピッチに倒れ込んでしまう。しばらく状況を見守ったGAO HONG監督も、さすがに諦めて、ZHOU MENGQINGを送り込んだ。彼女は最初のプレーで、ほとんどプレッシャーのない状態から、GKへのバックパスを選択してしまう。大きすぎる先発と控えの力量差。ここで事実上、勝負は決した。



「厳しい戦いだったので、もうちょっと最後の精度を決めたり、チャンスをものにできたら、もう少し楽にできたのでしょうが、中国の固いディフェンスとカウンターに苦しめられました。それでも何とかやってくれた選手たちをほめたいと思います」(楠瀬監督)

アディショナルタイムに何本かセットプレーを与えて肝を冷やしはしたものの、スコア以上の完勝。リトルなでしこは、ウルグアイへ向かうアジアの3枠に滑り込んだ。最大目標のアジア制覇は果たせなかったが、この結果を楠瀬監督は「順当」と評価している。

「まだ、日本には優勝する力がなかった。韓国戦でPK戦にもつれこんだのも、今日の中国戦で2、3点目をとれなかったのも、日本の力だと思います」(楠瀬監督)

グループリーグのバングラデシュ戦もそうだったし、この中国戦の後半も、実に多くのチャンスを作りながら、その都度、これを外した。決定力不足についての認識点は、選手も同じだ。

「今大会、W杯出場を決めることはできましたが、個人として結果を残すことができなかったので、これから1年間、自チームに戻って日々精進していきたい。W杯ではもっと自分がチームを勝たせられる選手、点を決められる選手になりたいと思います」(伊藤)

決勝点を挙げた中尾も「得点は素直にうれしいですが、その前の韓国戦などで決めるべきところで決めておかないといけないと思いました」。喜びも半ばといったコメントを残している。

では、今大会で得た収穫は何か。

「準決勝を終えてからの、この2日間、本当に苦しい2日間だったと思うのですが、その時間ですね。落ち込みはすごく大きかったのですが、そこからしっかりと立ち直って、最後の試合を失点ゼロで終わった。チームのやるべき仕事をしっかりと話していましたし、最後の2日間の成長は大きかったと思います」

世界で戦えるだけのハートは備わった。後はチームの様々な部分を今以上に磨き上げ、選手個々がベースアップを図り、来年のウルグアイでなでしこの花を咲かせてほしい。

最大のライバルを撃破したリトルなでしこ、全チーム中唯一の3連勝を飾る。

21617847_1554816181244002_1328001588169981832_n[1]
西森彰=取材・文・写真

苦しい状況からの復元力が足りなかったチームが、精神的に大きく成長していることは、試合前開始の30分前から見て取れた。

自軍ベンチ付近で円陣を組んだ日本チームから、大きな掛け声が上がった。それは逆サイドにいた北朝鮮の選手までがびっくりして顔を見合わせ、笑いの渦を起こすほどの大声だった。宮本ともみコーチが指示するウォーミングアップメニューが始まってからも、日本の選手からは明るい声が絶えない。

東西に分かれた1次合宿に始まり、中国遠征を消化したあとの御前崎合宿に至っても、チームはシャイな集団だった。練習終了時の挨拶も、周囲に促された選手が、聞き取れるかどうかの小さな声で行う。チームを率いる楠瀬直木監督は、彼女たちのサッカー選手としての素質、将来性よりも、おとなしすぎる気性を気にかけていた。

「『チームで声を出そう』というのは、監督からも言われ続けていますし、自分たちでも『もっと声をださなければいけない』と話し合っていました」(木下桃香)

若いチームは変われば、変わる。いや、大化けするということか。



U-16日本女子代表=リトルなでしこの、グループB1位抜けを賭けた戦いは、立ち上がりから相手のプレッシャーに苦しんだ。フィジカルに優れた選手が多い北朝鮮は、キックの質もパワフルそのもの。6分、日本の横パスをカットして左に展開、KIM YUN OKがオープニングシュートを放つと、その後も、強烈なキック力を武器に日本を揺さぶる。

「相手は強いので、計算をせずにやってみよう。私たち日本の現在地がどうなのか。ひょっとしたら3点差をつけられるかも知れないけれど、とにかくやってみようという感じでした。もちろん、勝利を狙ってはいましたが、私が思っていたよりも、相手が強かった。外から見ているより、実際にやってみたほうがずっと強かった」(楠瀬直木監督)

