INSIDE WEB

 

【なでしこ短信】皇后杯、INAC神戸が2連覇

優勝し皇后杯をかかげて喜ぶINAC神戸の選手たち
優勝し皇后杯をかかげて喜ぶINAC神戸の選手たち

金子悟=文・写真
 
 皇后杯は25日、千葉・フクダ電子アリーナで決勝が行われ、PK戦の末、INAC神戸が初優勝を狙った新潟を破り、2大会連続6度目の優勝を果たした。

後半、ドリブルで攻める新潟・大石(右)とマークするINAC神戸・甲斐。甲斐はこの試合を最後に引退し有終の美を飾った
後半、ドリブルで攻める新潟・大石(右)とマークするINAC神戸・甲斐。甲斐はこの試合を最後に引退し有終の美を飾った。

 前半、新潟がハイプレスをしかける。INAC神戸のパスミスを誘ってボールを奪うと、右サイドの佐伯、左サイドの八坂がペナルティエリアに切れ込んでシュートに持ち込むなどチャンスを作る。これに対し、INAC神戸はカウンターで応戦。中島のミドルシュートがクロスバーを叩き惜しいシーンを作るなど、前半は一進一退の攻防が続いた。

後半、ボールをキープするINAC神戸・杉田
後半、ボールをキープするINAC神戸・杉田

 後半、INAC神戸が動く。後半開始から、伊藤に代えて杉田を投入すると、「ボールの位置を高くできるよう修正した」(INAC神戸・松田監督)INAC神戸が攻勢に出る。これまで新潟に奪われていたセカンドボールを杉田が拾うようになると主導権はINAC神戸へ。そして、後半21分、INAC神戸は大野に代えて増矢を投入。松田監督は90分で勝負を決めにかかった。ところが、「ハードワーク、ひたむきさ、泥臭さがチームの特徴」(新潟・辛島監督)の新潟が体を張ってゴールを守ると、シュート10本を浴びながら無失点におさえ勝負は延長戦へ。

PK戦でシュートを止めるINAC神戸・武仲
PK戦でシュートを止めるINAC神戸・武仲

 延長戦に入っても両チームは決め手を欠き、無得点のまま迎えたPK戦。INAC神戸・武仲が、新潟の7人目のキッカーの渡辺のシュートを止めると、最後はINAC神戸・増矢が決めPK戦を5−4で制し、皇后杯2連覇を果たした。

【なでしこ短信】皇后杯、新潟とINAC神戸が決勝へ


試合後、サポーターにあいさつする新潟・八坂(左)と中村

金子悟=文・写真
 
 皇后杯は23日、準決勝2試合が行われ、今季3冠を狙う日テレに競り勝った新潟と、延長戦で仙台を突き放したINAC神戸が決勝に進んだ。


前半、左サイドをドリブルで突破する新潟・八坂(右)

 新潟は、動きの固い日テレに対し、左サイドの八坂のドリブル突破でチャンス作る。得点は奪えなかったものの、「前半を0−0で折り返せたのがこの試合のポイントだった」(新潟・辛島監督)ように、前半を無失点でおさえたことが、前回大会で新潟に敗れていた日テレに焦りを生んだ。


後半、競り合う新潟・中村(右)、日テレ・籾木(右から2人目)、新潟・阪口(左から2人目)

 日テレは後半、新潟の左サイドの攻撃に対応するため土光に代えて上辻を投入。しかし、日テレの対応策を尻目に、後半8分、新潟・八坂が右足で決め新潟が先制した。その後日テレは、トップにポジションを上げた阪口へボールを集め反撃を試みたものの、逆に中盤のスペースが空いてしまったことでボールを失い終始主導権を握ることができず、0−1で新潟に敗れた。


延長前半、競り合う仙台・川村(左)とINAC神戸・増矢(中央)

 INAC神戸と対戦した仙台は、15分にINAC神戸・道上に先制点を許すと21分にDF市瀬が負傷退場。このアクシデントで、ボランチの川村が1列下がり最終ラインに入る。川村が最終ラインに入ったことで仙台の守備は安定したが、これまで担っていた攻撃の指揮を執ることができず、ボールを前に運べず守勢に回る。しかし後半39分、その川村がコーナーキックから頭で決めて同点に。試合を振り出しに戻した。


前半、先制点を決めるINAC神戸・道上(中央)

 延長に入り、同点に追いついて勢いを増し攻勢を強めた仙台だったが、延長前半12分と同後半3分に、途中出場のINAC神戸・京川にゴールを奪われる。これまで守勢に回ってきたことで足が止まってしまった仙台に反撃の余力はなく、1−3でINAC神戸に敗れた。


延長後半、チーム3点目のゴールを決めて喜ぶINAC神戸・京川(右から2人目)

 前回大会と同じチーム同士の対戦となった新潟とINAC神戸の決勝は25日、千葉・フクダ電子アリーナで行われる。

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 12