劣勢の中、何とかボールを保持していられるのは、富岡千宙、伊藤彩羅、ボランチに入った松田紫野の3枚が絡む左サイドだけだ。このエリアで2、3本パスをつないで落ち着きを取り戻し、耐えるのがやっと。相手の速い寄せに対抗しようと木下桃香が強いパスを供給しても、守備にエネルギーを奪われている選手が多く、ボールロストにつながってしまう。

「前半は、相手の勢いに押されていたので、なかなか後ろでボールを回せなくて、どうしても前に、前にと行ってしまった。チーム全体でここは耐えようと話し合っていました」(木下)

北朝鮮のシュートを浴び続けた日本は、18分、こぼれ球への出足で負けてKIM RYU SONGのクロスを許し、最後はKIM KYONに決められて、ついに失点する。それでもピッチ内の選手は「ルーズボールを相手に拾われてクロスを上げられ、シュートにつなげられてしまっていた。でも、『ここを乗り越えたら自分たちのペースができる。必ず点は取れる』と」(松田)プレーを続けた。我慢の時間帯で、負担を強いられたのはCBの後藤若葉、渋谷巴菜、そして誰よりもGKの大場朱羽だった。

「自分の力だけではなく、前にいる選手たちが連携しながら、体を張ってプレーしてくれていたので、コースが限定されていました。完全にフリーで打たれるようなシーンはほとんどありませんでした」(大場)

大場は、度重なるピンチで好セーブを連発し、追加点を許さない。守護神がしっかりと自分の役割を果たしたことが、逆転劇への布石となった。



ハーフタイムのロッカールームで、楠瀬監督は選手に、前向きな言葉をかけた。「もっと自信を持ってボールを回していこう。後半は自分たちのサッカーをしよう」。さらに選手同士の距離感など、具体的な指示を加えて、チームの体勢を立て直した。

相手FWの圧力によって高さを保てなかった最終ラインを、木下がアンカーの位置まで下りて助ける。後方からのビルドアップができるようになり、背後を気にしてラインの押上げが遅れていた右SBの善積わらいも積極的にオーバーラップ。これに呼応して山本柚月も仕掛ける。その他の選手も、細かく動いてポジションを取り直し、相手と相手の間でボールを受ける。前半とは段違いにパスが回り始めた。

「前半は、DPRコリアの勢いに押されてしまうような形になってしまい、自分のサイドでほとんどチャンスを作ることができませんでした。ハーフタイムに監督からの指示もあって、後半はスペースを使うことができたのでよかったと思います」(山本)

ブロックを作って自陣を固め出した北朝鮮。そのガードの隙間を縫うように、日本の選手がアタッキングエリアへと侵入していく。

「ハーフタイムに楠瀬監督から『自分たちのサッカーをしよう』という話がありました。後半は相手の勢いが弱まってきて、前半、できなかった縦パスの狙いが生まれていました」(木下)

59分、北朝鮮が次戦以降を考えたか、エースのKIM RYU SONGを下げる。その3分後、日本が疲れの見え始めた瀧澤千聖を田中智子に交代、キャプテンの松田をボランチから最終ラインに下げて、木下の横に中尾萌々を投入する。この2回の交代で、攻める日本と守る北朝鮮の流れはさらに鮮明になった。



そして76分、コーナーキックからの混戦で、ことごとく日本の選手が先に反応。こぼれ球をシュートに結びつけていく。3連続シュートのトリを飾ったのは木下。チーム最年少のシュートが北朝鮮のゴールネットを揺らして追いつく。大会前に指揮官が「育成年代の選手にこういうことはあまり言わないのですが、将来的には、なでしこジャパンで阪口夢穂の後継者として活躍してほしい選手」と指名されていた17番だ。

「年上とか年下とかは関係ないと思いますし、自分の良さを出していきたい。この年代の代表活動で点をとれたり、チームに貢献出来たりするのは嬉しいことですし、だからこそもっと上のカテゴリーに行っても、チームの中心であり続けたいと思います」(木下)

「相手に楽をさせるな、ここがチャンスだ」という指揮官の檄に応え、日本の選手は同点にもひと息入れることなく、北朝鮮を消耗戦に引きずり込んでいく。「自分が苦しい時は、相手も苦しい」というのが勝負の鉄則。楠瀬監督がローテーションで選手起用する日本に対して、3試合の先発がほぼ同じ顔ぶれの北朝鮮は、より疲労の色が濃い。赤いユニフォームの寄せはワンテンポずつ遅れて、いつカードが出てもおかしくない苦し紛れのアフターチャージが増えてきた。

試合も終盤の残り5分というタイミングで、楠瀬監督は大澤春花に代えて加藤ももを3枚目のカードとして投入する。その直後だった。蘇生した日本の右サイドから北朝鮮ゴール前にクロスが入る。ふたりのアタッカーがこれに飛び込み、その動きに幻惑された北朝鮮GKの手をすり抜け、ボールがゴールへ吸い込まれる。試合後に「シュートではなくパスでした」とはにかんだ山本のキックは、値千金の決勝点となった。



試合終了のホイッスルと共に「うっし!」と力強い声を上げ、右手でガッツポーズを3回繰り返した楠瀬監督。

「中国も韓国もいいチームだし、次にあたるのがどちらでもいいと思っていました。グループで2位だったぶんだけ、私たちのほうが意地のようなものがあったのかも知れません。正直、今の彼女たちにとっては、満点(のデキ)だと思います。これだけ強い北朝鮮を相手にして、耐えて、我々のスタイルで勝てたのですから。北朝鮮に勝ったのは大きな自信になります。これを続けていくことが重要だと思います」(楠瀬監督)

前回のチームから数えて、公式戦4度目の対戦で初めて北朝鮮から白星を挙げた指揮官も、選手たちに負けず劣らず、意地があったのだろう。勝利をひとまず喜んだ楠瀬監督だが、ウルグアイ行きのチケットを勝ち取る上で、この勝利が何かを約束してくれるわけではないことも、重々承知している。

「後半は相手の足が止まっていました。実際のところはわかりませんが、向こうが準決勝以降のことを考えた部分があったのかも知れません。今日はグループ1位と2位を決める以外に何かがかかったゲームではありませんし。(北朝鮮は)本当はもうひとつ、ふたつ上の力を持っているでしょうから、これで浮かれることなく、次の試合に臨んで、決勝でまた本気の相手に勝てるよう、頑張りたいと思います」(楠瀬監督)

それは、選手も同じ。「まだ決定力が課題。練習からゴールへの執着心をもって取り組んでいきたい」と山本が言えば、木下も「今日の試合の疲れをしっかりとって、次の準決勝に備える。もっとコミュニケーションをとっていきたいと思います」と視線は準決勝に向いている。



その準決勝は、今日、9月20日(水)。グループAの中国、韓国の試合間隔が中3日あるのに対して、グループBの日本、北朝鮮は中2日と1日分のハンデがある。北朝鮮は、自軍同様に固定メンバーで戦い続ける中国と夕方16時(日本時間18時)からのゲーム。日本は、ラオス戦で一息入れた韓国と19時半(日本時間21時半)からのナイトマッチ。どちらが当たりくじだったのかは、神のみぞ知るところだ。

「前回はワールドカップには行けましたけれど、決勝で負けてしまっていたので、今回は最後まで勝ち切って本大会に行きたい」(大場)

現時点で言えるのは「全勝優勝の可能性があるのは日本だけ」という事実である。

高い完成度を誇る中国。韓国とともにグループAを突破。

21740139_1551639151561705_5737337577363536062_n (1)b
西森彰=取材・文・写真

U-16女子アジア選手権 タイ2017はグループAの最終戦が行われ、中国がタイを6-1で降して2勝1分け。ラオスを破って、同じく勝ち点7に伸ばした韓国と共に準決勝に進出した。中国、韓国は、既に2連勝でグループB突破を決めている日本、北朝鮮と、たすきがけで対戦する。

初戦の韓国戦を2-2の引き分けでスタート。続くラオス戦に7-0と大勝し、引き分けでも準決勝進出が決まる立場で、地元・タイとのゲームに臨んだ。育成年代強化にも力を入れるようになってきた中国は、トップにつながる女子のU-19年代では、アジア選手権の開催を続けている。

昨年のリオ五輪予選では、なでしこジャパンを破り、オーストラリアと共に久しぶりの五輪出場を果たしたが、こうした努力が実を結んだ結果と言えなくもない。今大会に臨んだチームは、(正式な選手データの発表はないが)長身の選手が目立っており、将来的に自分たちよりも大きな欧米の選手と伍してやれる体格の持ち主を選んだのかも知れない。

前半6分にコーナーキックからOU YIYAOが得点を奪うと、30分にもコーナーキックから相手ゴール前で生まれた混戦の中にOU YIYAOが潜り込んで2点目を奪った。35分にもライン裏に抜け出した8がGKと交錯したこぼれ球をYANG QIANが決めて3点目。早々に試合を決めたかに見えた。

バックスタンドの一角に陣取った「タイランド、タイランド、ウィー、アー、タイランド!」という声援に後押しされ、タイも健闘を見せた。アップセットの可能性が見えたのが、後半の立ち上がり。早々に訪れたピンチをしのぐと、降り出した雨を味方につけて、攻勢に出る。そして49分、左サイドで仕掛けたPATTARANAN AUPACHAIのチャンスメークから、最後はハーフタイムに投入されたPLOYCHOMPOO SOMNONK が、ニアサイドを破るシュートで1点を返した。

沸き上がるスタジアム。直後にもPLOYCHOMPOO SOMNONK は、ゴール正面で中国DFに競り勝ち、GKと交錯しながらシュートを放った。これが、ポストの脇をかすめるように、わずかに外へはずれたのだが、ここで1点差にしていたら、試合はさらに盛り上がったことだろう。雨が止んだ後、中国の反撃にさらされて2失点。65分過ぎから、強いスコールがピッチを襲うと、スタジアムの期待も高まったが、すぐに6点目を奪われて万事休した。

a.jpg

タイは、韓国、中国に敗れてグループリーグで姿を消した。「前半は守備的に戦い、後半勝負」というSARAWUT SUKSAWANG監督のゲームプランは妥当だったし、実際、それがハマりかける部分もあった。

また、地の利も活かしていた。多少、強引な物言いをすれば、トータルスコアでは大差をつけられたが、雨の降っていた25分間に限れば1-1。体格で上回る中国を相手にしたハードコンタクトでも、タイはヒケをとらなかった。もちろん、中国の選手に「準決勝以降を考えてもケガだけはしたくない」という気持ちはあったはずだが、濡れたピッチコンディションへの対応力でタイが上回っていたのも事実だ。

男子のワールドカップ予選でも、ホームでは健闘していたタイ。「(アジアのトップレベルに追いつくためには)テクニック、フィジカルをはじめ、いろいろ必要なものがある」とSARAWUT SUKSAWANG監督。スタジアムで最後まで声援を送り続けたサポーターのためにも、アジアの列強入りが待たれる。

勝った中国は、5点差での勝利でグループA1位の座を手にした。「スコアではなく内容が問題。そして、ここから先が重要」とGAO HONG監督は、勝って兜の緒を締めた。

この日の6点の内訳は、コーナーキックから2点、中央突破から2点、そしてサイドを起点に2点。フォーメーションも基本の4-4-2だけではない。時間帯によっては、サイドバックのXU TING 、LI YINGHUAを上げ、両センターバックの間にボランチのSHEN MENGYUが落ちた3バック。選手同士の位置を変えての4-3-3も見せた。付け焼刃というレベルではなく、ほとんどの選手が複数の役割をこなすことができるようだ。

GAO HONG監督は、初戦の韓国戦から、このタイ戦まで3試合連続で同じスターティングメンバーを起用している。連携の良さは、固定メンバーで戦うことで生み出されている。育成年代のチームとしては高い完成度を誇り、準決勝以降で対戦の可能性を残すリトルなでしこにとっても、侮れない相手と言えるだろう。

楠瀬直木監督率いるリトルなでしこ、アジア制覇へ挑む。

0B7A1714.jpg
今日、U-16女子選手権の初戦を迎えるリトルなでしこ。タイでも、ウルグアイでもこの笑顔が見たい。

西森彰=文・写真

9月10日(日)にAFC U-16女子選手権が開幕した。楠瀬直木監督率いるU-16日本女子代表=リトルなでしこが、FIFA U-17女子ワールドカップ ウルグアイ大会の出場権、そして、アジアの頂点を目指す。

2世代前のチームが、現・INAC神戸レオネッサの杉田妃和らを擁してU-17女子W杯優勝。1世代前のチームも、浦和レッズレディースの長野風花らを中心にまとまりをみせて決勝に進出、PK戦で負けたものの銀メダルを獲得している。しかも、杉田、長野と2大会連続で日本の選手がU-17女子W杯のMVPに選出。この世代で、日本の活躍は目をみはるものがある。

前回は、先発メンバーを入れ替えながら、「レギュラーなき準優勝」に導いた楠瀬監督。指揮官の目から見て、今回のメンバーはどう映るのだろうか。

「ちょっとおとなしいな。自分たちで『勝ちたいからこうやる』『負けたくないからこうやる』とやってほしいんですが、おとなしいので私たちの指示を待ってしまうところが気になりますね。(声の部分も)物足りない部分があります。自分たちでチャンスを無にしてしまわないように頑張らせなきゃいけない」

育成年代のチームだから結果にこだわり過ぎるのは良くないが、さらに広い世界での戦いを経験するためには、アジア予選は突破しなければならない。チームの仕上がりはどうなっているのか。

「比べていいものかどうかはわかりませんが、アジア予選を迎えるタイミングが前回は10月、今回は9月。その日程差の分だけ、完成度が足りていない気がします。攻撃と守備のバランス、チームとしてやろうというところが、ようやく見えてきたかなと言う感じになったのが、(8月中旬の)キャンプ最終日。前回は、こうなってから、何試合か揉んでいけたんです」


0B7A2029 (2)
今回のチームの核となる松田紫野(日テレ・メニーナ)。ビルドアップのカギを握る。


去る、先月22日にアジア予選に臨むメンバーの発表後、最後の国内キャンプを静岡県内で終え、9月5日に日本を出発。開催地のタイで、チーム力アップの作業にとりかかっている。重要な初戦は今日、9月11日(月)、相手はオーストラリアだ。

「初戦がオーストラリア。どこまで力を入れてきているのか情報は少ないが、パワー、スピードはあると思いますので、そこに向けてキャンプをしてきました。具体的な対策というよりも、自分たちの力を発揮していいスタートを切れるようにしていきたいと思います」(楠瀬監督)

高さでオーストラリアと渡り合える、神谷千菜(聖カピタニオ女子高校)の戦線離脱は痛いが、追加招集した岩井蘭(JFAアカデミー福島)を含めたメンバーで、勝ち点3をとってくれると信じたい。

グループリーグはA、Bの4チームずつの構成で上位2チームが準決勝へ進出する。日本と同じグループBに入ったのは、オーストラリア以外に、バングラデシュと北朝鮮だ。バングラデシュは、今年になってから、2回、堺でキャンプを張って、チーム強化に努めてきた。そして、北朝鮮は、前回のチームがアジア予選、本大会で3度対戦し、一度も勝てなかった最大のライバルだ。

「バングラデシュはおそらく、欧州のコーチがスタッフに入っていると思うが、組織的な、いいチームになっている。前線にスピードのある選手もいる。北朝鮮は、正直、今回のチームも強い」(楠瀬監督)

グループリーグを突破すれば、来年開催されるU-17女子W杯ウルグアイ大会への出場権を賭けた戦いが待っている。1日早く開幕したグループAは、韓国、中国、タイ、ラオスの4国が入っているが、初戦を引き分けた韓国、中国が、ラオスを下したタイを最終的には退けてくると予想される。中国は、夏の遠征で対戦し、2対2のスコアで引き分けている。日本戦になるといつも以上に力を発揮する韓国も、もちろん侮れない相手だ。


0B7A7442.jpg
2回目のAFC U-16女子アジア選手権に臨む、楠瀬直木監督。


「去年のU-17女子W杯で準優勝。アジアでも準優勝だったので、優勝を目指す。最大の目標は女子W杯へ出場するための3位以内の確保。選手たちを世界大会に連れて行って、その先のU-19、なでしこジャパンと伸ばしていきたい」(楠瀬監督)

苦しいアジア予選を突破し、ロシア行きを決めたハリルホジッチ監督と男子日本代表=SAMURAI BRUEに続いて、楠瀬監督とリトルなでしこの面々も、ウルグアイへの切符を持ち帰ってくれるはずだ。

2017チャレンジリーグの昇格争いはクライマックスを迎える。

0B7A4777.jpg
ゴールを狙う源間葉月(十文字10)と、体を張って守る平野麻美(静産磐田24)。

西森彰=文・写真


昨秋の参入決定リーグ戦を勝ち抜き、今季からチャレンジリーグに籍を置くFC十文字VENTUS。初参戦のチャレンジリーグEASTで15戦を戦い、9勝3敗3分け。堂々のトップ通過でチャレンジリーグ1~4位決定戦にコマを進めてきた。

昇格を狙うこのチームにとって不安要素はその開催日程だ。リーグ前半戦の快進撃を支えてきた小林一歩や蔵田あかりら高校生プレーヤーが、この昇格を賭けた戦いと並行して、高校女子サッカー選手権の東京都予選に臨まなければならない。さらに瀧澤千聖は、U-16日本女子代表=リトルなでしこのアジア選手権に招集されている。この試合でも、小林、蔵田ら高校組は、前日の選手権都予選の修徳戦に出場したばかり。ベンチで試合のキックオフを迎えた。

柴山桂監督は、彼女らに頼り過ぎるチームにならないよう、レギュラーシーズン中から選手起用には十分、配慮してきた。15試合で23ゴール(チャレンジリーグEAST3位)と、上向かない得点力にも目をつぶり、チームの核となるべき大学生、社会人選手たちに経験を積ませてきた。

対する静岡産業大学磐田ボニータはチャレンジリーグWESTの所属。近年、昇格争いに絡んできたチームだ。今季序盤は調子が上がらず、下位争いに巻き込まれていた。立ち直りのきっかけとなったのは、6月18日に行われた、チャレンジリーグWESTの第10節、JFAアカデミー福島とのゲームだったという。J1仕様のヤマハスタジアムに1,000名以上の観客を集めた試合で勝利し、「ここからはトーナメント戦と思って戦おう」という指揮官の檄に選手が応える。

これを機にリーグ最終節までの6試合を5勝1分けの無敗でフィニッシュ。NGUラブリッジ名古屋を勝ち点差1で退け、なでしこリーグ2部昇格を賭けた1~4位決定戦に3年連続で進んできた。もちろん、調子は上昇一途を辿っている。村松大介監督も「WESTでは、バニーズ京都SC(静産磐田に勝ち点差10)に独走されちゃいましたから」と言いながら「プレーオフではいつものようにコツンとやってやろうかと」笑みを湛えていた。


0B7A5087.jpg
シュートを放つ三輪玲奈。静産磐田にも勝負のカギを握る高校生がいる。

昇格を賭けたグループリーグの重要な初戦は、静産磐田が十文字の良さを消す形で展開。キックオフ直後こそ、慣れない人工芝でのプレーに気をつかって主導権を奪われていたが、時間とともに落ち着きを取り戻していく。

後ろから組み立てようとする十文字のビルドアップを許さず、司令塔・源間葉月から供給されるパスの道筋を寸断しにかかる。さらに、時おり蹴り込まれるロングボールには最終ラインがきっちりと対応。16時キックオフとは言え気温26.7度の中、チーム全体でプレッシャーをかけ続け、ペースを自軍に引き寄せた。

そして31分、相手ゴール前の混戦から、平野麻美が先制ゴールを奪う。さらに33分、河原崎希がコーナーキックを蹴ると、長身の堀江美月がニアで競って、ファーに流れたボールに寺田玲子。セットプレーに合わせて上がってきていた長身CBが追加点を挙げた。狙い通りの展開に持ち込んだ静産磐田は、後半も、蔵田、小林ら高校生組を投入した十文字に自由を許さず、そのまま2対0のスコアで逃げ切った。

ゲームプランに自信を持って走り切る静産磐田の選手たちの顔が印象的だった。

「自信が見えましたか? 今日のゲームについては『やろう』と言ったことが、しっかりとやりきれていた。きっと『自分のやりたいサッカーとは違うな』と感じている選手もいるはずですが、それでも、チームのために、その気持ちを殺してやってくれている。そこがウチの強みです」(村松監督)。

それも、こうして結果が出続けているからだろう。

0B7A4901.jpg
寺田玲子の追加点で、自信を深める静産磐田の選手たち。

次節は、磐田スポーツ交流の里ゆめりあ球技場で、バニーズ京都SCとのWEST同士の対戦となる。「ホームで試合ができるのは大きいですね。グループリーグは3試合ありますが、次の試合に勝てば、もうそこで決まるくらいの気持ちで臨みたいと思っています」(村松監督)。狙うは、もちろん、なでしこリーグ2部への自動昇格だ。

もちろん、大和シルフィードを3-2で破って勝ち点3を得ているバニーズも、次のゲームの重要性は認識している。このゲームを観戦していたバニーズの千本哲也監督は「いや、これは手ごわいですね」と静産磐田への警戒を強めている。

「それでも、いつもどおり、落ち着いてバニーズらしくサッカーをできれば、勝てる確率は上げられると思います。監督は頼りないので『攻撃は選手にお任せ』(笑)。守備の声かけだけしっかりしたいと思います」(千本監督)

「次の試合もパスワークの得意な相手ですからね。レギュラーシーズンが2敗1分けなので、(借りを返せるように)楽しみにしています」(村松監督)

大一番になりそうだ。


123456789101112131415161718192021222324252627282930 09